ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(中)@青海省〜甘粛省(タクシー運転手が10元札を突き返した理由は…)

【ゴルムドから敦煌へのバス】
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、ウェイトリフティングで鍛えた幅広い肩にバックパックを背負う。
ゴルムド(Golmud)市人民政府招待所205号室を出る。

今朝は、バックパックを背負っているので、バスは使わない。
また、歩いていくのもいやだ。

ホテル前の道路でタクシーを拾うつもり。
とことこと、かなりくたびれたタクシーがやってきた。

動いているのが不思議なくらいに古ぼけたタクシーだ。
この運転手が、どう見ても、人力車でも引っ張っていそうな雰囲気の、歳を取った、ひょろひょろのおじいさんだ。

正直、「このタクシーで無事にバスターミナルへいけるかな?」と思わないことはなかった。
ただ、僕は一度は招待所からバスターミナルまで歩いたことがある。

タクシーが動かなくなれば、歩いて行けばいいだけだ。
だって全部歩いても、たったの35分なのだから。

それに、タクシーに乗ろうと思っているときに、目の前にタクシーが来た理由があるはず。
神は「世界旅行者よ、このタクシーに乗りなさい」とお告げを与えたのだ。

ということは、何かここで一つ旅のネタになるような事件がおきるはずだよ。
僕はタクシーに乗る。

よろよろと走ったタクシーは、エンストすることもなく、何の事件もなく、無事に長距離バスターミナルへ着いた。
タクシーの料金は10元と約束してある。

もちろん僕は、10元札を渡す。
タクシーのよろよろ運転手は、その10元札を、開いてバスターミナルの電灯にすかして眺める。

そして、僕が渡した10元札を突き返した。
僕は「なんだとー。20元取るつもりか。10元と約束したじゃないか」と、運転手がさらに金を欲しがっているのだろうと怒る。

僕は10元札を受け取って、「要らないなら、お金はあげない」と日本語で言って、知らん振りをする。
するとそのタクシー運転手は、長距離バスターミナルの待合室を、ふらふらと円を描いて歩き回り、両手を挙げて、哀しそうな表現をする。

僕は「この10元札が要るんだろー!」と、また元の10元札を渡す。
すると運転手は、また10元札を突き返そうとする。

僕は、今度は札を受け取らず、「これでオワリ」と、知らん振りをする。
タクシー運転手のおじいさんは、待合室にいた白人女に何か言っている。

その白人女は、僕が渡した10元札を手にして、じろじろと眺めて、僕に近寄ってきて言った。
「この10元札はニセ札よっ!」ってね(もちろん英語です)。

「おいおい、何か話のネタになるようなことがおきると思っていたら、なんと『ニセ札事件かい!』」と1人ツッコミをする。
自分でも札を見るが、僕には見分けがつかない。

でも、ちょっと中国語を話す欧米人の女がそういうのならば、たった10元(150円)札のことでこれ以上ゴタゴタすることはない。
別の10元札を取り出して、運転手の持つ札と交換してあげた。

運転手は、手を合わせて感謝の気持ちを表して、ふらふらとターミナルを出て行く。
僕は、これをきっかけに、白人女と英語で話をする。

彼女はイギリス人で、中国の学校で英語教師をしていたそうだ。
中国へ来る前は、日本で英語教師をしていた。
英国の巨大産業の一つが、英語教育なんだよ。
僕も、ロンドンの「INTERNATIONAL HOUSE」という一流英語学校で学んだことがある。
ここでは、英語教師の養成もしていたが、その実習中の英語教師の卵とも、話したことがある。
英語教師の資格を取れば、世界中どこでも、英語を教えて、高額の収入を得ることができる。
日本なんかだと、まともな教育も受けてない、適当な外国人を英語教師にしている。
僕は、ケンブリッジ英検の特級(CPE)を取っているから、日本で英語を教えるだけで、気楽に生活できるはず。
ところが、日本では、本物に対して、需要がないんだよね。
いつまでも素人白人教師をありがたがって、まともな英語を教えていない。
あちこちで、英語を教えながら、適当に海外旅行をしている白人は多い。
彼女もそのタイプだろうと思った。
彼女は、僕と一緒のバスで、敦煌へ向かうという。
なかなか興味深そうな人だったが、僕にはじっくりと話しこむ時間がなかった。

僕は、日本の学校で英語を教える白人女性に対してのセクハラについて聞きたかった。
日本の田舎の中学校に、英語の補助教員として若い白人女性が来れば、よってたかって宴会に呼ぶものだ。
田舎だと、白人女性は女神様だから、大人気だ。
日本の習慣だからと、よってたかって、お酌を強要したり、セクハラをしたりする。
そういうディープな裏話をじっくりと聞きたかったね。
ただ、そこまで聞ける状況ではなかった。
とにかくトイレに行って、大も小も、身体に残りがないくらいに搾り出しておきたかったからね。
一緒のバスに乗っていたはずだが、彼女とは、これ以降話さなかった。

トイレのないバスに、昼間の12時間乗る。
しかも、トイレ休息がどのくらいあるのか、全く予想がつかない。

トイレに何回か通っているうちに、乗車時間の7時30分になった。
僕は、バックパックをバスの屋根に載せてもらう。

最後に乗り込む前に、またトイレに行って、オシッコをしました。

【旅行哲学】トイレのないバスに乗るときは、出発ぎりぎりまでトイレに通うのがいいでしょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx