ヒルトップホテルで登山家の長谷川恒夫氏のポスターを見る@カリマバード/フンザ/パキスタン

【ヒルトップホテルの庭にて@カリマバード/フンザ/パキスタン】
「風の谷のナウシカ」のヒントになったというフンザ、その中心の町、カリマバードへ入ったのは、アジア横断の途中1999年8月12日のことだった。
クンジュラブ峠を越えて、入国管理のあるスストから飛ばしても、日が暮れかかる時間。

ヒルトップホテルに宿を決めて、ほっとしてお酒を飲みたいが、パキスタンは、禁酒国。
そこで、レストランで、こっそりとフンザウォーターと呼ばれる、地ワインを買った。

しかし、泊ったヒルトップホテルのマネージャーによると、僕は「騙されている」らしく、確かにいやな匂いのする、肝臓に悪そうな酒だった。
そこで、この写真を撮ってくれた、親切な金髪の日本人大学生にプレゼントしてあげたよ。

ヒルトップホテルには、パキスタンの山で遭難死した、有名な登山家長谷川恒夫(はせがわ・つねお)氏のポスターが貼ってあった。
彼は、フンザが好きで、彼を記念した学校まであるようだ。

僕はその時ぼんやりとしか彼の名前を知らなかったが、マネージャーと話をしていて「いい人は早く死ぬものです(Good people die young)」と言ったよ。
そのあとは、「神が愛しすぎているから…」と続くのだが、それは言わなかった。

あとで思い返すと、なかなか粋な言葉ではなかったかな。
でもすらすらっと出てくるということは、どこかで読んだフレーズなのかもしれないが。



【写真】ヒルトップホテルの庭にて、フンザウォーターを手にしている世界旅行者
【旅行哲学】いい人間は早死にをする(Good people die young)

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD