『子供たちのピクチャー攻撃にカメラを隠す。香港カップルのカルメンは、パキスタン男性の視線に恐怖する』@ギルギット/パキスタン

【世界旅行者@ギルギットのバスターミナル/photo by 金髪くん】
1999年8月14日、SARGIN社のコースター(中型バス)の15日の切符を買った。
ギルギットからラワルピンディへ330ルピー(825円)だ。
出発は、1999年8月15日午後3時予定。
ラワルピンディ到着は、約15時間後の予定だとか。
15時間だと、翌朝午前6時になる。
崖崩れがあるらしいが、それでも、この地域の人は、崖崩れ慣れしているだろうから、遅れてもたいしたことはないだろう。
2〜3時間程度遅れたら、ラワルピンディで宿を捜すにも、ちょうどいい時間(お昼前)になる。
だから、明日の予定は、スッキリ決まっている。
すると、今日の午後をどう過ごすかだね。
そういうときは、とにかく町を歩くこと。
「Lonely Planet Pakistan」を手にして、ただひたすら、町を歩いてみる。
カリマバードから来たときに通った吊り橋を見に、川沿いの道を歩いていく。
僕のノートには、「吊り橋から2本吊り橋まで歩く」とあるので、ギルギットにはつり橋が多かったのでしょう。
あと、記憶に残っているのが、僕が歩いていると、ギルギットの子供たちが、「ピクチャー!ピクチャー!」と声をかけてくること。
前日にもそういうことがあったので、僕はカメラをディパックにいれて隠しておいた。
正直、子供たちが声をかけてくるのは、決して、楽しいものではない。
それに、子供たちは、写真を取って欲しくて声をかけているわけではない。
笑顔なわけでもない。
僕は、子供たちの「ピクチャー」という声に、敵意を見逃さなかった。
ギルギットの子供たちに声をかけられると、怖くて、冷や汗が出た。
子供たちから取り囲まれたり、声をかけられたりすると、うれしがる日本人旅行者は多い。
でも、子供たちが声をかけてくるから、親愛の情を見せていると考えると、大間違いなんだよ。
はっきりと敵意を感じることがある。
例えばこのあと行く、イランのバムという町では、町を歩いていると、子供たちから「ハロー!」と声をかけられた。
もちろん僕も「ハロー」と、返事をしていったが、あまりにも声がかかると、不気味さを感じた。
あれは、親しみなんかではなくて、僕のような部外者がバムの町の道を歩いているのを、見張っていたのだと思う。
この話は、僕の著作「世界冷や汗一人旅」で、特別に一項を立てて書いてあります。
「ギルギットのピクチャー攻撃、バムのハロー攻撃」を読んでください。
子供たちの集団をニコニコ笑顔で振り切って、ホッとする。
どうも、ギルギットは、ゆったり落ち着ける場所ではないようだ。
夕方、僕はギルギットの「ハエハエ食堂」で食事を取る。
この名前は僕が付けたのだが、とにかくハエが食事ばかりか身体にたかってくる、非常に印象に残るところだった。
どんなひどい食事でも、どんなに汚い食堂でも、ビールさえあれば、問題ない。
しかし、パキスタンは、原則として禁酒国なんだよ。
すると、一日歩き回ったあとの、ビールが飲めない。
これはイヤだったね。
世の中、ビールさえあれば、どんなひどい日であっても、「生き延びた…」と、オチをつけることも出来るわけだが。
パキスタンは、ビールが飲めないのが最悪だった(でもペシャワールのパールコンチネンタルホテルのバーで飲んだけどね)。

ホテルへ戻ると、ちょうど外出から戻ってきたデイビッドとカルメンが僕に声をかける。
カルメンが「ここは男性がじろじろ見て、恐いの!服を着替えるわ」と言う。

カルメンはボーイフレンドのデイビッドと一緒に、ギルギットの町を歩いた。
ところが、彼女の姿がショートパンツにTシャツで、身体の線がくっきり出てしまう。
カルメンは、20歳代半ばで、スタイルもよく、きれいな女の子だ。
パキスタン人男性が、身体をなめまわすように、じろじろ見てくるので、気味悪くて、ホテルへ戻ってきた。
パキスタンでは、この時代、外国人に対しての敵意があちこちで感じられた。
それを感じられずに、「パキスタンの人はみんな優しい」なんて言ってる人がいる。
僕は、パキスタンを旅しているときは、神経をぴりぴりさせていた。
イランの方がもっとずっと西欧的で、女性も解放されていた。
僕が旅した1999年のパキスタンは、常に緊張を強いられる状態だった。
そうそう、パキスタンで買ったNewsweekで、アフガニスタンのタリバンの記事をはじめて読んだ。
僕は、明日、ラワルピンディへ行って、多分、ペシャワールへ足を伸ばす。
ペシャワールから、アフガニスタンとの国境、カイバル峠へのツアーがあるような噂も聞いたしね。
参照: パキスタンで邦人女性2人乱暴される

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD