デプン寺(Drepung Monastery)でお坊さんの台所風景を見る@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

【哲蚌寺/デプン寺の風景】
1999年7月27日。
成都からラサへ飛んできたのが、7月25日だ。
ツアーには、3日のラサ観光が含まれていた。
最初の日は、空港からラサの町までの移動と、ホテルにチェックインした。
しかし、僕はツアーに含まれていたホテルをキャンセルして、自分でホテルを決めた。
ホテルの共同トイレが、お尻が見えて、落ち着かなかったからね。
2日目の昨日は、午前中にポタラ宮を見学しただけ。
午後には、バスターミナルまで歩いて、ラサからゴルムドへの、脱出方法を確認した。

3日目(ツアー最終日)の今日は、まずデプン寺(Drepung Monastery)へと向かった。
バスに乗ってきたツアーガイドの話では、今日はまず、午前中にデプン寺とセラ寺を見る予定だとか。
デプン寺は、ラサの市街から西に行ったところにあった。
完全に独立したお寺だ。
ツアーの仲間とわいわい言いながら、お寺に入る。
僕が驚いたのは、このお寺にはお坊さんがたくさんいたこと。

昨日見たポタラ宮は、とにかく観光客が多くて、お坊さんは見かけなかった。
まあもちろん、ポタラ宮はお寺ではないんだけどね。

入場料は30元。
中に入ると、手の指にお札をはさんだありがたい仏像があった。

またこの僧院の中には、文化大革命のころのスローガンがまだ壁に残っていた。
ここでは僧侶の生活が見えたよ。

いろんな部屋が公開されている。
その部屋の写真を取るには別料金が必要とのこと。

料金が15元、20元、50元、90元と部屋ごとに書いてある。
ただ、特に金を集める人はいない。

特に台所と、食事の支度をしている僧侶たちが興味深かった。
若い僧侶たちがたくさんいる傍を歩けたのは、修行中をお邪魔していいのかなー?という感じ。

【チベットの人たちが唄を歌いながら修理?していた@デプン寺】
見学が終わって外へ出ようとしたら、チベットの人たちが、建物の屋根を修理していた。
唄を歌いながら、同じリズムで踊るような感じで、屋根を踏み固めている。

これもまた、きっとチベット仏教のお祈りなのではないかと僕は勝手に思った。
2008年3月のチベット暴動には、このデプン寺のお坊さんも加わったとか。

中国政府の弾圧が、かなり激しかったのではないかな。
でも1999年には、そんな雰囲気は全くありませんでした。

僕たちのツアーバスのガイドは、出発前に、「午前中にデプン寺とセラ寺を回る」と言ってた。
しかし、デプン寺を見たら「デプン寺を見たら、セラ寺も一緒!」とはしょってしまった。

こんないい加減なのは漢族の旅行代理店だから。
観光客が増えても、結局、金儲けしか考えない漢族がボッタクルだけなんだよなー。

【旅行哲学】中国のチベット弾圧反対!

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx