ラワルピンディに着いて、イスラマバードのシャー・ファイサル・モスクへ@イスラマバード/パキスタン
ギルギットからコースターという中型バスでラワルピンディへ到着したのが、1999年8月16日の朝だ。
カシュガルから一緒だった香港人のカップルとは、バスを降りたところで別れた。
彼らはイスラマバードのインド大使館へ行って、ビザを取ってインドへ行くとか。
僕はギルギットのバスオフィスで会ったフランス人の会計士チェリッシュ君と2人で、タクシーをシェアして、駅の近くのサダルバザールへ。
ホテルを捜してうろうろしたが、結局3軒当たって、2軒目の、ニューカムランホテルに決める。
シャワートイレつきの部屋が、シングル1泊300ルピー(750円)。
このホテルは、「Lonely Planet」で、中級ホテルの一番にオススメとして載っていた。
体験から言えることだが、自分であれこれ当たるよりも、正直、「Lonely Planet」を信じていれば、大失敗はない。
ごちゃごちゃした市街地のラワルピンディに来たからには、計画都市のイスラマバードを見てみたいもの。
しかし、計画都市というものは、世界中どこでもつまらないものに決まっている。
イスラマバードも、整然とした町並みはあるだろうが、そこには都市としての腐食が進行しているだろう。
都市は生き物なので、計画した通りには動かない。
それを見るのもいいが、イスラマバードはダラダラと広がった空間があるだろうと予想できる。
ポイントとしては、「シャーファイサルモスク(Shah Faisal Mosque)」があるらしい。
だったら、とにかくイスラマバードへ行って、シャーファイサルモスクを見れば、いいだろう。
ただ、ちょっと時間が早すぎたので、チェリッシュくんとは昼ごろに待ち合わせをして、2人で行くことにする。
僕は少し身体を休めようかとも思ったが、ラワルピンディ鉄道駅へ歩いてみた。
今日、シャーファイサルモスクを見たら、明日やることがない。
それは、移動を意味する。
そして、ラワルピンディからの移動となれば、アフガニスタン国境のペシャワールに行くことになる。
その行き方をチェックしようというわけだ。
鉄道駅で聞くと、ラワルピンディからペシャワールへの朝の「Rahmkar Railer」という列車はなくなったとのこと。
この列車は、ラワルピンディ始発でペシャワールへ行くので、使いやすく、楽しみにしていたのだが。
他の列車は、別の都市始発でラワルピンディへ来るので、(おそらくはインドの鉄道と同様に)到着時間が当てにならない。
それに、時刻表で見ても、ラワルピンディからペシャワールまで、5時間もかかる。
バスだと、3時間程度で移動できるから、バスを使うのが正解だ。
実は最初から、バスで行くことになるだろうとは思ってたわけだが、それを確認しに行ったわけだね。
ガイドブックの情報を盲目的に信じることと、自分で歩いて、人と話をして、情報を集めることは全く違うわけだから。
僕としては、明日朝に、バス移動すると決めたので、一件落着。
鉄道駅の売店にあった「パキスタン鉄道時刻表」(10ルピー/25円)を買った。
少し古い版で、駅の時刻表とは、少し時刻がずれている。
ただ、鉄道時刻表というものは、だいたいの時間がわかればいい。
どうせ、列車は時刻表通りには走らないんだから(笑)。
ホテルへ戻り、チェリッシュくんと食堂で会って、2人でイスラマバードへ行く。
ホテルの人に行き方を聞いて、まずマイクロバスに乗る(7ルピー/17.5円)。
バスの中でも乗客に話しかけ、なんとなくイスラマバードと感じられるところで降りる。
PTDCのインフォメーションへ行って、「シャーファイサルモスク」への行き方を聞く。
教えられたとおり、いかにもパキスタンという大型派手派手バスに乗る。
と、なんとなくモスクへ着いてしまった。
非常に近代的なモスクで、世界最大?との話だ(でも、確かジャカルタにあるのが世界最大じゃなかったかな?)。

【世界旅行者@シャーファイサルモスク/イスラマバード】
足許は総大理石で、建物の中はそれほど大きくはない。
その周囲の屋根のない部分がダラーンと広くて、そこに人が集まるとこれはすごい人数を収容できると思う。
ここで、チェリッシュ君に写真を一枚取ってもらいました。
これで、今日の目的、イスラマバードと、シャーファイサルモスク観光が終了。
2人でバスに乗ったら、チェリッシュくんが、イヤに親切なパキスタン人男性に捕まる。
チェリッシュは丁寧に応対していたが、僕は、このタイプの人とは、かかわりたくない。
チェリッシュを家に招待したり、いろんなことを言っていた。
が結局は、「フランスに行きたいのでビザのスポンサーになって欲しい」という話。
面倒なので、僕がチェリッシュに声をかけて、バスを降りる。
流しのタクシーを捕まえて、100ルピー(250円)で、ホテルへ戻った。
ホテル近くの、けっこう大きなチキン屋さん(Anwar Cafe)で、一緒に食事をする。
僕は「発展途上国で人が親切なのは、下心があるからさ」と説経してあげたよ。
彼は、「そうなんだけどね…」と、言い訳をしていた。
チェリッシュくんは、パリ住まいで、住所と電話番号をくれて、是非寄ってくれと言ってくれた。
彼は、なかなか知的で、感情も細やかな人だった。
明日朝5時に起きて、空港へ向かうとのことなので、互いの無事を祈って、別れました。
僕の旅はまだまだ続く。
僕は翌朝、ペシャワールへのコースター(中型バス)に乗りました。
カイバル峠を越えてもいいと思ったんだ。
すぐ隣は、アフガニスタンなんだしね。
【写真】シャー・ファイサル・モスクの前に立つ世界旅行者
【旅行哲学】欧米人の中にも、知的で繊細な人はいる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD