男が1人でホテルに泊まってると、夜にドアがノックされたりする@ゴルムド市人民政府招待所/ゴルムド

ゴルムド市人民政府招待所
1999年7月31日。
ラサからゴルムドへ寝台バスで着いて、すぐに「ゴルムド市政府招待所」に宿を取る。
205号室で、ツインのシングルユースが152元(2300円)。
なかなか立派な部屋だが、ちょっと高い。
ただ、僕はゴルムドでは、泊まってすぐに移動するつもり。
宿をあちこち捜す時間はない。
とにかく、ゴルムドから敦煌への脱出手段を考えなければね。
市政府招待所からゴルムド市長距離バスターミナルへ、歩いていくと35分かかった。
格爾木(ゴルムド)市長距離バスターミナルで調べたら、なんとか敦煌へのバスがありそうだ。
敦煌へのバスは、夜行の寝台バス上段が80元、下段が85元。

普通の座席バスが50元、ということだった。
ただ問題なのは、「CITS(China International Travel Service/中国国際旅行社)で旅行許可証をもらってこい」と書いてあること。

バスターミナルを出て、向かいにあるゴルムド鉄道駅へ行ってみる。
あんまり列車の本数は多くないようで、この時期(1999年夏)は、西寧への列車が2本書いてあった。

604 ゴルムドから西寧 15:08発 8:10着
760 ゴルムドから西寧 20:58発 18:13着

もちろん現在は、青海チベット鉄道が西寧からゴルムドを経由して、ラサまで通じている。
今でも、ラサからゴルムドへのバスは存在するだろうが、観光客にとってはあまり意味がなくなったかもしれない。

誰が考えても、列車の旅のほうが楽だからね(笑)。
逆に言うと、寝台バスで苦労しながら通った世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、神に選ばれていたといえるだろう。

僕が万が一、いまチベットへ行くとしたら、絶対にトイレもないバスに乗り続けようなんて、思わない。
いくら金をもらっても、あのバスに乗るのはいやだよ。

僕がラサからゴルムドへのバスに乗ったのは、他にどうしようもなかったからだからね(涙)。
でも、そういうバスに乗せてくれたということは、旅行の神が世界旅行者を本当に愛していたという証明なんだ(笑)。

だって、旅行者が集まってチベット旅行を自慢しあうとしてみよう。
その時に、「(日本から予約した)青海チベット鉄道で行って、(日本から予約した)飛行機で戻ってきました(またはその逆)」では、話にも何にもなりはしないんだから。

「キミも楽な旅をしているねー」でオワリだよ。
僕のように、北京から成都まで2泊3日の鉄道に乗る。
そして成都に着いたその日に、成都の交通飯店の旅行社で申し込んで、申し込んだ翌日朝に、ラサへの飛行機に乗る
サラからゴルムドへのバスも、切符は出発当日の朝に買って、バスに飛び乗る
ゴルムドへ着いたら、すぐに敦煌へのバスを調べる。
こうでなければ、ダメなんだよ。
敦煌へのバスを調べて、切符が買えるのがわかったので、これで十分。
バスターミナルからの帰りは、適当なバスに乗って、招待所の前で降りた。

一度町を歩いているので、バスに乗っていても、自分がどこにいるか見当が付くので安心なんだ。
この例からも、まずとにかく町を歩くことが大事だと理解できるだろう。

招待所へ戻って、さらに北へ歩くと、小さなレストランが並んでいた。
入ってみたが、客は誰もいない。

メニューもいやに高い。
怪しい雰囲気なので出てきたが、夜になると女性が接客する店なのでは、と感じた。

部屋に戻って少し休み、おなかが減ったので、午後8時ごろまた外へ出る。
通りには、カラオケ屋、ビリヤード屋、飴細工、射的、などの店が出てにぎやかだ。

屋台で、生ビール(4元)を2杯。
そのあと、チキンスープにヌードルが入ったもの(5元)、串焼き15本(3元)を食べた。

部屋へ戻って、ベッドで本を読んでいると、部屋の電話が鳴る。
何も用事がないはずなので、旅慣れている僕には、「ははーん」とわかる。

これは夜の女性からの電話だね(笑)。
中年男性が1人でホテルに泊まっているとしたら、夜がさびしいだろうという優しい心遣いだ。

電話に出て「ハロー?」と英語で答えると、電話が切れた。
ホットシャワーをゆっくりと浴びて、ホッとして本格的に寝ようとする。

すると、ドアにノックがある。
チェーンをかけたままでドアを細く開けると、これはこれは、きれいにお化粧をしたかなりの美女が立っていたよ(笑)。

でも僕は、金で女を買うなんてことはしない。
僕の主義は、「どんな美女とでもワリカン」が基本だ。
女性からおごってもらえたら、本当にウレシイけれどね。
中国なんかで知らない女性をホテルに引き入れたら、トラブルを呼び込んでいるようなものだ。

お金や物を取られたり、さらには、警察が踏み込んできたり、美人局にあうかもしれない。
君子危うきに近寄らず。

それよりもなによりも、とにかくぐっすり眠りたい。
だって、僕は、ラサからゴルムドへ、寝台バスで32時間旅して着いたばかりなんだから。
明日は明日で、敦煌への切符を手配しなければね。
まあ、神様が僕を守っている限り、なんとかなるでしょう。

【旅行哲学】男1人でホテルに泊まっている時は、電話が鳴ったり、ドアを叩かれたりされるもの。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx