さすがの中国人も、火焔山を見る料金は取れなかったようだ。まだ、この時は…(笑)@火焔山/トルファン一日ツアー/中国

【火焔山を見るスポットで】
トルファンの一日ツアーに参加した。
ツアーは蘇公塔、ベゼクリク千仏洞、高昌故城、アスターナ古墳群と見て回った。
そして、次は、火焔山だ。
火焔山は、孫悟空でも有名な場所。
トルファンが40℃は平気で記録するような地域。
だから、山のしわしわと、炎を結び付けて、火焔山としたのでしょう。
山が、夕日か何かで、赤く染まれば見事なものだったかも。
ただ、僕たちが火焔山へ行ったのは、昼食前。
みんなお腹が減っていて、昼食を取りたい。
でも、火焔山は、道路から見えるので、時間もかからない。
第一入場料がかからないのがいい。
しかし、中国のことですから、なんとかして金を取ろうとしてるかもしれません、
道路沿いにちょっとした駐車場があった。
そこに車を停めて、火焔山をバックに、写真を撮りました。
車が停まっている時間も短く、誰かに頼んで、さっさと写真を撮ってもらわないと、写真を取れないまま移動してしまう。
気取って、「火焔山をバックにした定番写真なんて、だっさー」と写真を取らないと、一生後悔することになる。
だから、子供のように喜んで、すぐに写真を取ってもらった方がいいです。
僕は、愛想の悪い日本女性3人組に声をかけて、とっとと取ってもらいました。
もちろん、最初にこちらから、「キミたちの写真を取ってあげるよ」と声をかけるのが、マナー。
ただ、日本女性3人組は、あんまり楽しそうではなかったけどね…。
さて、次は、みんなお待ちかねのお昼ご飯です。
【写真】火焔山を背後にした世界旅行者

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD