ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(下)@青海省〜甘粛省(敦煌の夕方、なかなか暗くならない秘密を教えます)

【ゴルムドから敦煌へのバスが、トイレ休息しました】
昨日切符を買う時に、バスは朝8時出発で7時半に集まれと指示されていた。
少し早いかとも思ったが、バスに乗り込む。

すると8時出発のはずのバスが、なんと7時37分、つまり23分も前に出発する。
しかし世界各地でバスに乗り倒してきた世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、驚かない。

「一応早めにバスが出ても、そのあと町を一回りして、また戻って来るんだよなー(笑)」と落ち着いている。
「または、これから修理工場へ行って戻ってくる、それともガソリンスタンドへ行ってガソリンを入れて、もどってくるかも」というのが僕の考えだ。

僕のサイト「世界旅行者みどりのくつしたの部屋」のあちこちには、バス旅行でのとんでもない例がたくさん載っているよ。
ところが、この敦煌行きのバスは、ゴルムドのバスターミナルを30分近く前に出発すると、修理工場へも寄らず、ガソリンスタンドへも行かず、町を一回りして戻るわけでもなく、そのまますんなりと走り出してしまった。

バスが出発時刻前にバスターミナルを出るなんて、これはすごい経験だよ。
急いで、いつも持っている、表紙の硬い旅行ノートにこの大事件をメモする。

バスはそのまま変化のない平坦な道を走り、午前10時23分、山のふもとを通る。
これが最初の風景の変化だった。

10時34分には右手に湖が見えた。
10時50分になると、山の上り坂に差し掛かり、バスはあえぎあえぎ登る。

11時5分になると、同じ形をした砂丘が大、中、小ときれいに並んで出現する。
11時23分に小さな町で昼食を兼ねた休息がある。

僕は、おなかのことが心配なので、食事はしない。
食堂のトイレでおしっこをして、あとの時間は、通りに出て、周囲の景色を眺めて時間を潰す。

午後12時8分、バスは乗客を乗せて再び動き出す。
この町をゆっくり走り、あちこちで客を拾っていく。

大柴旦(ダーチャイダム)汽車駅(バスターミナル)へ停まる。
バスは特にスピードを上げることもなく、たらたらと走る。

午後5時17分に阿克塞(アクサイ)という町に着く。
新興都市の感じで、ここでかなり乗客が増える。

アクサイをでて、しばらく走ると前方に大きな砂山が見えた。
そこでバスは停車して、トイレタイムになる。

上の写真はそのトイレタイムに撮ったものです。
結局、トイレが出来たのは、昼食時とこのトイレタイムの2回でした。

そのあとは敦煌に近づいたらしく、時々停まっては、乗客を次々に降ろしていく。
バスの右手に、壁で囲まれた町が見える。

じつはこれが、日本映画「敦煌」で使われた映画セットだった。
そのまま大きな町に入っていく。
これが敦煌らしい。

周囲を見渡すと、建物もしっかりしていて、かなり豪華そうなホテルも見つかる。
さすが敦煌、ちゃんとした観光都市だね。

砂漠の中の寂れた町なんて、ロマンチックなことを考えているとガッカリするよ。
でも、12時間のバスに乗って、お漏らしもせず、無事に町に到着したら、これで十分。

バスは町の中心の通りを南へ走る。
その通りを右へ入ると、そこが敦煌のバスターミナルだ。

到着が午後7時20分。
しかし、周囲はまだまだ明るい。

というのは、中国の時間は北京が標準時間だ。
敦煌は経度で20度以上、北京よりも西にある。

だから、北京が午後7時20分でも、実際は1時間以上遅れている。
現実には、まだ午後6時過ぎくらいで、しかも夏だからね。

まだまだ明るい。
バックパックをバスの屋根から降ろしてもらって、僕はさっそく宿を探しに町を歩きだしました。

【旅行哲学】中国は北京が標準時なので、西に行くと日が暮れるのが遅くなる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx