『世界旅行者のイラン旅行記(1999)について』

【ペルセポリス遺跡にて(1999)】
世界旅行者のイラン旅行記(1999)が一応書き終わりました。
それぞれの旅行記に、さらに付け加えることもあり、また旅行のエピソードの間にまだまだ書くことはあります。

ただ、もともとこの1999年のイラン旅行というものが、「アジア横断旅行(1999)」の一部に過ぎません。
さらに、僕にはもっと書きたいものがある。

何しろ世界中を旅してきて、しかも、予定を立てない個人旅行ですから、興味深い話がどっさり。
それをその時々の気分で書いてます。

ですから、イラン旅行についてばかり、気をとられているわけにもいかない。
まだまだ細かく書くことはあるんですが。
イラン旅行記としては、一応、パキスタンからイランへ陸路で入り、ザヘダン、バム(アルゲバム)、ケルマーン、シーラーズ(ペルセポリス遺跡)、エスファハーン(エマーム広場)、テヘラン、タブリーズ、マークー、そして陸路でトルコへ。
ここまで書いたところで、ひとまずイランから離れることにします。

僕のイラン旅行の特徴を挙げておくと。

1)個人で取れないといわれていたイランのビザを、自分でイラン大使館へ行って、自分で取ったこと。

2)パキスタンからイランへ陸路国境(タフタン・ミールジャーベ国境)で入国した。

3)イランからトルコへも陸路国境(バザルガン・グルブラック国境)で出国した。

4)2003年の大地震で崩壊した「アルゲバム」を崩壊前に歩き、写真を撮った。

5)宿も交通機関も、すべて現地でその場で見つけている。

6)僕が旅をした1999年は、特に交通費がメチャ安かった(旅行記の中で具体例を挙げています)ことが話のネタです。

7)1999年のイランリアルのレートは「千リアルが12円」でした。
2009年も、レートは大きな変化はありませんが、イランの物価自体が3倍くらいになってます。

現在(2009年)では、日本人旅行者の誘拐事件もあり、パキスタン・イラン国境には外務省の「退避勧告」が出ています。

さらには、イランの国内政治が不安定です。
また、イラン核開発問題がどう進展するかわかりません。

イラン旅行の前には、再度、現地状況を確認ください。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD