チグリス(ティグリス)川(Tigris)を望む@ディヤルバクル(DIYARBAKIR)@トルコ

【世界旅行者みどりのくつしたさんの後方の川がチグリス(ティグリス)川】

【横に流れているのがチグリス(ティグリス)川の上流です】
ワン(VAN)の町のバスターミナルへ行って、出発寸前のディヤルバクル行きのバスに飛び乗る。
午前9時ワン発、ディヤルバクル着が午後4時の予定。

これならば、昼間移動で夜は身体を休められるので、おじさん旅行者にピッタリだ。
バスの中で日本人のサラリーマン旅行者と会ったので、隣に座って、話をしながらディヤルバクルへ。

ワンからディヤルバクルまでは、トルコ東部のクルド人の問題があるのか、いやに検問が多かった。
ディヤルバクルは、トルコ内のクルド人の中心都市だからね。

バスは小さい町に次々に停まり、まるでローカルバスのようだ。
実際は午後4時半にディヤルバクルのバスターミナルへ到着した。

バスターミナルからドルムシュに相乗りする。
バスを降りて、方向がつかめずに、ちょっと迷った。

すると、日本に住んでいたというトルコ人が日本語で話しかけてきた。
彼は、日本の外国人登録証を持っていて、わざわざ見せてくれる。

日本で同棲していたという日本女性の写真まで持ってた。
どうやらホテルの客引きの雰囲気だ。

ホテルを紹介するというのを振り切って、自分のカンで町を歩く。
僕くらい世界各地の町を歩き回っていると、雰囲気でホテルのありそうな方向がわかる。

最初に飛び込んだホテルが、3百万トルコリラ(7ドル半、約千円)。
このホテルは、シャワーとトイレが部屋の外にある。

次に見たのも、同じようなホテルで同じような値段。
僕としては、かなり高速度でトルコ東部を移動しているので、もう少しいいホテルでもかまわない。

三ツ星がホテルの正面に大きく描いてある、非常にきれいな「BALKAN HOTEL」を見つける。
当たってみると、最初の言い値が1300万トルコリラ(32.5ドル)。

これは高すぎるので、もちろん値切って、85万リラ(20ドル)にする。
ツインのシングルユース。

部屋は大きくはないが、テレビもあり、空調が完璧。
つまり、部屋の窓が開かない。

バストイレもピカピカで、日本のビジネスホテル並みの清潔さだ。
ホットシャワーもドカッと出る。

これで今夜はゆっくりと休める場所を確保したわけだ。
バックパックを部屋において、外へ出る。

まだ明るいので、ディヤルバクルの町を歩いてみる。
一緒にやってきた、サラリーマン旅行者氏は「地球の歩き方」を持っている。

その地図を頼りにして、チグリス川を探す。
出来たら、チグリス川の水に触れてみたいものだ。

「地球の歩き方」の地図だと町の城壁をちょっと出たところに川があるはず。
しかし実際は、ディヤルバクルの町とチグリス川とでは、かなり離れていたよ。

そこで、チグリス川の水に触れるのは諦めて、チグリス川の写真を取った。
旧市街を歩いて、城壁も歩いたので、ここはこれで十分。

2人でバーに入って、ケバブをつまみにビールを飲む(2人で4百万リラ)。
次にまたビールを飲む。
EFESビールが1本32万5千リラ(80セント、百円くらい)。

お金が足りなくなったので、両替をする。
すると、ここでは「1ドル=44万4千リラ」で両替できた。

国境では一割ぐらいレートが悪かったってことね。
それとも、単純に騙されたってことか…。

いい加減に疲れて、部屋に戻る。
部屋でテレビを付けると、テレビには衛星放送もズバリ入っている。

さらに、ヨーロッパの「VENUS TV」という女性の裸がたくさん出てくる番組をやっていた。
目をさらにして熱心に見ていたが、本番行為は放送してないようだった。

ただヨーロッパ女性の色っぽい裸は、見放題でした♪
日本のホテルのように、エッチビデオを見るのにお金を払わなくてもいいのがキモチイイね。

メキシコシティのホテル「PENSILVANIA」では「MIDNIGHT BLUE」という本番衛星放送が入ってたけど。
そこまでは、望みすぎ。

でも白人女性の裸が、たくさん見れたので、なぜかがっくりと疲れてしまいましたとさ。
翌日、朝食時に会ったサラリーマン旅行者氏も疲れたように見えました。

【写真】ディヤルバクルの町の外れからチグリス川を見る
【旅行哲学】ホテルにエッチ放送があるとなぜか疲れる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD