敦煌博物館(Dunhuang Museum)で、金銭目的ではない、立派な中国人に会う@敦煌/甘粛省/中国

【敦煌古城にて兵士のコスプレをする】
東京を新幹線で出て、神戸から天津への「燕京号」に乗ったのが1999年7月16日。
中国へ渡り、天津、北京、成都、それからチベットのラサ、バスでゴルムド、またバスに乗ってシルクロードの敦煌へ。

ゴルムドからのバスで、敦煌に着いたのが、1999年8月2日、午後7時20分だ。
その日は、宿を五輪賓館(オリンピックホテル)に決めて、「ニコニコ食堂」のまずい飯を食べて、日本人留学生と話しただけ。
翌朝の8月3日、オリンピックホテルの自分の部屋205号室で寝ていると、午前6時、うるさい音楽で起きた。
部屋の窓から見ると、ホテル裏の広場で、結構な人数で集まって、朝の体操をしている。
目が覚めてしまったので、今日やることを考えてみる。
僕としては、敦煌では莫高窟に行きさえすれば、それでいい。
それから、敦煌を脱出するバスか鉄道の切符を手に入れる。
最近バスに乗り続けで、疲れている。

出来たら鉄道で、次の町「トルファン」へ行きたいものだが。
考えていても仕方がない、旅先では自分で動いて情報を得ること。
ちょっと早すぎるとは思ったが、とにかく敦煌の街に出てみる。
ガイドブックに書いてあった「莫高窟(Mogao Caves)行き午前8時のバス」を、バスターミナルで捜したが、存在しないようだ。
ふらりと入った西域賓館の旅行代理店で、トルファン(TURPAN)へ行く話をしていたら、鉄道切符が旅行代理店で取れるとのこと。
この旅の最初でも、自分で北京西駅へ行って取れなかった「北京西駅から成都への切符」を、代理店だと簡単に取れた。
自分で鉄道駅(龍園駅)へ行っても、バスで片道2時間ほどかかる。
とっとと切符を手にしたいということで、8月5日の龍園からトルファンへの軟臥(一等寝台)を頼みました(330元)。
この中国人が「隋さん」と言って、日本語が話せた
2010年ごろに、ネットの情報で、敦煌の隋さんという中国人の話が出てきたことがありましたが、その人かどうか、僕はわかりません。
でも、敦煌にいて、旅行関係の仕事をしていて、日本語が話せて、名前が隋さんなら、同一人物ではないかな。
僕の行ったときは、真面目に仕事してました。
というのが、実は、この切符は取れなかった。
その時、隋さんは、自分からオリンピックホテルに来て、僕に取れなかったと謝って、お金を返してくれたからね。
中国人にお金を渡して、戻ってくるなんて奇跡だね。
ラサでは切符をごまかされたし。

誠実な中国人もいるんだなー、と僕は思った。
でも、この時、敦煌からの脱出手段を確保した(切符を手配した)ということで、僕は一安心。

海外個人旅行では、ある場所へ着いたら、次の目的地への移動手段を確保して、観光するのが原則。
飛天賓館へ行って、地図(5元)と、絵はがき(2元)を5枚買う。
さしあたり送る相手もいないので、自分宛に絵はがきを2枚書いて、出した(切手は葉書1枚あたり4.2元)。
めぼしい友達には、ラサから絵はがきを送っている。
海外からの絵はがきというものも、たまに来るから楽しいわけでね。
恋人でもない、ただの友達から、しつこく絵はがきが来るというのも、迷惑だろうからね。
切符の手配ができそうなので、軽く観光をしたい。
ガイドブックに「敦煌博物館(Dunhuang Museum)」があったので、歩いていってみた。
敦煌博物館は入場料10元(1999年)。
切符売り場に人がいないので、門の付近にいた人に10元渡す。
なんと日本語ガイドの若い男性が僕一人に付いて、展示物の説明をしてくれた。
いろいろ見て回って、最後に漆と玉の細工の部屋で、お茶する(お茶はサービスで無料)。
大きなもので日本へ送る送料と保険をかけて、45万円程度。
小さいので、6万円という話。
バックパッカーがこういうものを買えるわけもないし、とても手が届かない。
こういうものを部屋に入れるためには、まず、きれいな部屋や立派な家が必要だ。
僕に金がないのは、僕の服装を見ればわかるはず。
買わないのは当然だが、親切に案内してくれたガイドさんにチップを置こうと思った。
言い訳の言葉とともにチップを出したら、チップはいいですと、断られた。
今まで中国では、金に汚い人とばかり出会っていたが、こんな中国人も居たんだねー。
それとも、僕が出したチップが、少なすぎたのだろうか。
日本人の団体ツアー客が来れば、ガッポリ儲かるのかもしれないし…。
飛天賓館に戻って、莫高窟への行き方を聞いてみた。
すると、なんと、ホテル前の道路から、敦煌観光のツアーバスが出ているそうだ。
飛天賓館のフロントで、そのツアーの切符を売っていた。
「敦煌旅遊乗車1日遊票」30元を買う。
これで、敦煌の名所旧跡を見てまわることができるようだ。
1日で見て回らなくても、午後と午前を別々の日にすることもできる。
今日の午前の部は無理だが、午後2時に飛天賓館の前からマイクロバスが出るという。
それならば、とにかく半日観光に行きましょう。
一度僕の泊まっているオリンピックホテルに戻り、今日の分の宿泊費80元を払う。
昼食を「Friendship Restaurant」で取ったが、ここのホイコーロー(回鍋肉)の豚肉が異常に硬い。
肉が食えず、キャベツだけをおなかに入れる。
昨日の「ニコニコ食堂」も、ひどい味だったが、今日の「Friendship Restaurant」も、負けずにひどい食事だ。
午後2時少し前に、飛天賓館前から、マイクロバスに乗る。
バスは満員だが、日本人もいるようだ。
それでは、敦煌の半日ツアー、出発♪
最初は、ゴルムドから来るときにバスの窓からちらりと見た、「敦煌故城」へ行くみたいです。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx