ゴルムド(Golmud)市人民政府招待所にチェックイン@ゴルムド/青海省/中国

ゴルムド(Golmud)市人民政府招待所
ラサからのバスは、やっとゴルムドのバスターミナルへ到着した。
ゴルムドへ到着したことでホッとしたので、到着時間を正確に記録してはいない。
ただ、午後5時ごろだったと思う。
つまり、ラサからゴルムドまで、32時間かかったということになる。
発展途上国の長距離バスでは、目的地に近づいてからが時間がかかる。
細かくバスを停めて、乗客を降ろしていく(荷物も降ろす)からね。
ゴルムドへ入ると、バスターミナルの前の街角で、中国人はバスから降りてしまった。
バスターミナルまで乗ってきたのは、バックパッカーだけ。
欧米人数人と僕と、日本人のカップルが2組だった。
バスの屋根の上にバックパックは縛り付けられている。
しかし、誰も降ろそうとはしない。
というか、運転手はとっととバスから降りて、乗客だけが残されたわけだ。
白人バックパッカーが勝手に自分でバスの上に登って、バックパックを降ろした。
僕も屋根に登って、自分のバックパックを屋根から降ろし、ついでに、ボーッと立っているカップルのバックパックを降ろした。
カップルだと男性が動くべきではないか、と思ったけどね。
カップルの男性は、まだ20代だったから、正直、彼が屋根に上って、僕のバックパックをおろすのが普通だろう。
若いという意味は、世間知らずでも、体力はあるはずだから。
なんか、愛想の悪い、腰の重い、若者だった。
「こんな男とは別れたほうがいい」と女の子にアドバイスしたかったが、言わなかった。
案外と、エッチが上手なのかもしれないし。

ラサでバックパックを預ける時は、きちんとしたタグをつけていた。
誰もチェックせず、勝手に持っていけるのならば、そのタグの意味はないんじゃないかな(笑)。

でも、ここは中国の奥地、ゴルムドだ。
何があってもおかしくない。

僕は、ゴルムドでやることなんかない。
僕にとって、ゴルムドは敦煌への中継地点にすぎない。

ラサからのバスで身体も頭も疲れていたのだろう。
突然、「このバスターミナルから敦煌行きのバスが出るなら、いま切符を買ってしまおう!」という素晴らしい考えがひらめく。

ふらふらとオフィスみたいなところへ入っていって、ノートに「敦煌」という文字を書いて、「バス!バス!」という。
どうやら僕が敦煌へのバスを探しているらしいことは通じたようだ。

相手も僕のノートに文字を書いて答えてくれた。
いま見てもさっぱりわからないのだが、その時僕は、その文字を「敦煌へのバスはない」と読んだ。

僕の頭の中で、「ゴルムドから敦煌へのバスは存在しない」と思ってしまった。
軽くパニックになりかけたが、後になって考えたら、理解できた。
僕がラサから到着したのが「西蔵バスターミナル」というラサ方面のバスが出るところだったようだ。
敦煌行きのバスは、別の「ゴルムド市長距離バスターミナル」から出る。
それでバスはないと答えたらしい。
僕はバスがないと思い込んでしまったので、バスターミナルが2つあると理解するまで少し混乱していた。

西蔵バスターミナルを出て、タクシーに乗り込んで、「ゴルムド市人民政府招待所」へ向かった(10元)。
これは「Lonely Planet」に載っていたホテルだったから。
タクシーがホテルに着く。
全体的にがらんとして人影がない。

この招待所の向かって右側には、同じ敷地にゴルムドホテルが並んでいる。
ゴルムドホテルにはユースホステルのマークがあった。

聞いてみると、「土曜日曜は休み」だとか。
ホテルが土曜日曜が休みなんて、そんなおかしな話はないだろう。

しかし、ゴルムドホテルに、人がいないのは確かなようだ。
旅に出たら、いろいろわけのわからないことはあるもので、それをまじめに考えても仕方がない。

結局、部屋があるというほうの「人民政府招待所」に泊まることにした。
ホテル自体は非常にまともで、シティホテル並みの設備がある。

僕の部屋は205号室。
ダブルの部屋を1人で使って、152元(約2300円)。
部屋を決めても、ゆっくりしているわけには行かない。
とにかく、僕がゴルムドへ来たのは、敦煌へ抜けるためなんだから。

まず、敦煌への行き方を考える。
バスターミナルへ行って、もう一度敦煌へのバスを調べよう。

フロントで聞くと、「一路バス」が招待所前からバスターミナル、鉄道駅へ行くという。
が、走っているバスを見ると、番号が書いてなかった(涙)。

旅行の大原則として、「初めての町はとにかく歩く」というものがある(世界旅行主義)。
だから、とにかく「Lonely Planet」にあるゴルムド(Golmud)の小さな地図を見ながら歩き出した。

町は単純な構造なので、道に迷うことはない。
鉄道駅と長距離バスターミナルは、向かい合わせにあった。

時間を測って歩いたが、僕の足で35分かかった。
すぐにまず、長距離バスターミナルへ入り、敦煌へのバスのことを聞く。

バスはあるようだが、バスターミナルの壁には、「敦煌行きのバス切符を買うには、CITSでAUTHORIZATION TICKET(旅行許可証)を持って来い」と書いてある。
あれれ、CITSは僕が泊まっている人民政府招待所にあるんだよ(涙)。

【旅行哲学】新しい町ではとにかく歩く。
参考: アジアの旅行

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx