『フランス人会計士チェリッシュくんとバス会社のオフィスで、カリマバードで別れた日本人金髪学生くんとギルギットで再会する』@パキスタン

【世界旅行者@ギルギットのバスターミナル/photo by 金髪くん】
1999年8月14日、今日はパキスタンの独立記念日だとのこと。
ちょっと気になるね。
というのが、独立記念日は、休日になっているもの。
休日はどうでもいいが、国によっては、交通がすべて止まってしまう場合もあるんだ。
僕の経験では、中米のグアテマラの独立記念日に、ぶつかったことがある。
この時は、公共交通機関が動かなくて、よくわけのわからない状況だった。
パキスタンの独立記念日に、交通機関がどう動くかなんて、誰もわからないだろう。
しかも、ギルギットからラワルピンディへの道が、崖崩れで通行不能なんだから。
どちらにしても、今日一日くらいは、ギルギットで過ごしてもいい。
というのが、このアジア横断旅行では、神戸から天津へ2泊3日かけて、燕京号で渡った。
それから、北京、成都、ラサ、ゴルムド、敦煌、トルファン、ウルムチ、カシュガル、タシュクルガンと中国を旅して来た。
だから、中国旅行の感覚は身に着いているが、パキスタンは初めての体験だ。
新しい国に入ったら、新しい国なりの、旅の仕方がある。
その感覚がつかめないと、スムーズな旅は出来ないんだ。
朝からバスの情報を集めて回る。
ギルギットからラワルピンディへは、バス会社が2つある。

SARGINというマイクロバスが午後3時と午後5時に出発する。
NATCO(公共バス)が朝9時と午後2時と聞いた。

ところが、確認してみると、NATCOが午後2時と午後5時(料金は310ルピー)。
SARGINは、午後3時の1本あるという(330ルピー)。

SARGINは、19人乗りの、コースターと呼ばれる小型バスを使っているが、今日のバスは満員。
補助席ならあるという話だが、バスで一晩を補助席で過ごすのは勘弁願いたい。

バスの座席表もあって、自分の好きな席が選べる。
僕は、座席表を見て、明日(8月15日)午後3時発の9番シートを選ぶ。
バスの座席は、左に1席、右に2席の一列3席。
僕が選んだ席は、左側の、バスのドアの後ろ。
僕としては、前がよく見える1人席と考えたわけだ。
これが、悲劇を生むことになるわけだが、それはあとで。

このときに、バス会社のオフィスでフランス人の会計士チェリッシュくんと会って、(英語で)話をする。
彼とはこのあと、ラワルピンディで同じ宿に泊まり、イスラマバード観光を一緒にすることになる。
ギルギットをぼんやり歩いていると、金髪の日本人大学生と会う。
実は彼とは、カリマバードで会って話をしていた。

NATCOのバスターミナルヘ行くと、欧米人旅行者が乗ったバスが出発寸前だった。
欧米人はこの地域をサイクリングするのが流行らしく、バスの上に自転車を乗せる人も多い。

ギルギットからの道については、いろんな情報があった。
「実は今日も道は通れないが、途中で降りてちょっと歩けば、向こう側に別のバスが待っている」
「夕方出発したバスは、道路が修復済みなので問題なく通れる」
なんかね。

金髪くんは、今日の午後5時のバスに乗ってラワルピンディへ行くとか。
僕は明日午後3時のバスで出発する。

だから、「またパキスタンか、イランで会おう!」と、話をした。
というのは、彼もまたアジア横断旅行の途中なんだよ。

これからパキスタン、イランと進んで、イスタンブールから日本へ戻る予定だと知っていたからね。
僕も、イスタンブールまで行くかどうかわからない。
僕は、1988年に2回、アフリカへ行く前と、アフリカからヨーロッパへ戻るときに、イスタンブールに滞在した。
また、1996年に、東欧縦断したあと、しばらくイスタンブールにいた
イスタンブールは、日本人を狙った、ボッタクリや恋愛詐欺で有名で、あまり好きな状況ではない。
僕の旅行予定では、トルコ東部から、シリア、レバノンと移動するつもりだ。
でも、特に旅行期間が決まっているわけでもなく、どこから日本へ戻ってもいい。
またイスタンブールへ行くかもしれない。

それにしても、パキスタン、イランでは旅行者が行くところは決まってるわけだし。
けれども、彼とは2度と、会うことはなかったんだけどね。

【世界旅行者@カーリマバードのヒルトップホテルの庭で/photo by 金髪くん】
でも、金髪くんが元気でよかった…。
というのが、僕が金髪くんに会ったのがカリマバードだった。

そのとき僕は、「フンザウォーター」というアルコール飲料を持っていた。
ヒルトップホテルのマネージャーにそのフンザウォーターは安物だと言われて、処分するのに困ってた。

そこで、現役大学生の金髪くんに会ったのをいいことに、彼にフンザウォーターをプレゼントしたんだよ。
上の写真は、僕がそのフンザウォーターをグラスに入れて持っているところ。

この写真も、ギルギットのバスターミナルの写真も、金髪くんが撮ってくれた。
写真を見ても、金髪くんがなかなか有能だとわかるだろう。
金髪くんの写真がいいのは、僕が写真を撮られるためにポーズを取る。
その瞬間にシャッターを押すんだ。

写真というものは、撮られる人がポーズを撮ったその瞬間にシャッターを押すのが基本。
写真の出来そのものがいい悪いは別にして、そうすると、撮られる方も気持ちいいものなんだよね。
金髪君は、話し方から写真の取り方まで、非常に有能な、気持ちいい男の子だった。
旅行情報も、自分で集めて、それを知らせてくれる。
僕が海外旅行中に出会った、旅行者の中で、二番目に優秀だった(一番目は南米を一緒に旅したゲーブルくん)。
きっと人生でも成功していることでしょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD