ギルギットで香港女性カルメンが男性のまなざしに恐怖する(パキスタンの方がイランよりも、女性にとっては危険かも)

【ギルギットのバスターミナルで】
カリマバードで、香港のカップル、デイビッドとカルメンと一緒に3人で、中国製のジプシーを借り切る。
断崖絶壁の山道をぶっ飛ばして、ギルギットへ到着。

「Lonely Planet」のギルギットの地図を見て、「TAJ HOTEL」へ行くつもりだった。
が、一緒に歩いていたデイビッドが、間違えて「PALACE HOTEL」にチェックインしてしまった。
ただ、このホテルはなかなか良かったけどね。
いつものように香港人のデイビッドは部屋を強引に値切る。
言い値がシングルで560ルピー。
それを500ルピーに下げてくれた。
これは感謝したね。

さらに、デイビッドはカルメンとのダブルルームも、シングル料金にするように交渉した。
そして、2人は500ルピーで泊まったよ。

このときのレート(1999)は、1パキスタンルピーが2.4円の計算。
だから、1200円。

クーラーはなく、天井の扇風機だけだが、一応、ホットシャワーもある。
部屋はきれいで、ベッドも清潔な、一応まともなホテルなので、身体を休めるにはいい。

とにかく、カシュガルからカラコルムハイウェイを通って、クンジュラブ峠を越えてカリマバードへ泊まって、そしてギルギットへと着いたのだから。
これは、アジア横断のもっとも話のネタになる部分だ。

なにしろカシュガルに着いた時は、クンジュラブ峠が崖崩れで通れないという情報に、真っ青になったんだから。
それを神の導きで乗り越えて、いろいろありながら、無事にギルギットまで到着した。

ギルギットからラワルピンディへ移動すれば、残りの旅程で問題になるのは、イランへ突入するだけだ。
まだまだ大変な旅が続くが、ここを乗り越えればアジア横断が完成する。

それに、楽をしようと考えれば、ギルギットからは飛行機もあるはずだしね(笑)。
しかし、ギルギットからのフライトは天候不良で、(常に?)キャンセルされているという(涙)。

その上、ギルギットから下る道が、ここでも崖崩れで通行不能という情報が入った。
カリマバードの両替商で会って、ちょっと話をした金髪学生くんと、またばったりと再会する。

彼の話では、崖崩れの補修が終わって、欧米人を乗せたバスがすぐに出発するとか。
ギルギットのバスターミナルへ行くと、欧米人旅行者が大騒ぎをしてバスに乗り込んでいた。

僕はSARGAN社の小型バスで翌日に出ることにする。
それをデイビッドに知らせると、彼も同じバスに乗ることに決めた。

夕方、僕はギルギットの「ハエハエ食堂」で食事を取る。
この名前は僕が付けたのだが、とにかくハエが食事ばかりか身体にたかってくる、非常に印象に残るところだった。

ホテルへ戻ると、ちょうど外出から戻ってきたデイビッドとカルメンが僕に声をかける。
カルメンが「ここは男性がじろじろ見て、恐いの!服を着替えるわ」と言う。

カルメンはボーイフレンドのデイビッドと一緒にギルギットの町を歩いた。
ところが、彼女の姿がショートパンツにTシャツだったせいか、パキスタン人男性がじろじろ見て、薄気味悪くて、ホテルへ戻ってきたそうだ。
多分、パキスタンでは「外国人女性はすぐにエッチさせる」みたいな話が流れていると思う。
日本でも、僕の学生時代なんか「スウェーデンはフリーセックスだから誰とでもエッチする」みたいな話が常識だったしね。
僕がペシャワールからクエッタへの列車に乗ったら、「医者が日本の女性旅行者と付き合っていた」と話をしていた。
だから、(事実がないわけではないのだろうし)「日本人の女は簡単だ」という噂が、絶対に流れている。
僕もアジア横断のあちこちでそういう話は聞いたからね。

その後僕は、パキスタンを、ラワルピンディー、イスラマバード、ペシャワール、クエッタと移動して、イランに入った。
そこでパキスタンとイランを比較してみる。

イランに入って気が付いたのだが、イランの女性は非常に強い。
おそらくは一般の考え方とは大違いで、イランの女性は教育程度も高く、外に出て活発に行動し、発言している。。
教育も受けているし、自分の考えもちゃんと持っている。
イランでは、確かに黒いチャドルを着ているにしても、女性は1人で出歩いていたりする。

ケルマーンで大学の近くを通ったら、女子大生の大群が、日本と同じように騒がしくおしゃべりをしながら、通り過ぎていった。
シーラーズでは僕は、美女に話しかけられて、ペルセポリスへのタクシーの料金交渉までしてもらったよ。

その僕の印象はだね。
イランの女性は独立心があり、非常に自己主張がある。

僕が見たら、ヨーロッパの女性とおんなじ雰囲気だったよ。
しかし、パキスタンでは、僕は1人で歩いているパキスタン女性どころか、パキスタンの女性を見た記憶がない。

僕が乗ったペシャワールからクエッタまでの寝台列車で女性には会ったが、その夫が固くガードしていた。
だから、日本女性が個人で旅行や滞在をするとしたら、パキスタンの方が危険だとは言えるでしょうね。
参照: パキスタンで邦人女性2人乱暴される

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD