京華飯店で両替をして、バスで北京西駅へ向かう(中国での両替についてのウンチク)

【天安門広場にて(1999)】
京華飯店403号室で目を覚まし、熱いシャワーを浴びる。
トイレにも行くが、部屋に他の人がいるのが、ちょっと気になるね。

拉薩行造くんは、今日中にドミに移るはずだから、今日の夜は一人でゆっくりと寝れるだろう。
はっきり言って、あまり親しくない人と2人でいるよりは、大きな部屋のドミに泊まった方が気楽だ。

一応「チームみどくつ」の4人は、ホテルのロビーで会う話になっていた。
拉薩君は北京西駅の外国人窓口へ行って、自分で切符を買うつもりだ。

僕としては、昨夜、ホテルに入っている旅行社で手数料を払えば切符は手に入ると聞いている。
手数料50元払えば手に入るのならば、無理に自分で買いに行くことはない。

中国の鉄道切符を個人で買うのは、なかなか大変だと聞いているしね。
ただ、切符が買えないとしても、「自分で切符を買いに行った」という話は、大切だ。

海外個人旅行なんて、金を払って旅行社に頼めば、どんなことでも出来る。
それでは、ちっとも面白くないんだから…。

僕くらい旅行経験があると、切符が買えるかどうかはどうでもいい。
「自分で切符を買いに行った」というストーリーが必要なんだ。

拉薩君と外見さんも誘って、一緒に行くことにした。
この時点では、拉薩君と外見さんと僕の3人は、西安まで一緒の列車(硬臥)で行こうと考えていた。

西安で拉薩君と別れて、僕と美人女子大生の外見さんは、2人っきりで成都へ行く。
成都から、飛行機を使ってラサへ入る。

拉薩君は西安からゴルムドへ列車移動して、ゴルムドからのバスでラサへ入る。
基本的にはこの考え方。

西安までは一緒の列車に乗ろうと考えている。
だから、個人で切符を買うならば、やはり3人で一緒に行ったほうがいい。

中央アジアへ向かう亜細亜好代さんは、今日はまず、カザフスタンのビザを取りに行く。
彼女の話では、カザフスタンのビザは月曜と木曜の朝に申請して当日午後に発給されるとか。

彼女はウルムチから中央アジアへ入る予定で、中央アジアのビザは北京で揃えるらしい。
キルギスタンのビザは1週間かかる。

その申請料のためにも、まず中国元をゲットしなければならない。
昨夜はホテルの両替サービスが終了していたので、今朝の両替開始を待っている。

1999年7月19日(月曜日)朝、ホテルで両替サービスが始まった。
僕は両替の必要はないが、その時のレートをメモした。
1999/07/19 トラベラーズチェック 現金
1万円→元 683.29元 667.54元
百ドル→元 826.51元 807.06元
中国の場合は、1999年は、トラベラーズチェック1枚に対して75円程度(約5元)の手数料が取られた。
しかし上を見たらわかるように、はっきりと「現金よりもトラベラーズチェックが有利」なんだよね。

この両替の基本が全くわからないで、両替のことを語る人がインターネットには多すぎる。
彼らは、両替経験もないばかりか、おそらくはまともな旅行経験もないとミエミエなのだが(笑)。

僕が上陸前に、燕京号の中で1万円札を660元に両替したことを思い出してほしい。
北京に着いて、翌朝まで待って、ホテルで両替して、それで667.5元だ。

ホテルで両替した方が、1万円に付き7.5元有利だった。
でも、7.5元といえば百円だ。

百円節約するために、現地通貨無しに一晩を過ごす(そして食事も思うように出来ない)なんて、賢くない。
だから、とにかく、両替レートの問題は、気にすることではないんだよ。

例えば、燕京号の中で十万円替えたところで、千円しか損はないのだから。
昨日船で両替していれば、わざわざホテルの両替を待って、ロビーで時間をつぶす必要もないんだからね。

実際、ホテルでの両替時間を待ったために、亜細亜さんはカザフスタンのビザを取りに行くのが遅れた。
彼女がカザフスタン大使館に行ったら、すでに長ーーーい列があって、月曜日に申請できなかったんだ(涙)。
実は彼女とは、ウルムチの紅山賓館で再会した。
その時に旅の話を交換して、彼女がビザを取るために北京に長くいたことを知ったんだ。

だから、海外旅行での両替はあまり細かく考えない方がいい。
考えることは、「常に十分な現地通貨を持っていること」なんだ。

ホテルでみんなが両替を終えて、元の現金を手にしたところで、昨日からのタクシー代やなにかを清算した。
何人かで一緒に旅をする時は、ホント、お金の清算が面倒。
ここではあんまり、細かいことを考えない方がいい。
僕は昨夜のタクシー代46元にチップも入れて、50元払った。
だから、3人から10元ずつもらって、僕は20元払った。
この程度、大まかにワリカンするのが、人間関係がスムーズにいくコツだ。
たかが10元(150円)をおごったら、恩着せがましくて、嫌味だ。
また、一元単位まで細かいのは、あまりにけち臭いからね。

さて、拉薩君と外見さんと僕の3人は、これから切符を買いに北京西駅の外国人向け窓口へ行く。
タクシーで行けばいいところを、わざわざバスに乗る。

タクシーで行ったら、旅が楽すぎて、ちっとも面白くないからだ。
こういうとき、西駅への行き方について、みんなが自分の考えを言い出したら、わけがわからなくなる。

また、人間関係も崩壊する。
そこがよくわかっている僕は、拉薩君に全部任せることにした。

「拉薩君に任せる。君のあとについていくから」と宣言する。
ホテルの近くからバス324番に乗る。

僕のバスマップによると、このバスだと、途中で降りて少し歩かなければならないかもしれない。
僕はそのことがわかってても、指図したりしない。

拉薩君はバスの中のおばさんに、西駅への行き方をたずねていたようだ。
おばさんの指示に従って、途中でバスを降りて、バンに乗り換えた。

中国人のおばさんは僕たち3人を赤いタクシーに乗せ換えた。
赤いタクシーは北京西駅へ到着する。

おばさんは、何か言いながら行ってしまった。
僕が払ったのは最初のバス代の2元(30円)だけだ。

拉薩君に聞いても、彼もなぜタクシーに乗ったのかわかってない。
中国人のおばさんが、僕たちが北京西駅へ行くと知って、わざわざタクシーで運んできてくれたのだろう。

これはいいなー。
いい話のネタが出来た♪

北京西駅を正面から見ると、これは巨大な駅だった。
さて、「チームみどくつ」は、北京西駅の外国人用切符販売窓口で希望の切符を購入できるのか?

それは、次回のお楽しみ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx