ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(上)@青海省〜甘粛省(海外旅行に適した体質と体型について)

【ゴルムドから敦煌へのバス】
ゴルムド市長距離バスターミナルに7時半に集合と告げられている。
それに関係なく、午前6時に起きる。

僕は年寄りなので、旅先では午前5時には目が覚める。
だから、6時に起きたのは、ちょっと遅いくらいだ。

荷物をまとめて、トイレに何回も行く。
とにかく、今日はトイレなしのバスに12時間も乗らなければならないんだからね。

海外個人旅行では、ヨーロッパを除いて、長距離バスに乗ることは避けられない。
つまり、バスに乗りやすい身体、これが大事なんだね。

バスもチリやアルゼンチン、ブラジルなんかのバスになると本当に快適だ。
座席もゆったりとしているし、もちろんトイレも付いている。

しかし、今でもトイレのない、座席間隔の狭いバスが、世界のあちこちで堂々と走っている。
そういうバスを乗りこなせなければ、本格的な旅行は出来ないんだ。

そのためにはとにかく、下痢したらダメ。
下痢気味だったらバスでの移動は中止した方がいい。

僕がペルーのトルヒーヨからリマへの夜行バスに予約を入れていたとき、前夜突然下痢になった。
一晩中トイレ通いで、一睡も出来なかった。

このときは、バスターミナルで切符を払い戻しして、体調が戻ったあとで、また買いなおした。
バスターミナルでちょっと話をした男性と、また町で出会った。

「なぜまだこの町にいるんだ?」と話しかけられたよ(涙)。
だって、トルヒーヨには確かに遺跡は多かったんだけれど、一週間もいるところじゃないしね(笑)。

座席間隔が狭い場合、足を伸ばせない。
そのためには、足は短い方がいい。

ちなみに世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、自慢ではないが足は短い。
だから、この点では、海外個人旅行にはぴったりだ。

ところが、肩幅が広いのが問題だ。
世界中にはバスの一列が2席、3席の5人掛けとなっているものも多い。

ここで太っちょのおじさんやおばさんが隣に座ると、肩幅が広い場合はとにかく、身体を斜めにゆがめたまま乗り続けなければならない。
肩幅が狭いことも海外旅行には重要なんだ。

また、背が低すぎると人ごみがあったときに、なぜ人が集まっているのかわからない。
背は高いほうがいいだろう。

つまり、海外個人旅行に適した体型とは、背は高く、足は短く、肩幅が狭い、となるだろうね。
だから、海外旅行に出ようとする人は、ウェイトトレーニングは控えて、肩幅を広くしない方がいい。

世界旅行者は何しろ学生時代に、重量挙げをやってたので、肩幅が広いのが問題なんだよね。
でも肩幅が広いと、バックパックを背負うには便利だけどね♪

なお、なで肩の人は、郵便局員になれない。
それは、郵便バッグが肩から滑り落ちるからだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx