『国際飯店で泊まろうというチェコ美人の誘いに決断できないまま、タクシーで京華飯店へと向かう』@北京/中国

【京華飯店】
燕京号で天津に到着して、そのまま北京へのマイクロバスに乗った。
マイクロバスの中で、旅の話をしているうちに、あっという間に北京に到着する。

北京の到着場所は「国際飯店」で、午後5時45分。
一緒のマイクロバスに乗ったチェコ美人と、「Lonely Planet」のことで話が盛り上がっていた。

彼女は一人旅で、国際飯店に2泊して、シベリア鉄道でヨーロッパへの旅に出る。
「モンキービジネス」という旅行代理店を通して、切符はすでに購入してある。

その切符も国際飯店の予約も、すべて済ませている。
チェコ美人は「宿が決まってないなら、私の部屋はダブルだから、一緒に泊まりませんか?」と僕を誘った。
ただ、僕はホント、優柔不断なんだよ。
マイクロバスで北京に着いた15人ほどの乗客は、次々とどこかへ消えていく。
最初の一泊はみんな考えているようだ。
僕が燕京号の中で誘った4人グループ。
亜細亜好代さん、拉薩行造(らさ・いくぞう)君、そして美人女子大生の外見純子嬢、そして僕の4人。
僕が提案して、4人でまとまってタクシーに乗り、北京の有名なバックパッカー宿「京華飯店」に行くと約束している。
僕は決断しなければならない。
問題だったのは、一緒にタクシーに乗る予定の他の3人の日本人が、あまり旅を知らない感じだったこと。

外見純子嬢も、拉薩行造君も旅行は素人同然。
亜細亜好代さんも、アジアをだらだら長期旅行はしているが、本格的な旅行者ではない。

この3人をまとめたのは、僕自身だ。
中途半端な責任を感じる。

だから、チェコ美人と中途半端な約束をした。
それが「明日午前10時に前門のKFCの隣のマクドナルドで会おう」という約束だ。

北京にきたら誰だって、天安門広場、紫禁城へ行くものだ。
だから、天安門近くの前門で待ち合わせして、それから観光すれば、1日過ごせる。

「それじゃ明日!(See you tomorrow!)」と声をかけて、別れた。
僕たち4人は、国際飯店前のタクシーに乗り込む。

僕は「Lonely Planet」の北京地図を見て、タクシーに乗った国際飯店と行き先の「京華飯店」の位置関係をつかんだ。
ところがタクシーが動き出すと、とたんに位置関係がつかめなくなった。

実はこの経験から、僕は「旅の持ち物リスト」]に「小型のコンパス(方位磁石)」を入れたんだよ。

かなり不安だったが、京華飯店に無事に到着する。
タクシー代は46元。

自分の進む方向がわからないと、遠回りされているかもしれないと、不安があった。
でも、46元というと、700円くらいだから、ボラれてもたいしたことはない。

タクシー代はワリカンにすることにして、僕が一人で50元を支払った。
タクシーを降りて、みんなでガヤガヤと、タクシーの清算をするのは、ものすごく格好悪い。
だからスカッと僕がまとめて支払いしたよ。
しかし、同じバックパッカー仲間なのだから、年上だからって、僕がタクシー代をおごったら、それは間違い。
確か、翌日になって、一人当たり10元をもらったと思う。
つまり僕が20元払ったわけだが、この程度を多く支払うのが、粋なんだよ。

京華飯店はバックパッカー宿だと聞いていたので、ボロボロだと想像していた。
ところが、おいおい、5階建てのまともなホテルだよ(笑)!

受付のカウンターも立派なものだ。
受付には英語のわかる、きれいなおねえさんたちが、ちょっと厳しい顔つきをして並んでいた。

受付で聞くと、この夜はドミは満室。
しかしツィンの部屋が140元。

140元ならば、一元が15円として、2100円。
これならば、ツインの部屋に僕ひとりが泊まればいい。

ところが、僕だけではない。
他の3人の日本人旅行者が一緒だ。

彼らはもともとドミに泊まるつもり。
とすれば、僕一人がツインに泊まったら、まずいかな。

もちろん、美人女子大生の外見純子さんと一緒にツインに泊まるのはいい。
僕らの「みどくつチーム」は男性2人、女性2人だ。

常識的には、拉薩行造君と同じ部屋に泊まらなければならないだろう。
本当はイヤだったけどね(笑)。

この夜はとにかく、部屋があるだけで十分。
明日になれば、拉薩君は、ドミに移るだろう。

僕と拉薩君が泊まったのは、ツインの403号室。
部屋代が140元なので、一人70元。

【京華飯店のツインの部屋】
それから、一人当たり百元のデポジットを置いた。
部屋は、テレビ、エアコン、トイレ、ホットシャワーの付いたちゃんとした部屋。

2千円ならば十分に満足だ。
各階に見張りのおばちゃんがいるのは、ロシア風かな。

まだ夜は早いので、ホテルを探検する。
そして、夕食を取りに行きました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx