ダマスカスで、日本語の本を読み、絵はがきを出し、ウマイヤドモスクへ行って、キプロスへ行く前日をのんびり過ごす@ダマスカス/シリア
「間違いだらけの海外個人旅行」
1999年9月9日、今日は何も、しなければならないことがない。
一日ゆっくりと過ごせる日だ。
アジア横断を済ませて、ベイルート(レバノン)で地中海を見て、1999年9月6日にアジア横断は完成した。
しかし、僕のアジア横断旅行は、アジア横断して、レバノンまで行ったところで終わらない。
続いて、ベイルートで航空券を買って、日本へ戻るまでを書いている。
本格的な海外個人旅行では、一応の旅行予定は立てるにしても、細かいことは考えられない。
現地に行かなければ、そこが居やすいところなのか、長居したくない場所なのか、わからないからね。
旅行計画なんて、正直、立てるだけムダ。
大まかなルートを立てていても、僕のように、全く行く気のなかったチベットへ行ってしまうことだってある。
この時は、燕京号の中で、友達をつくって、自然とラサまで行ってしまった。
美人女子大生さんと一緒に、北京から成都までの夜行寝台車で、2泊した。
日本で、中年のおじさんが、「美人女子大生さんとの2人旅でチベットへ行く」なんて計画したら、「そんな都合のいい、夢みたいな旅行計画は有り得ない」と馬鹿にされるだろう。
しかし旅先では、どんなとんでもないことでも、簡単に起きてしまうんだ。
あまりにとんでもない出来事をたくさん経験している僕は、それを現在のお上品なネットでは書けないけどね(笑)。
普通の日本人は臆病なので、とにかく計画を立てようとする。
ただ、日本人には、まともな旅行をした人がいないので、ウソの情報だけが流れている。
ウソの情報を元に旅行計画を立てるなんて、無駄な行為だ。
まあ、日本人は、計画を立てることがいいと信じているので、形だけの、中身すっからかんの計画を立てる人も多いよ。
情報がたくさんあるはずのヨーロッパ旅行にしても、流れている情報は、タテマエばかりだ。
「一都市に最低3日は滞在したいものだ」などという、ミエミエの素人がどこかで聞いたウソのアドバイスが書いてあったりする。
現地に行かなければ、自分の感覚に合う町なのか、わかるはずもない。
個人の感性はそれぞれ違っているので、、いくら本を読んで調べても、調べられるはずもない。
一般的に、ヨーロッパの都市なんかは、どれもよく似ているので、すぐに飽きてしまう。
「旅に飽きる」のが問題なんだが、日本人は飽きるほどの旅をしてないので、本当の旅はわからない。
日本には、旅行経験が少ないくせに、ウンチクを語る人間が、多すぎるんだね。
でも、僕のような本当の本物は、現地で考えて、現地で調べて、現地で決定する。
この「アジア横断旅行」にしても、何も計画せずに神戸からの燕京号に乗った。
船で知り合った人たちとワイワイしている間に、チベットへ行くことになった。
チベットのラサから清蔵高原を通って、ゴルムドへ移動し、砂漠を抜けて、敦煌へ出た。
あとは、シルクロードを通って、カラコルムハイウェイを抜けて、パキスタンのフンザへ入った。
そのあと、パキスタンは見るものがないとわかって、2泊3日の列車でクエッタへ移動した。
イランも、行ってみたら、だだっ広いだけで、見るものはほとんどなかった。
トルコ東部にも、何にも興味を引かれるところがない。
また、シリアも、パルミラの遺跡を見てしまえば、それだけでいい。
レバノンも、バールベック神殿という観光地はあるが、それほどたいしたものではない。
このアジア横断旅行ではパキスタンからイラン、東部トルコ、シリア、レバノンでは、本当に正直な話をすると、見るところはない。
僕の場合は、アジア横断旅行をするという「くくり」があるから、成立しているわけなんだね。
僕が最初にシリアへ来たときも、(確かにシリアのパルミラ遺跡はすばらしかったが)、「エジプトからトルコへ中東を通り抜ける」という目的があった。
だから旅として成立するんだよ。
旅というものは、それほど面白いわけでもなく、楽しいことがあるわけではない。
海外個人旅行とは、決して楽しいものではない。
「旅は楽しくないということを、確認するための作業」だ。
さて、1999年9月9日だ。
明日の9月10日には、僕は隣国レバノンの空港から東地中海に浮かぶ島キプロスへ飛ぶ。
予約を入れて、切符も購入済みだ。
ダマスカスからベイルートへは、行ったことがあるので問題はない。
昨日は、ベイルートからダマスカスへ、サービスタクシーで移動した(片道3時間)。
明日のフライトは午後5時半なので、朝早く起きる必要もなく、焦ることもない。
つまり、今日は、完全に自由な時間がある。
こういうときはまず、絵はがきを書いて、数少ない友人に送ることにする。
送り先をメモしてあるが、そのころ時々飲んでいた、超美人超上品なセレブ人妻にも書いていた。
ま、思い出すと、そういう「酒とバラの日々」もありました、ってことね。
絵はがきで、だいたい2時間から半日は潰れる。
20枚も書くと半日潰れるね。
この日は、自分を含めて5枚しか書かなかったので、2時間程度で終わった。
絵はがきを出すためには、「絵葉書を買う」「絵はがきを書く」だけではなくて、「郵便局で切手を買って、絵はがきを出す」作業まで含まれるからね。
続いて、スルタンホテルへ行って、昨日借りた日本の文庫本を4冊返却し、あたらしく文庫本を5冊借りた。
バラダホテルの自分の部屋に戻って、手持ちのお金を確認する。
シリアとレバノンを行ったり来たりしていると、いくら両替して、現地通貨をいくら手許に残しておくのかが、問題になる。
最終的には、ドルの小額紙幣があるので、その場でなんとでもなるわけだが。
こういう経験がない人たちが、「海外旅行は円だけで大丈夫」とか「カードですべてやれる」とか、馬鹿なことを堂々と言ったりしている。
国境越えのときの小額の手数料は、現地通貨または、ドルの小額紙幣でなければ、使えないんだよ。
スークで店を冷やかして、また「ウマイヤドモスク」へ行ってみた。
すると、金の余った高年齢者だらけの、日本からのツアーが来ていた。
また別に、個人旅行らしい日本人の若者3人を見つける。
軽く声をかけて話をしたが、面白くないのですぐに別れたようだ(僕の旅行ノートには、「バカ」とだけ書いてある)。
今日もハーフチキンを買って、ビールとサラダで、ホテルの部屋で食事をした。
早めにベッドに入り、借りてきた文庫本を読みながらごろごろしているうちに、寝ついたようだ。
明日は、シリアからレバノンの国境越えをして、ベイルートの空港へ行き、午後5時半の飛行機に乗る。
キプロスのラルナカへの到着が、夕方だ。
本当は、暗くなる時間に、新しい町へ行くのはタブー。
しかし一番安い切符なので、新しい町に暗くなって到着するのは、仕方がない。
もちろんラルナカのホテルも決めてないが、何とかなるでしょう。
もしもこのアジア横断旅行のあと、キプロスへ飛ぶのが、神の定めた道ならば。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD