1999年のアジア横断では、日本人の旅行初心者が、集団になって、変に盛り上がっていた気がする。@チベット/中国


【ジョカン寺の屋上からポタラ宮を望む】

1999年7月28日、朝から、バスターミナルへ行って、ゴルムドへの寝台バスを自分の目で見て、確認した。
郵便局へ行って、絵はがきの本文を19枚書いて、投函する。
そのあと、ジョカン寺の内部へ入って、屋上へ登り、ポタラ宮を遠望した。
ジョカン寺の外へ出ると、五体投地をしている人を見た(撮影は控えた)。
これで一日が終わるかというと、チベットでは違う。
いままでも何度か書いているように、チベットの時刻は北京時間なんだ。
だから、ラサでは、なかなか暗くならない。
街をあちこちうろつく時間は十分にある。
まず、バルコル(八角街)で、荷物を固定できる細いチェーンを買った(10元)。
次に銀行で、1万円のトラベラーズチェックを一枚両替したら、704.20元になる。
この時期、元は順調に価値を下げていたわけだ。
まだまだ明るいので、日本人の集まる安宿へ行って、面白そうなことがないか、調べてみる。
このとき僕は、明日朝のバスに乗ると考えていた。
僕が参加したチベットツアーには、ラサからゴルムドへのバス切符が含まれていたし、それは確認していたからね。
安宿を歩いていると、安宿の掲示板に「日本人行方不明者の捜索ポスター」が、貼ってあった。
それも、中国語、英語、チベット語、日本語で書いてあって、カラー写真でビニールコーティングした、金のかかったものだ。
内容を見ると、これらの行方不明日本人旅行者は、とにかく若い。
若いという意味は、旅行経験が少なく、当然、社会経験はほとんどない。
僕がラサに来て気がついたのは、旅慣れてない若者が多いということ。
食堂の片隅に集まって、渋谷の学生のコンパみたいに、騒がしく盛り上がっている人たちをよく見かけた。
学生が最初の海外旅行でラサへ来たくらいで、カンタンに「旅のベテラン」気取りになってしまうわけだ(笑)。
ラサへ来たことをいい想い出に社会へ出て、一生ラサ旅行の話を自慢していれば、まわりからウザッタがられる程度で済む。
ところが、ラサへ着て舞い上がった旅行初心者は、もっと大胆なことを考える。
それが、ラサからカトマンドゥへトラックをヒッチハイクして個人で移動しようという大冒険だ。
僕がラサへ来てわかったことは、ラサの旅行者はカトマンドゥへ抜ける場合、旅行社で車を雇い、同行者を集めて、ツアーで旅するものだということ。
ツアーで旅する意味は、単純明快、危険だってことなのね。
チベットの人が、いつも穏やかな性格で人がいいかとなると、それはわからない。
僕が読んだ河口慧海の「チベット旅行記」では、河口がラサにたどり着く途中で、旅人を襲うのが生活の一部になっている人たちの話があった。
穏やかな人たちとして有名なカンボジア人も、自国民を大虐殺をした。
チベット人が一見人当たりが柔らかくて、おとなしそうだとしても、信頼は出来ない。
常識的に考えて、個人でチベットを、ヒッチハイクで旅をするなんて、自殺行為なんだよ。
チベットに限らず、正直な話、海外個人旅行はものすごく危険なんだ。
以前、ルーマニアへ日本語を教えに行った美人女子大生さんが、空港から知らない人の車に乗って、殺された事件があった。
旅行者は、ちょっと旅慣れたころに、旅の危険をなめてしまって、危険なことをしてしまう。
旅行初心者に限って、紛争地域を旅して、旅行自慢をしたがるものなんだよなー。
自分がどんなに危険なことをしているか、自覚しない(自覚できないほど旅行経験が少ない)。
日本人旅行者は、初心者同志で集まって、わいわい言っているうちに、自分が「旅のベテラン(笑)」になったと勘違いしてしまう。
そういう場で、誰かウソツキが、トラックをヒッチすればカンタンに安く移動できるという話をして、それが素人旅行者の間で広まってしまう。
旅行雑誌の素人編集者は、それが正しいことでもあるかのように、旅行情報をでっち上げてしまう(涙)。
もともと、日本人にまともな旅行経験がある人間なんていない。
だから、日本人旅行者の話は、常に疑って聞かなければならない。
日本人旅行者の話は、最初から、嘘だと思って、聞き流すつもりでいれば、時々面白い話もあるよ(笑)。
でも、日本の海外旅行本は、ほとんどが嘘だらけだ。
何十年も同じパターンの本を、出し続けている。
日本人旅行者なんて、誰もたいした旅行/冒険なんかはしていないんだよ。
日本人海外旅行者の「冒険旅行」なんて、日本の新聞社や雑誌社(特に朝日系)が、適当にでっち上げたもの。
全くたいした事はない。
書いてあることは、ハッタリとウソ、聞きかじった旅ネタを、自分がやったことでもあるかのように、並べているだけ。
日本の旅行本は、全部ダメだね。
正直なのは、僕の本だけだ。
ただ、日本社会では、正しいことを正しいと書くと、いろんな摩擦が生まれる。
実は、読者も、ウソを読みたいんだよ。
そちらの方が面白いし、読んでて楽しいからね。
だから、日本では、海外旅行本は、ライターの入門本になっている。
普通の日本人が海外旅行にちょっと出たくらいで、面白い事件が起きるはずもなく、面白い人間に出会うわけもない。
それでは本が書けないので、手垢の付いた出会いとか、事件とか、友情とか、適当にでっち上げるわけだ。
でも、英語もまともに話せない三流ライターが旅先で、現地の人と意思を通じさせられたと書いていたら、ウソに決まっている。
それもわからないほど、日本人と言うのは、単純(馬鹿)なんだね(笑)。
僕自身が、実際に、世界各地で出会った日本人旅行者諸君をみて思うんだけれどさ。
僕は、「こいつは本当にすごいな」と思うようなレベルの日本人旅行者に、一度も出会ったことがなかった。
一人だけ、イスタンブールで出会った「世界一周自動車旅行者」は、なかなか面白かったけどね。
でもだいたいそういう人は、自慢話をせず、他の旅行者とつるんだりしないものなんだよ。
自転車旅行なんかをして、自分だけで舞い上がっている三流大学中退の人間は何人か見た。
誰が考えてもわかるけど、まともな日本人が、何年も海外個人旅行をするはずがないじゃないか(涙)。
日本のマスコミの海外旅行冒険記事なんて、うそだらけ(笑)。
チベットで行方不明になった若者たちは、純粋(単純)過ぎて、嘘の話/記事に騙されて、人生を棒に振ってしまった…。
こういう嘘を書いて、金儲けをしている日本の旅行ジャーナリズムは、恥を知らないのかな。
日本人は、正直、個人旅行には向いていない。
だいたい、英語がまともにしゃべれない人間がほとんどなんだから(笑)。
何も学ばず、何も考えず…、ただ他人と同じようなことをして満足する。
それが、日本人だから。
【旅行哲学】日本人旅行者なんか、ろくなやつはいない。
関連: 
旅行雑誌を信じて行方不明になった日本人旅行者たち
海外で行方不明になる日本人は結構いるよ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx