『ギルギットでホテルを決めて、脱出手段を考えるが、ラワルピンディへのバスが止まっているらしい。』@ギルギット/パキスタン

【世界旅行者@ギルギットのバスターミナル/photo by 金髪くん】
1999年8月13日、カリマバードからジープで、谷間の細い道をぶっ飛ばして、ギルギットへ到着。
ギルギットは、川沿いの町で、この地域の中心都市だが、たいして大きいわけではない。
僕はギルギットにいる間、全部歩きで全く不自由しなかった。
カリマバードの雑貨屋で買ったばかりの「Lonely Planet Pakistan(1998)」にギルギットの地図があるので、それを見ればいいだけ。
「Lonely Planet」の地図を見ると、ギルギットでは、この時期、どうやら、「TAJ HOTEL」を勧めてあるようだ。
地図を見て、タージホテルに入ろうとしたが、香港人のディビッドが「こちらこちら」と連れて行ったのが、「PALACE HOTEL」だった。
隣同士のホテルなので、間違ったんだろう。
でも確かに、パレスホテルの方が、タージホテルよりも、少し高級だったかもしれない。
僕としては、どっちでもかまわないので、パレスホテルをチェックした。
パレスホテルに入ったからって、泊まる必要はない。
タージホテルに行ったって、ちっともかまわないんだから。
値段を聞くと、シングル(ツインのシングルユースの意味)で560ルピー。
ここでは、わかりやすく、1ルピーを2.5円と考える。
すると、日本円で1400円するわけで、これは高い。
ディビッドが、いつものように値切って、500ルビーになった。
500ルピーなら1200円で、我慢できない値段ではない。
ディビッドは、カルメンと2人で、500ルピーにしたけどね。
パレスホテルの部屋は、「引きこもれる感じ」がよかった。
ホテルの部屋は、壁が厚くて、落ち着いた感じ。
シーリングファンがあるだけだが、ギルギットは日差しさえさえぎればひんやりするところだ。

シャワーは生ぬるいお湯が出るだけだが、特に不自由は感じない。
さて、カラコルムハイウェーを移動の連続で、ギルギットまでやってきた。

これからラワルピンディへ行けば、アジア横断の白眉、クンジュラブ峠越え(カラコルムハイウェー通過)を達成できる。
すでに、カシュガルからクンジュラブ峠を越えて、フンザに入り、カリマバードからギルギットへ通過している。
カシュガルからギルギットまで陸路で通過すれば、十分だと思うよ。
ギルギットからの崖崩れの危険な道を、また移動するのは疲れる話だよね。

ギルギットからの道が崖崩れで通れなくなっているという話もさっき聞いた。
そこで僕は、まず飛行機で脱出することを考えた。

ギルギットのPIA(パキスタン航空)のオフィスへ行ってみた。
イスラマバード行きのフライトが、時刻表では、毎日、午前7時15分、午前7時45分、午前10時30分の三本もある。

しかし「一週間先まで満席」とのこと。
ただ、このフライトは、もともと気流が悪くて、ほとんど飛んでないという噂もある。
時刻表には存在しても、実際は全く飛んでないという話もある。
どちらにしても、飛ぶか飛ばないかわからない飛行機を待って時間をつぶすのも時間の無駄。
疲れるけれど、バスで行く方が確実だと、心を決める。
今日は、ラカポシ山の展望台で聞いたとおり、ギルギットからラワルピンディへの道が崖崩れで、バスは走っていない。
ただ、明日になれば動くかもしれないという噂が流れている。
ホテルのスタッフもそういうことを言っていた。
僕は物事を深く追求しないい、いい加減な性格だ。
今日バスが動こうと、動くまいと、明日考えればいいだけ。
何も難しく考えず、ホテルのきれいなベッドでぐっすりと眠ることにした。
カーリマバードからギルギットへの、死ぬかもしれないと思ったくらいのとんでもない道を無事に通り過ぎたのだから。
昼間は、ホテルのベッドで横になって、ごろごろ本を読んで過ごした。
夕方になって、1人で食事に出る。
チキン何とかを食べて、ミネラルウォーターとノンアルコールビールを飲んで、ヌードルスープで、210ルピー(525円)。
料理を作るのも勘定も遅くて、食事に2時間かかった。
でも、本を読む時間が出来たので、いいか。
このように、旅ではすべてを受け入れることが大事なんだよ。
明日になれば、はっきりした情報が入るでしょう。
それに、雰囲気としては、道が通れないというのは、ここでは日常茶飯事で、誰も重大には考えてないようだからね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD