『テヘランの日本人宿「カザールシー(ハザール・シー、バフレ・ハザル)」には、期待していた日本人旅行者がいなかった』@テヘラン/イラン
1999年8月28日午後8時過ぎに、テヘランの街角でタクシーを降りた。
人に道を聞きながら、最後は親切なアゼルバイジャン人に助けられて、そのころの日本人宿「カザールシー」に到着した。

時間は、おそらく9時過ぎごろだろう。
夜中のテヘランを冷や汗をかきながら歩き回ったので、感覚的には何時間もたっているが。
実際は歩いたとしても、1時間くらいだったと考えられる。
さて、僕が「カザールシー(Khasar Sea)」に来た理由。

一夜の宿として、テヘランのこのホテルを選んだのには、わけがあった。
僕が旅をした1999年ごろ、テヘランの「カザールシー」は、アジア横断をする日本人旅行者の溜まり場となっていた。

少なくとも僕はそう聞いていたし、旅に出てからも、噂を聞いた。
この旅では、中国のシルクロードからクンジュラブ峠を越えたフンザ地方までは、日本人旅行者が多かった。

しかし、フンザ地方から出たあと、パキスタンではほとんど日本人に会ってない。
覚えがあるのは、クエッタで早稲田の大学生と1人会ったっけ。

イランに入ってからは、ケルマーンの宿で社会人旅行者に1人会った。
また、エスファハーンの宿の朝食時間にやはり社会人旅行者と会った。

社会人旅行者とわざわざ書くわけは、彼らの旅行期間が一週間から10日程度と、短いこと。
また、航空機でテヘランに入り、テヘランから出る。

さらに、ビザも旅行会社に頼んで取り、少なくともテヘランの最初の宿は予約してある。
テヘランの空港からホテルへは出迎えのタクシーに乗る。

これは、正直、バックパッカーではないわけだ。
僕はだいたい誰とでも話を合わせられるが、バックパッカーと会わないと、バックパックの旅の情報が手に入らない。

旅の情報が必要かというと、まあ、僕の世界一周旅行の体験でも、情報なんかたいして必要ではないけどね。
ただ、僕はこれからトルコ国境へ向かうので、トルコ方面からやってきたバックパッカーと出会えれば、互いの体験を交換できるわけだ。

僕はトルコは1988年、1996年と旅をしている。
また、トルコの名所はほとんど見ているので、1999年のこのアジア横断旅行では、東部トルコからシリアへ入って、レバノンへ行くつもり。

レバノンの首都ベイルートで地中海を見て、このアジア横断旅行の副題「瀬戸内海から地中海へ」が成立する。
僕はトルコのバスの乗り方もよく知っているし、シリアも旅をしたことがある。

ということは、まあ、僕にとって、反対方向に進むバックパッカーと言うのは、正直、あんまり利用価値はないかも(笑)。
存在価値があるとすれば、僕が旅をしてきたルートの話を、いろいろ話せるというだけだが。

ざっくばらんに言うと、僕は自分の旅行自慢の聞き手が欲しかっただけかもしれない。
旅先では思いがけなく興味深い人と出会うことがあるわけで、それが一番の期待かしら。

さて、カザールシーに入って行くと、受付のおじさんはとてもいい感じだった。
「おー、日本人か(笑)♪」と大歓迎の雰囲気。

「いま、日本人は泊まってないんだよ」と残念がる。
宿泊受付の書類に書き込んでいると、日本語ペラペラのイラン人がやってきた。

わざわざ日本語をしゃべる宿泊客に声をかけてくれたようだ。
彼はこのホテルの宿泊客だが、日本人が来たというのでやってきた。

日本にもしばらくいたことのある、中古自動車の輸入業をしているとか。
彼も結構気軽な、いい感じの人だった。

僕の部屋は2階の31号室。
ベッドが2つの部屋を1人で使って、1万6千リアル(192円)。

これは僕が、このアジア横断旅行の中で一番安い部屋代だった。
ただ、部屋には裸電球が天井に一つあるだけだ。

ベッドもお世辞にもきれいだとは言えない。
ただ、天井の電気がベッドの枕元で消せるのは、これはちゃんとしていたね。

ホテルの受付で聞いて、道路を渡ったところのレストランへ行った。
ケバブレストランだったが、ケバブサンドイッチと「Parsi-Cola」で夕食にした。

Parsi-Colaの1.5リットルを3500リアル(42円)で買って、部屋へ戻る。
薄いベッドに横になって、今日一日を振り返る。

夜中のテヘランを、人に道を聞きながら歩いて、なんとかカザールシーにたどり着けたのはよかった。
ホテルで日本人には会えなかったが、それはとっととイランを抜けろという神のお告げかもしれない。

僕は明日2時のタブリーズ行きの予約済み航空券を持ってるしね。
明日の午前中に明るいテヘランを歩けば、それで十分でしょう。

注)このホテル、気になって「地球の歩き方(2009〜2010)」を調べてみました。
「Hotel Khasar Sea」は「バフレ・ハザル」と書いてありました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD