ダマスカス(シリア)からバールベック(レバノン)への国境越え

【バールベック神殿へ来ていたフランス人女性のガイドに撮ってもらいました】
1999年9月5日午前7時に、ダマスカスのスルタンホテルの103号室で、目を覚ます。
このホテル料金には朝食が含まれていたが、ちょっとセコかった(と、僕の旅行ノートにわざわざ書いてある)。
昨日の宿泊料24ドルを、チェックアウトのときに払う。
また、10ドルを、500シリアポンドにしてもらった。

近くのレバノン行きサービスタクシー乗り場へ歩く。
サービスタクシーとは乗り合いタクシーのことで、この地域では、よくあるシステムだ。
シリアの首都ダマスカスから、レバノンの首都ベイルートまでのタクシーは、次々と出発している。
ただ、僕はレバノンの首都ベイルートへ行くのではない。
その途中をちょっと北へ入ったところにある、「バールベック」へ行くつもり。
サービスタクシー乗り場でバールベック行きを聞く。

すると、「タクシーを1人で借り切れば20ドルで直行する」とのこと。
乗り合いタクシーだと、600シリアポンド(約12ドル)だとか。

でも、借り切って20ドルなら、乗り合いだとせいぜい6ドル程度ではないか。
ただこのときさらに交渉して、値段を下げさせたのかどうか、記憶にない。

なにしろこの話は1999年の夏の終わりの出来事だったからね。
タクシーを仕切っているおじさんにパスポートを取り上げられて、ちょっと不安だった。

その話だと、直行で行くから一時間でバールベックへ到着するとの話。
もちろん大嘘だったけどね。
でももちろん、こういう話は、最初から信じていないので、あまり関係ない。
午前9時43分にサービスタクシーが出発。
僕にタクシーの前の席2人分をくれたので、たぶん2人分払ってしまったのだろうね。
乗客は僕のほかに、兵士が2人と、イラン女性が1人。
午前10時14分、シリアの出国ゲートに到着する。

兵士は途中で降りた。
結局僕と、タクシー運転手と、イラン女性の3人で、シリアの出国手続きをする。

この手続きはスタンプを押すだけで、とても簡単。
出国の列もガラガラだった。

この手続きが10時20分に開始されて、タクシーに戻ったのが10時23分だった。
タクシーはすぐに、こんどはレバノンの入国審査オフィスへ向かう

レバノン入国を示す「ENTRY」の表示の横に、「VISA」の窓口がある。
その窓口には、ビザの料金が書いてあった。

48時間以内は無料
2週間まで2万5千レバノンポンド
3か月まで5万レバノンポンド
6か月のマルチビザは10万レバノンポンド
(注:この時期1ドルは1500レバノンポンドのレートでした)
ドライバーはなぜか僕をビザの列に押し込んだ。
ところがもちろん僕は、東京のレバノン大使館で、わざわざマルチエントリービザを取得済みだ。

エントリーの列に並びなおす。
僕の入国審査はすぐに済んだが、イラン女性の入国に少し時間がかかった。

僕たちがタクシーを降りて、列に並んだのが10時29分。
イラン女性が入国手続きを済ませて、タクシーへ戻ってきたのが10時44分だった。

タクシーはベイルートへ直進する道を、右へそれて、北へ進む。
しばらく走ると、小さな町に入る。

左に遺跡が見えて、右が「パルミラホテル」。
タクシーはここが終点らしい。

パルミラホテルに入ると、なかなか歴史のある、ステキなところだった。
入り口の左側が受付になっている。

値段を聞くと、シングルで38ドル。
これはちょっと高いが、マネージャーと交渉しても値段が下がらない。

どうせ一泊だけして、明日はベイルートへ行くつもり。
安宿を探して時間を潰すよりは、とっとと遺跡を見に行った方が賢い。

というわけで、部屋を決めて、バックパックを置いて、遺跡へと歩きました。
ま、その前にマネージャーに両替をしてもらう。

そのレートが、「1ドル=1500レバノンポンド」でした。
ただもちろん、この話は1999年のことですから注意してね。

【写真】バールベック神殿
【旅行哲学】初めての場所に行くと、ぼったくられてるかどうかわからないもの。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD