おいしい中華料理を頼みすぎて、食べきれずに苦しむ@格爾木(ゴルムド)市/青海省

【ゴルムドから敦煌へのバス】
1999年8月1日朝、格爾木(ゴルムド)市人民政府招待所の部屋、205号室で気持ちよく目が覚める。
まずは、このホテルの中にCITS(中国国際旅行社)があるはずなので、歩いて探してみた。

廊下を歩いていくと、ドアに貼り紙がしてある。
貼り紙を読む前に、中国人旅行者の一団が部屋にドドッと入っていくのを見る。

僕も、つい釣られて入ってしまった(笑)。
このCITSは「Lonely Planet」でも親切だと書いてある。

期待以上に、中国人にしては異常に親切だった。
しかも、説明をする女性の愛想がいい上に、きれいな英語を話す。

担当の女性が、「ゴルムドから敦煌へ行くのに旅行許可証は不要になりました」と(英語で)言う。
でも僕が耳で聞いただけでは、バスターミナルでどう言ったらいいかわからない。

そこで、僕のノートに中国語で、「許可証は不要です」と書いてもらった。
招待所前でバスに飛び乗る。

今度はノートに「汽車駅(バスターミナル)」と書いたのを見せて、バスターミナルへ行く。
料金は2元と言われていたが、5元出したらおつりが4元も戻ったよ(笑)。

バスターミナルの窓口では、昨日は確かにあったはずの「敦煌への切符を買うには旅行許可証が必要」という表示が消えていた。
実は、この日が8月1日だったので、8月から変更になったのかもしれないね。
昨日7月31日は、旅行許可証が必要だったが、今日8月1日から不要になった。
だとすれば、また旅行神は、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)にその愛を示されたことになる。

でもそういうことを、ああでもないこうでもないと考えても意味がないので、考えない方がいい。
問題なのは、「敦煌への切符を旅行許可証なしに買えた」って、ただそれだけだからね。

ノートに漢字を書いて、切符を買う。
バスは明日の翌朝8時発で、7時半に集合のこと。

でもさすが、中国だ。
買った切符を確認すると、日付が8月3日になっていて、見事に1日間違っていた(涙)。

もちろん日付を修正させる。
バス料金は、昼間のバスなので50元。

バスターミナルの中をあちこち歩き回って、どこになにがあると、調べてみた。
特に大事なのはトイレの場所と状態だ。
ゴルムドから敦煌へのバスにはもちろん、トイレは付いてない(1999年現在)。
だから、バスターミナルのトイレで、ぎりぎりまで排出しなければならないからね。
調べると、バスターミナルのトイレは個室になっていて、ドアもついている。
これならば、バスの出発前にトイレを使うことができる(もちろんホテルでもトイレを済ませていくけど)。
そのあと、ターミナルの階段に座って、この旅行のメモを書いていた。
隣に中国人風の若い女が、無愛想に座る。
彼女はバックパックを背負ったまま階段に座って、タバコを吹かす。
僕は「中国人はタバコが好きだよなー」と、無視していた。
そのあとで別の女がやってきて、日本語で呼びかけた。
その女も日本語で返事したのは、ちょっとびっくりしたね。

バスターミナル入り口の階段に座って、タバコを吹かす若い日本女性。
こういうタイプでなければ、僕は一応声をかけて世間話くらいはするのだが…。
実はいま、日本の若い女の子がたくさん中国留学している。
その中には、ずいぶんどうかと思われる人たちもいるみたいだ。
明日のバスが午前8時に出て、敦煌到着が午後8時程度と言われている。
何度も書くが、中国の時間は、北京時間を使っている。
だから、敦煌では、午後8時といっても、まだ明るい。
「Lonely Planet」を見ると、敦煌のバスターミナルは町のど真ん中にあるから、宿を探すのに問題はないだろう。

これでバスの切符の件は、一息ついたわけだ。
朝ごはんも食べてないので、おなかぺこぺこ。

またバスでホテルの近くまで戻って、まともな食事が出来るところを探す。
ちゃんとした大きな通りに、入りやすそうな、小ぢんまりした食堂を見つけた。

ホイコーロー(7元/105円)、チンジャオロースー(8元/120円)、マーボ豆腐(5元/75円)に白飯を頼む。
ところが、量が多すぎた。

もっと問題なのは、これがまたメチャおいしいんだよ(涙)!
マーボ豆腐だけでも僕のおなかには十分だ。

「頼んだ以上、食べきらないと悪い」と考えるのが、純情な日本人だ。
僕は自分の人生でこのときくらい、食べたことはなかったね。

身体中に汗が吹き出して、もう一口も食べられなくなって、誰が見てもこれ以上食べたら身体を壊すという状況になった。
ここまで食えば、半分くらい残しても、神様も許してくれるだろう。

そういう状況で、支払いを済ませる。
しかしもちろん、おなかが満腹になっても、ビールの入る余地はまだまだある。

道端のテーブル席で、生ビール(黄河鮮●)、一杯2元を、地元の人と話しながら2杯飲む。
時間があったので、今朝話をしたCITSの親切な女性のところへわざわざ行って、買ってきた切符が正しいかどうか、チェックしてもらった。

部屋へ戻る途中、ホテルへ到着したランドローバーから降りる日本人バックパッカーを見る。
話しかけようかと思ったが、ちょっと無愛想そうな、硬い雰囲気なのでやめた。

僕はもう部屋へ戻って、裸でベッドに寝て、本を読みたい。
外で買ってきたビールを飲んで、ごろごろするだけ。

すべては完璧だ。
明日朝のバスで、敦煌へ行くだけ。

僕はひざまずいて、神に祈る。
「すべては神の定め。僕はただそれに従うだけだ!」ってね。

【旅行哲学】おいしい食事だからと頼みすぎたら苦しい。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx