『景山公園から故宮を見て、神武門から南へ歩き、遭難した外見純子嬢を救助する』@北京/中国

【景山公園から故宮を見ると、空気が汚れているので、空がかすんでいる(1999)】
1999年7月22日、北京最後の日、まず毛主席紀念堂で毛沢東の遺体を見学して、花を捧げた。
次に景山公園へ歩く。

天安門広場から故宮の中を通ると、入場料30元がかかる。
それに、一度南から北へは通っているのでつまらない。
そこで故宮の横の通り、王府井を通って、景山公園へ行くことにした。
途中の、新東安市場の中国銀行で、円のトラベラーズチェック3万円を、両替した。

この日のレートは、1万円が698.38元。
トラベラーズチェックの両替では、1万円当たり75円の手数料が引かれる。

計算の仕方は、まず、1万円当たり75円を引く。
3万円だから、225円を引いて、29775円になる。

その29775円に、「1万円が698.38元」のレートを適用すると、2079.43元。
2079.43元が僕の手に渡る、というわけだ。

ところで、7月20日にも1万円を両替をした。
だから、燕京号で1万円、京華飯店で1万円を替えているので、すでに6万円(4千元以上)も両替した。

列車の切符が4百元ちょっと、京華飯店の一泊が140元。
司馬台長城へのツアーが60元、また、いろんな観光地に細かく金を使ったが、そんなに減ってない。

それではなぜ、3千元以上もの現金を握ろうとするのか?
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)がやることには、ご立派な理由がある。

僕は成都からチベットのラサへのツアーを、成都に着いたらすぐ申し込むことを考えている。
成都駅から、成都の有名なバックパッカー宿の交通飯店へ行く。

交通飯店へ到着したら、ホテルの旅行社で、チベットツアーに申し込むつもりだ。
すぐに飛べるかどうかわからないらしいので、とにかく現地に着いたら、すぐその場で申し込む。

その時、両替に手間取りたくないわけなのね。
おそらく外国人旅行者の多い交通飯店なら外貨両替は出来るだろう。

が、旅先では、どんなわけのわからないことでも起きるものなんだよ。
例えば、いま泊まっている京華飯店でも、朝両替をしたあと突然両替を止めた。

これは、その日の両替レートの確定を待っていたのだと思う。
現地通貨がなくなったのかもしれないけどね。

その日の両替レートの確定まで銀行が両替しないというのは、これはよくある話だ。
だから、とにかく、現金を握れる時に現金を握っておくことが大事。

何度でも言うが、海外個人旅行で問題なのは、両替レートの少々の違いではない。
現地通貨が手許にない、その結果全く動きが取れない、ってことなんだよ。

本当に旅行をしていれば、両替レートについて、細かいことは言わない。
両替レートについて細かいことを言うのは、あまり旅行経験のない旅行者の証明なんだ。

両替を済ませて、次は景山公園へ進む。
入場料3元を払って、東口から入る。

石の階段を登り、故宮を見下ろす場所に行く。
中国人民の観光客でびっしり、ものすごい人出だ(涙)。

だいたい、こういうただの丘では、ほとんど地元の人がいなくて、ちらほらと欧米人観光客がいるのが海外個人旅行の常識。
バックパッカーらしい25歳くらいの欧米人の若者と目が合って、軽く話をして、互いに写真を撮り合う。

こういう雰囲気が一番はまる場所なんだけどね…。
とにかく、中国人観光客が多すぎて、ほとんど外国人が見つからない。

だから、自分で故宮の写真を数枚撮っただけ。
そのときは特に意識しなかったが、いま写真を見ると、ずいぶん空気が濁っているね。

【景山公園から故宮を見る】
「北京の空気は危険なほど汚れている」と、北京オリンピック関連の報道にあった。
いま改めて写真を見ると、確かに1999年のこの日も、北京の空気は汚れていたのだろう。

景山公園の南口から出て故宮に、また入場する。
故宮の中は、できるだけ前回通らなかったコースを選んで、急ぎ足で歩く。

この日も蒸し暑くて、日差しが強く、汗びっしょりになる。
故宮は大きすぎて、観光客の中には、倒れこんだり、座り込んだまま動かない人もいる。

【世界旅行者@故宮にて(撮影は外見純子嬢)】
水がなくて、倒れたまま死にそうになっている人も多い。
歩いているうちに脚を痛めて、歩けなくなった人たちが、這いながら出口へ向かう途中で息を引き取った(ような感じの)人がいる。

建物の陰には、そういった人たちが難民のように固まっている。
僕はその横を、知らない振りをして通り過ぎようとする。

「西本さーん♪」と声をかけられた。
ここで読者に秘密を明かしておくが、西本とは世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の日本での名前だ。

1999年には僕はまだ本を出版していなかった。
最初のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」が宝島社から出版されたのが2000年だった。
でもすでに、1996年にスーパーニューズマガジン「GON!」に海外旅行コラムを書いていた。
一度目の世界一周旅行から戻ったら、東京都YH協会で講演したりもした。
その時代に存在したパソコン通信やインターネットで、海外旅行の話を書いていた。
ちょっと海外旅行を知っている人の間では、僕はすでにチョー有名人だった。

世界中を旅していて、いろんな人と出会っている。
故宮のような旅行者が必ず集まる場所には、僕の顔と名前を知っている人はたくさんいるだろう。

北京の町を歩いていても、僕にお辞儀をして通り過ぎる人たちがいた。
先日、北京飯店へ入ったときも、ホテルスタッフには、「あれっ、世界旅行者さんがいらっしゃった♪」という雰囲気があった。

東京でもスポーツクラブで、「あの人は世界旅行者のみどくつさんですか?」と受付に問い合わせをする人もいた。
慌てて本を買って、サインをねだられることもよくある。

すぐにサインができるように、油性ボールペンの場所を確認しながら、声のした方を振り向く。
声をかけたのは、今夜一緒の列車に乗る予定の、有名大学美人女子大生の外見純子さんだ。

彼女とは、北京西駅で会うことを、今朝打ち合わせしている。
待ち合わせの細かいことは、決めていない。

中国の大きな駅の構造はだいたい一緒だ。
ある列車に乗る人は、巨大な待合室で、大群衆と一緒に待機することになる。

駅の改札が開いて一斉に列車へ向かう。
だから、僕は彼女とは、乗る列車の手前の椅子のところで会えると考えている。

万が一会えなくても、切符はそれぞれ持っているのだから、列車の中で会えるだろう。
彼女の大学名からしても、それだけの機転の利く女の子のはずだ。
万が一どちらかが何かの理由で、列車に乗ってこなかったとしたら、それっきりだ。
僕はそういうあっさりした考えを持っているので、詳しい待ち合わせの約束はしてない。
でもここで会ったのはいいチャンスなので、故宮の中の僕の写真を撮ってもらった(上の写真参照)。
「それじゃ、駅でね♪」と、声をかけて、僕はさらに故宮を歩く。
そして、南の午門をでて、故宮を通り抜けました。
さて、北京でやり残したことはっと。
まだまだあるね。
あそこへ上らないとね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx