『ウマイヤドモスクを再訪し、航空券の値段を調べ、まともなレストランで食事をして、酒屋を見つける』@ダマスカス/シリア
1999年9月4日、アレッポを午前8時に出発したバスが、ダマスカスのバスターミナルについたのが午後1時。
途中のミールストップを含めて、5時間のバス旅だった。
タクシーに乗って、ダマスカスの中心部にある「スルタンホテル」へ。
シャワートイレ付きのシングルルーム(103号室)に泊まることにする(1泊24ドル)。
このホテルは、日本人に人気なようで、フロントには、日本語の本がたくさんおいてあった。
ただ、受付のシリア人は、僕に対しては、愛想が悪かったね。
ホテルにチェックインしても、まだ午後2時くらいだ。
また、僕は、シリアは1988年に南から北へ通り抜けているので、いまさら特に観光するところもない。
でも、ウマイヤドモスクへ行くのはいいことだ。
10年たった変化を見るのもいいだろう。
まあだいたい、変化というものは、好ましくない方向へ進むものだが。
というわけで、とにかくウマイヤドモスクへ続くスーク(商店街)を歩いた。
かなりの人出で、人をかき分けながら進む。
11年前はもっと静かで、のんびりしたところだった記憶があるが。
ここで、日本語ぺらぺらのじゅうたん屋に声をかけられて、ついうっかりと店に誘い込まれてしまった。
そのテクニックに着いては、別に詳しく書いてあります
スークを抜けて、ウマイヤドモスクへ入る。
11年前と比較すると、手入れが行き届いてない雰囲気。
モスクの中庭に、鳩の糞が掃除されずにあちこちに残っていて、印象が悪い。
昔より人も多い。
しかも、昔は、モスクのじゅうたんの上で横になって寝ていても、よかった。、
ところが今回は、寝ている人を起こす専門のおじさんがいた。
昔ののんびりとした、静かで清潔な雰囲気がなくなって、ちょっと失望したね。
帰りはじゅうたん屋に会わないように、別の道を通る。
僕は基本的に、旅行中は食事は一日一回で、午後の遅い時間に取る。
多分ホテルで教えてもらった「ALRAEES RESTAURANT」へ。
客が少ない時間に行ったので、レストランのウェイターのおじさんが、付きっ切りで世話をしてくれた。
天井も高く、調度品もそれなりで、照明もほどよく、落ち着くところだった。
ここで、ケバブとサラダをつまみに、ローカルビールの「BARADA BEER」を飲む。
500MLのビンで36ポンド(90円弱)を3本。
トータルが、303ポンドのところを、400ポンド出す。
すると、最初からチップを引いて、75ポンド戻してきた。
そこで僕は、なぜか、さらにお釣りの中から、50ポンド札をチップとして残した。
ウェイターはかなり喜んでいたよ。
レストランを出て、ダマスカスの町をふらふら歩いていると、旅行代理店が目につく。
僕は神戸から天津への燕京号で中国に入って、そのままパキスタン、イラン、トルコ、シリアと旅を続けている。
つまり、日本へ戻る切符をどこかで買わなければならない。
レバノンの首都ベイルートから日本へ戻るつもりだが、ダマスカスからの切符の値段を調べるのも興味深い。
午後の暇つぶしに、旅行代理店めぐりをしてみました。
まず、ダマスカスからパリへの片道切符が、475ドル。
東京へ戻るとなると、片道切符で750ドル。
これだと、バーレーンとバンコクにストップオーバーできる。
往復だと1200ドルになる。
その他、パキスタン航空が北京経由で東京へ飛んでいて、片道710ドル。
アテネまで飛ぶと、片道270ドル。
ベイルートから戻るつもりだから、あくまでも参考のために調べたわけだけどね。
まあだいたい、片道10万円あれば、世界中どこからでも、日本へ戻れるって事なんだけどね。
そして、海外では、原則として、切符はすぐに買えるものだ。
スルタンホテルに戻って、酒屋の場所を聞く。
シリアでは酒屋は、目立たない場所にあったが、そこでビールを2本買って、部屋に戻る。
「International Herald Tribune」(9月2日)が、80ポンド(200円)。
部屋で、ホテルの受付置いてあった、赤川次郎の本を一冊読了。
明日はレバノンへ行く。
国境通過の条件がわからなかったので、東京でレバノンのビザを取ってきた。
1999年では、シリアもレバノンも治安に問題はない。
僕のアジア横断のテーマは、「瀬戸内海から地中海へ」というものだった。
ベイルートの海岸を見たら、それで目的は達せられる。
その前に、明日は、「バールベック神殿」を見るつもりだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD