『前門から、天安門広場を通り、午門から入って、故宮をずるーっと見て、神武門から出る』@北京/中国

【バス66番に乗る】
1999年7月20日(火曜日)。
京華飯店に宿泊しているチームみどくつの4人は、特に約束はしてなかったが、朝7〜8時ごろにホテルのロビーで、自然と顔をあわせる。

チームみどくつとは、燕京号の中で知り合って、僕がまとめた四人の旅行者のこと。
天津から一緒のバスで北京の国際飯店へ着き、タクシーをワリカンにした。

昨日の動きで、これからどう旅をするのか、だいたいの方向が決まっている。

亜細亜好代さんは、これから中央アジアへ向かう。
時間はかかっても、北京でビザを揃える予定だからまだしばらく北京にいる。

拉薩行造くんは、北京から、洛陽、西安と移動して、ゴルムドへ行き、そこからバスでラサへ移動。
彼は昨日北京西駅で洛陽行きの硬臥を買っているので、陸路で細かくつないでいくだろう。

美人有名女子大生の外見純子さんは、僕と一緒に旅をする。
僕は、成都への切符を予約しているので、成都からラサへのツアーに参加して飛行機を使う予定。

僕も今日は、朝から故宮へ行くつもりで、準備をしてロビーに降りる。
外見嬢は、今日、亜細亜さんと一緒のツィン(1人70元)からドミ(1人25元)に移るとのこと。

21日午後7時に、成都行きの22日の切符が手に入るはず。
その時間に外見嬢とロビーで待ち合わせの約束をする。

もし切符が予定通りに手に入るならば、北京で過ごす時間は限られている。
今日20日、21日、それから22日の出発前の昼間の3日間だ。

ところで北京で見るものとはなんだろう?
僕が思い浮かぶのは、天安門広場と故宮、それから万里の長城くらいかなー。

天安門広場は昨日歩いたし、あと故宮と万里の長城さえ見れば、北京は一応押えたいえるだろう。
世界旅行者協会の長老は、前門から地元のバスで八達嶺へ行ったとか。

そのバスも確認したいものだ。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、1人で、天橋からバス66番に乗る。

前門で降りて、天安門広場へ進むと、そこに発見しました。
明十三陵と八達嶺長城へ行くバスだ。

【明十三陵と八達嶺長城へのバス@前門】
写真を一枚取っただけで、そのまま天安門広場へ進む。
それにしても、朝からとにかく人出がすごいね。

【天安門を望む@天安門広場】
海外個人旅行は、歳を取ったら大変だよ。
とにかく歩かないといけないからね。

天安門広場だけだって、歩くしかないのだから、途中で倒れて亡くなる人が多いだろう。
天安門をくぐって、故宮への入場切符売り場までも遠い。

【人民英雄記念碑と毛主席紀念堂@天安門広場】
故宮の入り口右側に、切符売り場がある。
そこで故宮の入場券を買う。

故宮の入場だけならば、30元。
美術館などを見る切符ならば、50元だ。

僕は思い切って50元の切符買う。
切符を手にしたあとで、その切符をよく見ると、30元の切符だよ。

中国人は、お金をごまかすのは、全く平気だ。
間違った切符に気がつかずに、故宮に入ったら、わざわざ戻ってくるやつはいない。

切符が違っていた文句を言われても、いっても無視すればいいだけだ。
僕は、昨日、4元の水を、5元で堂々と売りつけたおばさんを知っていた。

だから、疑ったのが良かった。
もちろんすぐに窓口に戻って、50元の切符に交換してもらったよ。

ところが、故宮の中に入ったら、美術品の展示なんて見る気力がなくなった。
結局、最初から30元の切符でよかった(入りたければその場で切符は買える)。
本格的に故宮を見て回ると、途中で倒れている人が何人もいるだろう。
ざっくばらんに言うと、故宮の中は、たいして見るものがない。
宝物館みたいなものもあるが、そこへ辿り着く前に、とっくに疲れ切っている。
体力が消耗しているので、切符を持っていても入りたくなくなる。

いろんな建物を通り過ぎるが、「こんなところで生活したら大変だろうなー」と思うだけだ。
どれもたいした違いはないように見えてくる。

南から北へ一直線に突っ切るだけでも、1時間はかかる。
横に入ったり、じっくり見たりすれば、すぐに3時間たってしまう。

途中に喫茶店も、身体を休めるところもない(少なくとも1999年には)。
疲れた人は、建物の隅で座り込んだりするだけだ。

夏の暑い時は、脱水症状で亡くなる人が何人もいることだろう。
年寄りが見学するにはとても危険なところだ。

【東一長街にて】
ちょっと横の「東一長街」にでて、そこにいた中国人民に写真を取ってもらった。
面白いのは、中国人はファッションモデルや映画スターのようなポーズを取るのが普通だ。

僕は、ボケーッと立っているポーズを取る。
中国人は、僕がいつまでたってもポーズを取らないので、ちょっと変な顔をしていたよ(笑)。

【故宮の北側へ抜けたら、がっくりと疲れた】
必死で歩いて、北側の「神武門」を抜けると、そちらにも観光客がたくさんいた。
その中に日本人のツアーを見つけたので、声をかけて写真を取ってもらいました。

神武門の方には、大型観光バスがずらりと並んでいた。
ツアーの場合は、おそらく、天安門広場近くで客を降ろして、神武門で客を拾うというシステムなんだろうと、予想する。

いやはや、とにかく前門から、天安門広場、故宮と抜けるだけで、大変な運動量だ。
でももちろん、世界旅行者はここで終わるようなことはない。

世界旅行者はこれから、天壇公園へ歩き、さらに北京の南にある京華飯店まで歩いて戻る。
神武門を出たときは、まさかそんなことまでするとは思わなかったんだけどね。
その話は、次回をお楽しみに。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx