大昭(ジョカン)寺(Jokhang Temple)で五体投地を見る@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

【ジョカン寺前にて/写真がボケているのは写真を取った日本人旅行者のせい】
成都からラサについた日(1999/07/25)に、ホテルを捜して歩きだしたとたん、突然高山病の症状が出た。
心臓がドキドキして、十歩くらい歩いては立ち止まり、を繰り返す。

キレーホテルの2号室(シングル130元)に部屋を決めたら、あとはひたすら水を飲んで寝ていた。
夕方になって、少し元気が出たので、ホテルの食堂「tashiU」で夕食を取る。

だから、到着した日はどこも見物することはできなかった。
キレーホテルはチベット人街のど真ん中にある。

大昭(ジョカン)寺とそれを取りまくバルコル(八角街)からは、歩いてすぐなんだけどね。
2日目のデプン寺のツアーが午前で解散した後、自分で歩いていった。

バルコル(八角街)というジョカン寺を一周する道路がある。
バルコルには小さな店がびっしりだ。

人はこの道を右回り(時計回り)に歩いて、ジョカン寺を一周する。
このときはバルコルを歩いて店を冷やかしただけだった。
そうそう、デイパックに付ける南京錠を2個買ったかな。
小が10元、大が13元、ともに言い値を2元値切った。

この日は、八角街を歩いただけ。
ジョカン寺が閉まってたし、午後に「ノルブリンカ」へ行く予定だったので時間がなかった。
約束のツアーが不十分ながら一応全部終わった。
ツアーが終わった翌日の28日に、まずバスターミナルへ行って、ゴルムド行きのバスをチェックした。
続いて、郵便局へ歩いて、絵はがき19枚を書いた。
ちなみに、僕は以前は、世界中のちょっと変わったところから絵はがきを出すのが趣味だった。
絵はがきをその場で書いて出すには、20枚が限度です。
さらにウンチクを書いておくと、一番きれいな郵便局は、ホーチミンシティの中央郵便局です。

【中央郵便局@ホーチミンシティ/ベトナム】
サイゴン(ホーチミンシティ)の郵便局は、手紙を書くテーブルと椅子がきれいに並んでいるから、いくらでも時間が潰せます。
この建物は、観光名所になってます。
さて、結構な時間をかけて、絵はがきを書き、投函して、一安心。
次は、世界遺産でもある、ジョカン寺(大昭寺)をゆっくりと見学することにした。

朝行ってみると、ものすごい人出だった。
僕はとにかく、人が多いところは遠慮する、競争と人ごみが大嫌いな性格だ。

朝は、中庭までは入れたが、お寺の本堂部分に長い列があったのでやめた。
午後3時にまた行くと、表門は閉まっていたが、右側の別の入り口から入れた。

【ジョカン寺の大中庭】
入場料は25元(1999年)。
お坊さんが「Follow the tour!」と、きれいな英語で案内してくれた。
大中庭からジョカン寺内部へは、ツアーと一緒に進んだ。
切符売り場の右から屋上部へ登れる。

ジョカン寺の屋上からは、ポタラ宮が見えたので写真を取りました。
でも、ポタラ宮もジョカン寺も、人出がすごすぎた。
これはなにか、季節的なものなのか、わかりません。
いつもこんなに混んでいたら、建物が傷むだろうと心配したね。

【ジョカン寺からポタラ宮を望む】
ジョカン寺の前に出ると、チベット人が3人、五体投地を繰り返していた。
ジョカン寺前の敷石が、長年の五体投地によって、磨り減っているんだから(驚)。
チベット人巡礼者は、五体投地をしながら、カイラス山を回ったり、何百キロと旅をするというのだから、大変だよ。
こんな苦行は、本物の信仰心がないと、絶対に無理だね。

チベットでは、ラサの街角でも宗教の力を感じる。
これだけの信仰の力を、無宗教の共産中国がどうやったって、変えることはできない。

変えようとしても反発を招き、結果的には中国が敗北するだろう。
宗教を迷信として捨て去った日本人には、なにも信じるものがない。

日本人は、自分から逃げて、流行に乗るだけだから、何も産み出せない。
まあそれは正直、日本人である僕自身のことなんだけどね。

【旅行哲学】チベット仏教を信仰する人に触れて、孤独を感じる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx