1999年のイランリアル両替の実例(イラン入国後)

【ほとんど何も残ってないので、写真に撮る場所を探すのが難しい、ペルセポリスの遺跡】
1999年夏、パキスタン国境では、「1ドル=8800リアル」で両替できた。
僕はクエッタで「1ドル=8000リアル」で30ドルほど両替していた。

ザヘダンからバムへは1050トマム(10500リアル)。
一万リアルは150円と考えれば簡単でしょう。

つまり、5時間バスに乗って150円。
これは安いね。

次に、バムのロータリーで乗り合いタクシーが250リアル(4円程度)。
僕が泊まった「BAM INN」は、なかなかちゃんとしたホテルだった。

エアコン、トイレ、温水シャワー付きのツィン、バルコニーつきの102号室。
これが、支払いはリアル払いで10万8千リアル(13ドル/1600円程度)。

ホテルでリアルを使ったので、リアルを入手しようと、ホテルのマネージャーにレートを聞く。
すると、「1ドルは7000リアル」だという。

これは本格的なボッタクリレートだ。
文句を言うと、「ザヘダンだともっといいレートだが、ドルをリアルにするには、交通費がかかる」と馬鹿な言い訳をする。

現地通貨がないと困るのは昨日のハンガリー人学生を見てわかる。
損だとわかっていたが、僕は一気に40ドルも両替した。

ちなみにこの「BAMM INN」は、世界旅行者にこういう因業なことをやった天罰が下ったようだ。
2003年の地震で、ホテルはいまでも運営できないままだとか(「地球の歩き方07-08」による)。

まあ神に守られている、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)に逆らうものは、いずれこういう天罰が下ることになっているわけだよ(笑)。

バムからバスでケルマーンへ向かう。
ケルマーンのバスターミナルの隣にある「ケルマーンホテル」で両替レートを聞くと「9000リアル」だ。

ただ、泊まったのは町中の「アハヴァーンホテル」だったけどね。
アハヴァーンホテルでも、両替は1ドルあたり9000リアルでやっていた。

ケルマーンからシラーズへ、バスで移動する。
シラーズの通りの両替商では「1ドル=8800リアル」ということだ。
「8900リアル」という両替屋もいたが、100ドルを両替すると実際に渡されたのは88万リアル。

全部数えて「足りない」というと、コミッション!との返事。
8800が普通のレートなのだろうと、それ以上争わなかった。

この金の半分をエスファハーンのエマーム広場の荷物預かり所で、半分抜かれたわけだ。
これは、僕の「間違いだらけの海外個人旅行」に書いてあるので、自分で買って読んでください。
テヘランで「イランメッサリー銀行本店」へ行ったら、「1ドル=7900リアルちょっと」という返事。
その向かいの両替商へ行くと、「100ドルならば89000リアル」という。

これならば誰も、銀行では替えないよね。
しかし、レートが8900とはいっても、50ドルになると43000だと(1ドル=8600リアル)。

マークーからトルコへの国境を越えるところでは、「百万トルコリラ=25000イランリアル」というレート。
余ったリアルをトルコリラにしました。

【旅行哲学】両替というのは、考え出すとなかなか面倒だ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD