1999年のイランリアル両替の実例(イラン入国前)

【崩壊前のアルゲバムのお城(1999年)】
イラン旅行は相変わらず人気があるようだ。
ただ、僕個人としては、わざわざイランへ行く人の気が知れない。

というのは、イランはまず、国土がだだっ広いので、見るところが離れている。
これを、バスを使って移動すると、かわりばえしない単調な景色をずーっと眺めていなければならない。

航空運賃は異常に安いので、ピョンピョン飛んでしまえばいい。
が、それだと、イランという広い国を旅したという想い出が残らないかも。

しかも、見るものがない。
遺跡といえばシーラーズ近郊のペルセポリスが有名だが、ペルセポリスは「世界三大ガッカリ」の有力候補だ(涙)。

また、エスファハーンのエマーム広場も、実際に見ると全くたいしたことはない。
僕はここで、50ドル近くの大金を盗まれているので、オススメしません!

イランへ行くのに、なぜか日本女性が多いのは、イラン人男性のほりが深くて魅力的だという理由もあるのだろうか?
日本のイラン大使館でも、日本女性のビザについては出し渋っているという噂もある。

以前イランイラク戦争のころ、イランは欧米人観光客にはビザは出さなかった。
ところが日本とイランは、そのころ査証免除協定を結んでいた。

つまり、日本人はイランへビザなしで入国できた。
これが、アジア横断をする日本人にはとても有利だった。

欧米人が、ロンドンからカトマンドゥ(ネパール)へ陸路で旅をするのは、これはある意味定番バックパッカールート。
その伝説のルートが、イランへ入れないことで、途切れてしまってた。

すると、日本人が東からイランを通過して、エジプトやトルコへ入ると、欧米人バックパッカーからうらやましがられたってわけね。
そのころの、「イラン旅行がすごい」という伝説が、いまも日本人旅行者をイランへ呼び寄せるのだろうか。

イラン旅行の定番話というのは、「昔はドルが高くて、ヒルトンホテルにほんの数ドルで泊まった」などというやつ。
「ドルの現金を持っていたので大名旅行が出来た」というのも、イラン旅行の伝説だ。

今はそういうことはないし、僕がイランへ入った1999年も、特にドルの価値が高かったという記憶はない。
ただ、現在でもまだ、イラン国内では国際クレジットカードやトラベラーズチェックが使えない(使いにくい)ということはあるようだ。

だから、旅をする人たちは、イラン旅行にはドルの現金を用意することになっている。
ホテルの宿泊料などは、ドルの現金でそのまま支払える。

また、ドルの現金をイランリアルへ両替して、旅をすることになる。
イラン旅行の一つの興味深いネタというのは、だから、どこでドルの現金をイランのリアルに替えたか、というくらいだろうか。

そこを書いてみようと思う。
もちろん1999年の話だから、現在の情報としては使えない。

ただ、両替はだいたいどういうところで出来るのか。
どういう失敗があるのか、などは参考になると思います。

さて僕は、1999年、パキスタンからイランへの国境を越える前に、イランの通貨リアルを用意した方がいいと考えた。
だって、イランでの両替状況を僕は全く知らなかったからね。

クエッタからイラン国境へのバスの切符を買う。
そのあと、イランリアルの現金を手に入れようと思う。

ところがレートがわからない。
普通は、イランを通ってきた旅行者に聞けば最新のレートと、両替事情がわかるものだ。

ところが、この時期、欧米人がほとんど見つからなかった。
また、日本人はすべて、東から西へ、つまりこれからイランへ行く旅行者ばかりだ。

しかし、旅行者は何か情報を持っているもの。
泊まっていた「Hotel Bloom Star」で出会った日本人に聞く。

彼は、アジア横断のガイドブックにある店へ行って、両替を済ませてきたばかりとのこと。
聞くと、彼は「1米ドル=5000リアル、1パキスタンルピー=140リアル」で両替してきたという。

僕はそれはそれとして聞いておく。
そして、ホテルのマネージャーに世間話ついでにレートを聞いてみた。

ホテルでは両替しないが、と前置きして、マネージャーが答えてくれたレートは大きく違った。
「1パキスタンルピー=160リアル」「1ドル=8000リアル」程度だそうだ。

うーん。
ホテルマネージャーの言葉と、日本人旅行者の両替レートには、かなり差がある。

ただ、パキスタン内のドルとルピーの両替レートは、これまで「1米ドル=50〜51ルピー」だった。
わかりやすく1米ドル=50ルピーとしよう。

すると、もし1ルピー=150リアルだとすれば、単純計算で1米ドル=7500リアルになるのではないか。
そうでなくてはおかしい。

1ルピーが160リアル行くならば、1ドルは8000リアル程度になるのが当然。
僕はこう計算して、さっきの日本人旅行者は騙されているのではないかと思った。
いかにも騙されやすそうな若い男の子だった。
ただあとで調べてみたら、なぜ彼が5000リアルで両替したのかわかった。
彼は、イラン入国前に日本で情報を集めていたようだ。
1998年夏、つまり一年前のレートは、1米ドルは確かに5000リアルだったようだからね。
彼の失敗は、一年前の旅の情報を旅行前に集めすぎた(笑)ってことにあるんだよ。
しかし、世の中は計算とおりにならないもの。
僕のように、現地でホテルマネージャーに聞けばよかったのに(笑)。
または、自分の頭で考えればおのずと正解に近いものがでてくる。

僕はこの計算で、「とにかく1ドル当たり8000リアルならばいいとしよう」と考えて、クエッタの繁華街へ歩いていった。
すると両替の声がかかる。

そこで、結局、500ルピーを75000リアル(1ルピー=150リアル)、20米ドルを16万リアル(1ドル=8000リアル)に両替した。
一応レート的には間違ってないはずだ。

そこでわかりやすく、1万リアルを150円と考えることにした。
旅をする時は、何でもわかりやすくしたほうがいいからね。

30ドル程度を両替して、24万リアル程度を懐にした。
これでイラン国内に入って、2〜3日分の生活費は確保したことになる。

というのは、いざとなればホテルはドル払いできるはずだしね。
もちろんホテルでも両替してくれるだろうし。

クエッタから砂漠を夜行バスで越えて、国境へ到着する。
するとそこには、両替商の大群が待っていた。

彼らの言うレートは「1米ドルは8800リアル」だと!
クエッタの両替では、それなら10パーセントも存していることになるよ(涙)。

国境で出会ったハンガリー人大学生の2人組の話だと、「イラン国内では9000リアルを超す」との話だ。
僕はポケットに残っていたパキスタンルピーを全部イランリアルに両替する。

ハンガリー人大学生の2人組は、イランに入って両替した方がトクだと考えて、両替をしなかった。
さて僕とこの大学生2人は、パキスタンのタフタン(TAFTAN)国境が午前8時半に開くと、一番で国境を越えた。

イラン側のミールージャーベ国境で無事に入国する。
ところがイラン側に入ると、予想していた両替商が全くいない。

また、ザヒダン(ザヘダン)の町へのバスもない。
タクシーがあるだけだ。

その上このタクシーは、ザヘダンまで6000トマン(6万リアル)で行くという。
つまり、9百円だね。

他に交通手段がないし、3人で割れば3百円。
それはそれでいいとして、タクシー運転手は、イランリアルでないと受け取らないと言い張る。

僕はもちろんリアルの現金を持っている。
ところが、ハンガリー人大学生は、リアルを持ってないんだよ(涙)。

そこで交渉を続けて、運転手に6ドルを渡す。
運転手は怒る。

ただ、ハンガリー人は、イラン国内では1ドルは9000リアル以上(おそらくは1万リアル)だと確信を持っているから負けない。
長い言い争いのあと、結局6ドルで行くことになった。

僕も、運転手に2ドルを渡す。
なんで6ドルにこだわったかというとだね、3人なのできっちり割り切れないと困るから。

ザヘダンの町へ入って、一緒に歩いていると、次々と両替の声がかかった。
しかし、9000を超すレートは誰も言わない。

ハンガリー人は1万リアル程度でないと両替するつもりがない。
これでは両替にずいぶん時間がかかりそうだ。

僕は彼らから離れて、とっととザヘダンのバスターミナルへ行くことにした。
だって、ザヘダンにいても意味がないから。

まだ午前中なのだから。
とにかくとっとと今日のうちに、バムへ行ってしまおう。

もちろん僕は、入国前の両替で、それだけの現地通貨は、すでにきっちりと持ってるからね♪
英語で声をかけてきた品のよさそうなイラン人男性にバスターミナルの場所を聞くと、市バスを止めて乗せてくれた。

さて次は、バム行きのバスターミナルへ行くことだ。
しかし、どこで降りたらいいの(笑)?

【旅行哲学】国境を越えたはいいが、現地通貨がなくて全く動きが取れないこともある。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD