緑洲賓館のドミに荷物を置いて、吐魯番賓館を見て、高昌賓館(Gaochang Hotel)に移動し、昼寝する@トルファン/中国

【トルファン1日ツアーの最初の目的地、蘇公塔/Emin Minaret】
1999年8月5日、敦煌の鉄道駅柳園から、205次旅遊特快列車に乗る。
柳園発が20時30分、トルファン駅到着が翌日8月6日の午前6時40分。

同じ一等寝台(軟臥)のコンパートメントには、日本からの教職員ツアー参加者がいた。
彼らはもちろんトルファン駅からツアーバスに乗って、トルファンの町へ移動する。

僕と教職員とガイドさんは、同じ軟臥(一等寝台)のコンパートメントで、前夜はビールを飲んで親しく話をしていた。
だから、ここで「どうせトルファンへ行くなら、一緒に乗って行きませんか?」と言うのが普通の良識のある日本人。
ただ、教職員という公務員は、心の中では確実に民間人を差別しているものなんだよ。
旅先でわけのわからない長期旅行者なんかと知り合って、面倒が起きたら困るからね。

だから、教職員は、「それじゃー」と行ってしまった。
というか、いまでは、おそらく規則でツアー以外の人を乗せてはいけない、んだと思う。
事故にあったときなんか、面倒だからね。
最近の世の中は、変に規則だらけで、疲れるよ。
実は僕も、人と話を合わせるのはとてもうまいが、旅は一人が好きだ。
それに、トルファン駅からトルファンの町へ、個人で移動した方が話のネタになるしね。
駅を出ると、すぐにトルコ系のおじさんから、流暢な日本語で声をかけられる。
「日本人ですか。他にも日本人いるからいっしょにトルファンまで行きましょう!」ってね。
もちろんこの言葉は信じてはダメだ。
彼のタクシーのところへ行くと、他に誰もいなかった。

ただ、敦煌の状況から、かなりの日本人が同じ列車に乗って、トルファンへ来たのは間違いない。
このおじさんが他の日本人を連れてくるだろうと予想する。

思ったとおり、日本人学生を2人見つけてきた。
始めは1人10元ということだったが、1人5元に負けさせて、トルファンの町へ走る。

最初バスターミナル横の「交通賓館」へ行った。
が、ダブルで120元と高く、部屋も汚いので断る。

僕はここから1人で町を歩こうと、一度ホテルの外へ出た。
この客引きが日本語をぺらぺらしゃべって、馴れ馴れしくてウザッタかったからね。

日本人旅行者の中には、旅先で日本語ぺらぺらの現地人と知り合って、喜ぶ人たちがいる。
そして「僕は現地の人とすぐ友達になるんですよ」などと、わけのわからない自慢をする。

言っておくが、それはただ、現地人に食い物にされているだけだよ(笑)。
僕が1人で歩き出そうとしたので、客引きのおじさんは、あわてて別のホテルへ行く。
途中で、明日のトルファンツアーの約束を取り付けようと必死だ。
「1人50元で8つの見所を回る」「4人だと1人60元、6人なら1人50元」だとか。
一緒の日本人2人は、このおじさんの話に乗って、明日のツアーに参加すると決める。
僕は、このなれなれしい、日本語ぺらぺらのおじさん自体を完全に疑っている。
言を左右して、のらりくらりと逃げる。
とにかく日本人というものは、変に恩に着たり、約束を守ろうとしたりする。
海外では、契約書にサインをしない限りは、口約束なんて誰も信用してない。
でも、日本人は一度した口約束を守ろうとする。
これが日本人がダメなところだ。
海外で馬鹿にされ、ダマシやボッタクリの餌食になっている。
タクシーが、交通賓館の次に行ったのが、頤園賓館(Yiyuan Hotel)。
2階の部屋が100元、3階の部屋が80元という話。

次に、僕が指示して、有名な「緑洲賓館(オアシスホテル)」へ行った。
トルファンではオアシスホテルが観光客の定番になっているからね。

建物もなかなか立派なものだ。
ホテルのチェックインカウンターで、いろいろ質問していた。

するとさっき駅で別れたばかりの、日本の教職員ツアーの一行と再会したよ。
ところで、オアシスホテルの部屋は、バスつきのダブルルーム(料金380元/5700円)で高い。
シングルルームにそんな金は使えない。
流れで、一緒に来た学生2人とオアシスホテルのドミトリー(共同部屋)にチェックインする。
ドミトリー204号室、これは4人部屋だ。
日本人学生と僕の3人。
もう一人白人女性がいた。
欧米人は、ドミに泊まることも、ミックスルーム(男女混合部屋)にいることも、全く気にしない。
僕はニュージーランドのユースのミックスルームで、僕の目の前で、裸になって着替えた、アイルランド娘を見たことがある。
日本人の旅行話の定番には、白人女が裸になったとか、なかにはユースでレズしてたとかいうものもある。
日本女性ならば、男女混合部屋に女性一人だったら、気にするだろう。
欧米人の女性は、男性が見ている前で裸になっても、ごく自然だ。
オアシスホテルのドミは、1人27元で、共同トイレは個室になっている(ニーハオトイレではない)。
悪くはないが、僕は1人で寝たいので、ドミの部屋にバックパックを置いて、また外へ出た。

1人で歩いて、ホテルを捜そうというわけだね。
「Lonely Planet」があるので、地図を見ながらあたっていく。
まずさっきの頤園賓館(Yiyuan Hotel)で、部屋を見せてもらおうとするが、言葉が通じない。
どうやら「外国人は泊まれない」と言っている雰囲気だ。

もともとこのホテルは僕の目的ではない。
トルファンではオアシスホテルの他に、トルファンホテル(吐魯番賓館/Turpan Hotel)が有名なんだ。

トルファンホテルへ歩いて行って聞いたら、ドミが30元、ダブルの部屋は380元。
ダブルは空いているそうなので、交渉して値段を300元まで下げた。

しかし、300元といえば4500円。
中国奥地のホテルとしては、やはり高い。

僕はさらに歩いて、高昌賓館(Gaochang Hotel)へ行く。
クーラーがガンガンきいた、静かなダブルの部屋208号室が、朝食付きで160元。

160元(2400円)ならば、ぎりぎり我慢できる。
とにかく、このトルファンというのは、暑さがすごいんだから。

2007年に、岐阜県多治見で40.9℃が記録されたとか。
これが日本国内最高気温の記録更新だって。

トルファンでは、最高気温49.6℃を記録している(8月の平均気温は38℃)くらいだ。
トルファンの昼、8月の町は静かで、誰も歩いていない。

1人で歩くと、頭がくらくらするくらい暑い。
その中を、オアシスホテルへ歩いて戻った。

僕が泊まっていたドミの部屋をチェックアウトする。
ベッド代が27元だったが、泊まる時に30元のデポジットがあった。

オアシスホテルのフロントは、デポジットの預かり金を袋に入れて、一つ一つ名前を書いて保存していた。
僕の名前を書いた袋が見つからないようで、あちこち捜している。

結局見つからなかったようで、他の人のデポジットの袋から30元を出して、渡してくれた。
僕はもちろん、「一度正式にチェックインしているのだから、部屋代は支払ってもらいます」という回答を予期していた。

だから、30元がそのまま戻ってきたのは、とってもうれしかったよ(笑)♪
続いてフロントで、トルファンの地図があるか聞いた。

でも要領を得ない。
ホテルにトルファンの地図がなくてもかまわないわけだが、あるかどうか知らないようだ。

別棟にあるCITS(中国国際旅行社)のオフィスへ行って、3元で地図を買う。
CITSで明日のトルファン1日ツアーを申し込む。

午前9時から午後7時までの1日ツアーで、一人当たり50元。
これで、明日の予定が決まったわけだ。

バックパックを背負って、また高昌賓館へ移動する。
汗びっしょりになってふらふらとして、ホテルの部屋に倒れこむ。
それからあと、シャワーを浴びてすっきりする。
昼の時間はクーラーを入れて、寝てた。

夕方になって起き出して、近くの道端の飯屋に入る。
肉と野菜が入った焼きうどんが6元(90円)、ビール(3元)を2本飲む。
夜の空を眺めながら、ゆったりと落ち着いて、一人で冷えたビールを飲む。
世の中に、これ以上の喜びがあるだろうか?

いやはや、中国の物価は高くなってきたが、ビールが安いのはいいね。
正直、ビールの大瓶一本が食堂で飲んで、3元(45円)ならば、世の中に何の不満もないだろう。

【旅行哲学】ビールが安い国をキライになんてなれない。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx