トルファン一日ツアーの最後に訪れた交河故城は、さすがに感動的な遺跡でした。時間があれば、一人で自転車で行くといいでしょう。@トルファン/中国

【交河故城駐車場に泊まった、僕らの白いツアーバス】
トルファン一日ツアーは、ようやくクライマックスを迎える。
はじめから順に、蘇公塔ベゼクリク千仏洞高昌故城アスターナ古墳群火焔山と見て回った。
カレーズを見て、葡萄園で昼食を取る。
ツアーの最後が、「交河故城(jiaohae ruins)」
そして、入場料が一番高い(30元/450円)。
広大な高昌故城の入場料が20元だったのに、交河故城は30元。
しかも、トルファンツアーの最後に訪れる。
これは期待しないわけには行かないね。
交河故城というからには、河が流れているのだろうか。
行ってみたら、交河故城は、交河という文字が示す通り、2つの河が合流する手前、2つの河に挟まれた台地の上にある。
遺跡に入る手前には、かなり広い駐車場が整備されていた。
この遺跡は日本の援助によって整備された、と入り口の大きな看板に説明してある。
入り口からちょっと坂を上って中に入ると、遺跡の中を、舗装された細い道が通っていた。
が、整備するもなにも、残された遺跡はほとんど泥の塊で、特に見るところはない。
遺跡を見て回る道路は、日本の援助で整備されているが、遺跡を整備するわけには行かない(笑)。
だから、高昌故城と同じく、残っているのは泥の塊だ。
見所と言えば、故城の端に行って、高い断崖のうえから川を見おろすことかな。
手すりも何もないので、よく見ようと身を乗り出したら危険だ。
崖から転落する人が、ゼッタイに年に何人かいると思う。
でもこういう遺跡は、都市がそのまま滅びたということが見所なので、別に一つ一つの建物を見るわけではない。
そういえば昔、NHKの「シルクロード」かなんかで、交河故城の空中撮影を見た記憶がある。
あのときの遺跡に、実際に自分が存在するとは、感動的だね。
平地では風が強いとは感じなかったが、交河故城は、台地の上で、風が強かった。
最初は、数人ずつ固まって歩いていたが、徐々にバラバラになる。
僕が行った時は、砂が飛んでいて、見通しがよくなかった。
それがまた不思議な感覚で、他の人たちから別れて1人で歩いていると、まわりに誰も見えなくなる。
別の世界へ迷い込んだ気持ちがした。
でも、砂嵐は、多分環境の変化によって起きているのだろう。
高昌故城も、交河故城も、昔はもっと緑があったはずだからね。
環境の変化で、人口を養うシステムが崩壊したのでしょう。
この地にいろんな人が住み、暮らし、権力を争い、戦い、笑い、泣き、愛し、子どもを育てていた。
しかしみんな、死に絶えてしまった。

【交河故城で、一人たたずみ、セルフタイマーで写真を取った】
世界旅行者は世界中の遺跡を見てきて、一つの確かなメッセージを得る。
遺跡が語ることは、ただ一つだ。
「人は死すべきものである(Man is mortal)」。
【交通】トルファン1日ツアーのマイクロバスでトルファンの町に戻る時に思ったんだけれども、交河故城までは舗装された道で一直線。
自転車を借りれば、自分で行ってゆっくりと見れると思います。
これは「Lonely Planet」の「CHINA」にも書いてありました。

During the cooler months you can cycle out here without any problem.
(酷暑の時期でなければ、交河故城まで自転車で行くのは簡単です)
【旅行哲学】人はみんな、死んで、忘れ去られる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD