『カリマバードで写真を取ってもらった、日本人金髪学生くんとギルギットで再会する』@パキスタン

【世界旅行者@ギルギットのバスターミナル/photo by 金髪くん】
1999年8月13日、カリマバードからジープで、谷間の細い道をぶっ飛ばして、ギルギットへ到着。
すぐに、新築したばかりの「PALACE HOTEL」にチェックインした。

シングル560ルピーの言い値を、香港カップルのディビッドが値切って、500ルピーにしてくれた。
ディビッドはとにかく強引な性格なので、ホテルを値切るのは上手なんだよね。

ホテルの部屋は、壁が厚くて、落ち着いた感じ。
シーリングファンがあるだけだが、ギルギットは日差しさえさえぎればひんやりするところだ。

シャワーは生ぬるいお湯が出るだけだが、特に不自由は感じない。
さて、カラコルムハイウェーを移動の連続で、ギルギットまでやってきた。

これからラワルピンディへ行けば、アジア横断の白眉、クンジュラブ峠越え(カラコルムハイウェー通過)を達成できる。
すでに、カシュガルからクンジュラブ峠を越えて、フンザに入り、カリマバードからギルギットへ通過している。
カシュガルからギルギットまで陸路で通過すれば、十分だと思うよ。
ギルギットからの崖崩れの危険な道を、また移動するのは疲れる話だよね。

ギルギットからの道が崖崩れで通れなくなっているという話もさっき聞いた。
そこで僕は、まず飛行機で脱出することを考えた。

ギルギットのPIA(パキスタン航空)のオフィスへ行ってみた。
イスラマバード行きのフライトが、時刻表では、毎日、午前7時15分、午前7時45分、午前10時30分の三本もある。

しかし「一週間先まで満席」とのこと。
ただ、このフライトは、もともと気流が悪くて、ほとんど飛んでないという噂もある。
時刻表には存在しても、実際は、ほとんど飛んでないという話もある。
飛ぶか飛ばないかわからない飛行機を待って時間をつぶすのも時間の無駄。
バスで行く方が確実だと、心を決める。
今日は、ギルギットからの道が崖崩れで、バスは走っていない。
ただ、明日になれば動くかもしれないという噂が流れている。
僕は物事を深く追求しないい、いい加減な性格だ。

何も難しく考えず、ホテルのきれいなベッドでぐっすりと眠ることにした。
とにかく、カーリマバードからギルギットへの、死ぬかもしれないと思ったくらいのとんでもない道を無事に通り過ぎたのだから。

1999年8月14日の朝は、スッキリと目覚める。
ホテルで聞くと、この日は、パキスタンの独立記念日だとか。

朝からバスの情報を集めて回る。
ギルギットからラワルピンディへは、バス会社が2つある。

SARGINというマイクロバスが午後3時と午後5時に出発する。
NATCO(公共バス)が朝9時と午後2時と聞いた。

ところが、確認してみると、NATCOが午後2時と午後5時(料金は310ルピー)。
SARGINは、午後3時の1本あるという(330ルピー)。

SARGINは、19人乗りの小型バスを使っているが、今日のバスは満員。
補助席ならあるという話だが、バスで一晩を補助席で過ごすのは勘弁願いたい。

バスの座席表もあって、自分の好きな席が選べる。
僕は、明日(8月15日)午後3時発の9番シートを選ぶ。

このときに、バス会社のオフィスでフランス人の会計士チェリッシュくんと話をする。
彼とはこのあと、ラワルピンディで同じ宿に泊まり、イスラマバード観光を一緒にすることになる。

ギルギットをぼんやり歩いていると、金髪の日本人大学生と会う。
実は彼とは、カーリマバードで会って話をしていた。

NATCOのバスターミナルヘ行くと、欧米人旅行者が乗ったバスが出発寸前だった。
欧米人はこの地域をサイクリングするのが流行らしく、バスの上に自転車を乗せる人も多い。

ギルギットからの道については、いろんな情報があった。
「実は今日も道は通れないが、途中で降りてちょっと歩けば、向こう側に別のバスが待っている」
「夕方出発したバスは、道路が修復済みなので問題なく通れる」
なんかね。

金髪くんは、今日の午後5時のバスに乗ってラワルピンディへ行くとか。
僕は明日午後3時のバスで出発する。

だから、「またパキスタンか、イランで会おう!」と、話をした。
というのは、彼もまたアジア横断旅行の途中なんだよ。

これからパキスタン、イランと進んで、イスタンブールから日本へ戻る予定だと知っていたからね。
僕も、イスタンブールまで行くかどうかわからない。

それにしても、パキスタン、イランでは旅行者が行くところは決まってるわけだし。
けれども、彼とは2度と、会うことはなかったんだけどね。

【世界旅行者@カーリマバードのヒルトップホテルの庭で/photo by 金髪くん】
でも、金髪くんが元気でよかった…。
というのが、僕が金髪くんに会ったのがカリマバードだった。

そのとき僕は、「フンザウォーター」というアルコール飲料を持っていた。
ヒルトップホテルのマネージャーにそのフンザウォーターは安物だと言われて、処分するのに困ってた。

そこで、現役大学生の金髪くんに会ったのをいいことに、彼にフンザウォーターをプレゼントしたんだよ。
上の写真は、僕がそのフンザウォーターをグラスに入れて持っているところ。

この写真も、ギルギットのバスターミナルの写真も、金髪くんが撮ってくれた。
写真を見ても、金髪くんがなかなか有能だとわかるだろう。
金髪くんの写真がいいのは、僕が写真を撮られるためにポーズを取る。
その瞬間にシャッターを押すんだ。

写真というものは、撮られる人がポーズを撮ったその瞬間にシャッターを押すのが基本。
写真の出来そのものがいい悪いは別にして、そうすると、撮られる方も気持ちいいものなんだよね。
金髪君は、話し方から写真の取り方まで、非常に有能な、気持ちいい男の子だった。
きっと人生でも成功していることでしょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD