ギルギットを出たら、すぐにがけ崩れ@ラワルピンディへの山道/パキスタン

【ギルギットを出たら、崖崩れで、通行止め】
1999年8月15日。
東京から新幹線に乗って神戸に着き、燕京号に乗船したのが、1999年7月16日だと、僕の旅行ノートに書いてある。
ということは、旅に出て1か月か。
一か所に長く滞在することなく、次々と移動をして、中国を出るのに1か月弱かかった。
長く居たいところも無かったしね。
インドのゴアコバラムビーチのような、のんびり出来る場所があれば、いくらでも長期滞在できる。
でも僕は、中国内陸部の観光名所を見て歩いていたのだから、ポイントを見て移動の繰り返しだ。
これからも、パキスタン、イラン、トルコと移動する。
まあ、あんまりのんびり出来るところは見つかりそうに無い。
パキスタンと、イランは、ビールが飲めないので、ゆっくりする意味がない。
トルコに入れば、もちろんビールは飲めるが、もうイスタンブールへ行くことはない。
イスタンブールには、いい思い出がたくさんあるので、僕は行かないだろう。
という風なことを、パレスホテルの自分の部屋のベッドでごろごろしながら、考えていた。
バスの出発直前まで、ベッドで本を読んで、身体を休めた。
SARGIN社のオフィスへ行って、コースター(中型バス)に乗り込む。
僕の席はドアの後ろの1人席9番だ。
昨日知り合ったフランス人のチェリッシュくんは、僕の後ろの12番席。
香港カップルは、別の2人並びの席を取った。
バスは、午後3時18分に出発。
ギルギットの町を出たら、すぐにパスポートコントロールがある。
とはいっても、ほとんど時間はかからない。
パスポートの写真と顔を確認するだけ。
そのあとは快適に走って、どんどん快調に進むかと思ったら、約1時間後に動かなくなった。
崖崩れで、通行止めになっている。
中国側とは違って、ここにはバスやトラックの長い列がある。
断崖を走る道路は車両で一杯で前にも後ろにも進めない。
ヘタするとこのまま夜まで動けないかも…。
バスの中で一晩過ごさなければならないかも。
いつものようにチョコレートと水を持ってきていてよかった。
と絶望に浸っていると、わずか一時間で車列はゆっくりと動き出す。
途中で崖崩れの場所を通過する。
そこにはブルドーザーがいて、崖崩れを補修していたよ。
あとは長く停止することはなく、時々崖崩れの場所をゆっくりと通過するだけで、順調に走った。
深夜、わけのわからないトイレストップ、ミールストップがある。
が、お腹を壊してもいけないし、トイレに行きたくなっても困るので、ちょっとお茶を飲んで水を補給しただけだ。
そのまま走りつづけて、翌朝7時半ごろにラワルピンディのサルガン社のオフィスへ到着する。
バスを待ってタクシーが並んでいた。
香港カップルは、イスラマバードに泊まる。
僕は、チェリッシュ君とタクシーをシェアして、ラワルピンディのサダルバザールへ行く。
ニューカムランホテルへとチェックインした。
このとき僕はとことん疲れきっていた。
その理由というのはね、一睡もできてなかったからだ。
しかし、別に道路の状況が悪くて寝れなかったというのではない。
道はけっこうよかったんだよ。
さっきも言ったように僕の席はドアの後ろの1人席9番だ。
この席の前は確かにドアとステップの空間があったんだけどさ、そこにあるはずの手すりがないんだよ。
つまり、僕の前はそのままドアの空間がぽっかり空いていたわけね。
だからもし、バスが急ブレーキをかけたら、僕はドアとステップの空間に放り出されて、大怪我してしまうことなる。
僕はずーっと自分の席の肘掛をつかんで、足を踏ん張っていた。
席から飛び出さないように、落っこちないように注意していなければならなかったんだ。
だから、眠れるはずも無かった。
いやはや、これは、僕のバス旅行体験でも、最悪でした。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD