高昌故城で、白人旅行者は、集合時間に40分も遅れる@高昌故城/トルファン/中国

【だだっ広い以外、なんという特徴のない高昌故城】
トルファン駅で日本語ぺらぺらのガイドが誘うツアーを断って、僕はトルファンの1日ツアーに参加する。
僕の参加したCITSツアーは、緑洲賓館(Oasis Hotel)を出て、まず蘇公塔ベゼクリク千仏洞、と回った。

そのあとに行ったのが、高昌故城。
ここは入場料が20元(300円)と高い。
高いだけあって、広大な廃墟だ。
CITSのツアーは、ほとんど説明がない。
玄奘がインドに行く途中に立ち寄って歓迎された高昌国がここだという。
観光客向けに玄奘の像でも建てれば、その前で写真が撮れるから、いい観光名所になるだろう。

現在は、ただだらーっと土の崩れた廃墟が続いているだけ。
これでは写真も取りにくい。

ここで、昨日「オアシスホテル」の同じ部屋にチェックインした日本人学生の二人と再会する。
僕は一応ドミに入ったのだが、別のホテルへ移動していた。

僕のほうから「今日の夕食を一緒にしようよ。部屋に行くから」と声をかける。
CITSのツアーのほうには、日本人の女の子が3人いたので、出来たらみんな誘おうと思ってたからね。
僕は旅先でであった人をまとめて、ワイワイやるのは、昔から、得意なんだ。
ただ、話が合う人たちと、話が合わない人たちが、明確に存在するけどね(笑)。

さて、高昌故城は、とにかくだだっ広いところだ。
四角に城壁があって、その中に町があるわけだが、すべてが泥煉瓦で出来ていたらしく、崩れている。

ロバの引く車に乗っていく人もいた。
僕は「これはただ泥が崩れた廃墟だ」と、乗らなかった。

ちょっと歩いてみただけだ。
ただ、ロバ車に乗れば見るところがあったらしい。

ツアー参加者の白人が1人、集合時間に40分以上遅れた。
彼はロバ車に乗って、入り口から内城へ往復したようだ。
気の小さな僕なんかだと(普通の日本人旅行者なら誰でも)、ツアーの集合に40分も遅れたら、置いていかれるのではと心配だが。
白人旅行者というものは、かなりわがままをしても、やはり扱いが違うね。

でも僕は、高昌故城を入り口から見て、ちょっと歩いただけで十分。
廃墟を見ただけで、世界旅行者には廃墟の声が聞こえた。

「すべては過ぎ去り、滅びていくものだ」
そして、世界旅行者よ、お前もまた滅びるのだ。

【旅行哲学】玄奘は死に、高昌国も滅びた。すべては滅びる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD