ダマスカスからサービスタクシーでベイルートの空港へ行き、夕方の飛行機で、ラルナカ(キプロス)へ@ダマスカス(シリア)ーベイルート(レバノン)ーラルナカ(キプロス)
「間違いだらけの海外個人旅行」
1999年9月10日、今日はベイルート(レバノン)から東地中海の島キプロスへ飛ぶ。
ところで僕が目を覚ましたのは、レバノンの隣国シリアの首都ダマスカスだ。
今日中に、3か国(シリア、レバノン、キプロス)と旅しなければならない。
でも、一日で3か国旅行程度は、ヨーロッパを旅していれば、よくあること。
一つ思い出すのが、西ドイツから東ドイツに入って、そのままプラハ(チェコスロバキア)へ行ったことかな。
西ベルリン(西ドイツ)のホテルで目を覚まし、東ベルリン(東ドイツ)を歩き、プラハ(チェコスロバキア)を観光した。
この話は、まだドイツが東西に分裂していた時期(1988年)の話だ。
でもね、ベルリンの壁を自分の目で見て、フリードリッヒシュトラッセ駅で、西ベルリンから東ベルリンへ入ったというのは、個人旅行者業界では、ポイントが高いんだよ(笑)。
西ドイツから東ドイツへ、移動してなければ、海外個人旅行者とは言えないんだね。
東南アジア程度をうろうろして、海外旅行のウンチクを語るなんて、素人さんのやること。
でも、ハワイに何回か行っただけで、海外旅行全般を語る人もいるからね(涙)。
素人さんというのは、ホント、「自分が無知であることを知らない」のが、かわいいよ(笑)。
西ドイツ、東ドイツ、チェコスロバキアだと、はっきりと、「一日で3か国」旅をしている。
いまでは、西ドイツと東ドイツは、統一されて、ドイツになった。
チェコスロバキアは分かれてチェコとスロバキアになった。
世界地図は、次々と書き換えられているね、
そうそう、僕がリヒテンシュタインへ旅したときは、一日でオーストリアからリヒテンシュタインへ行って、リヒテンシュタインを歩いて、スイスへ抜けた。
それは、「リヒテンシュタイン旅行記」に書いてあるので、興味がある人は読んでね。
一日で3か国旅行なんか、やろうと思えば、誰でも出来ることだ。
世界旅行者の僕なんかになると、一日で4カ国旅行をしている。
アムステルダム(オランダ)の宿で目を覚まし、ブリュッセル(ベルギー)を歩いて小便小僧を見てルクセンブルク(ルクセンブルク)を歩き、そして、ストラスブール(フランス)で宿を取る
4カ国旅行といっても、ただ通過するだけではなくて、その町を自分の足で歩いていることが重要ね。
一日で4か国旅行も、鉄道時刻表とにらめっこをすれば、いまでもできると思うよ。
ただ最近のヨーロッパでは、鉄道が高速になって、逆にバックパッカーには使い辛くなった面もあるけどね。
だから、1999年9月10日に、ダマスカスの宿で目覚めても、特に一日で3か国旅をするという意識はなかった。
書いてるいま、「そういえば、この日は一日で3か国旅したんだなー」と思っただけだ。
さて、今日キプロスへ行くからって、急ぐ必要はない。
ダマスカスからベイルートまで、サービスタクシーで3時間(タクシーをチャーターして空港へ直行すればもっと速い)。
ベイルートからキプロスのラルナカへは、飛行機でたったの30分だ。
しかもフライトは、夕方の5時半。
午前中の時間の潰し方に困るくらい、たっぷり余裕がある。
ただ僕は、ダマスカスにも飽きているので、とっとと移動することにした。
なにしろ今日は、シリアからレバノンの陸路国境越えがあるからね。
泊まっていたバラダホテルを出たのが、午前8時15分。
スルタンホテルに寄って、昨日借り出していた日本の文庫本を返却する。
そのまま、サービスタクシー乗り場へ。
今日はベイルートまでだから、スムースに、乗り合いタクシーが埋まる。
僕の隣には、建築家が座って、2人で雑談をしていく。
彼の話では、「シリアは金曜日が休日で、レバノンは日曜が休み」とのこと。
そういえば、今日1999年9月10日は、金曜日だよ。
シリアの休日。
休日だと、まさか国境が閉じているなんてことはないだろうかと、一瞬ゾッとする。
しかしそういうことはなく、ただ、移動する人が少し多いだけのようだ、
サービスタクシーは、ベイルートのタクシー乗り場を、午前8時45分に出発。
9時25分から35分、シリア川の出国手続き。
今日は休日のせいか、車が多く、渋滞していた。
途中でパスポートの確認があり、シリアの出国スタンプを見せて、すんなり通過したのが9時40分。
9時46分に、レバノン側の入国審査があるが、車が渋滞しているので、車を降りてオフィスへ。
今日は、国境が混雑しているので、両替屋が声をかけてきた。
僕の手続きは簡単に終わったが、誰かが引っかかって、時間がかかった。
乗客にロシア人がいて、キリル文字のペーパーバックを読んでいたので、暇つぶしに話しかける。
彼はロシア人のビジネスマン、読んでいるペーパーバックはKGBが主人公のスパイ小説だそうだ。
中東の気候に着いて話をしたら、「ウラル山脈よりいい」とのこと。
彼は長身ではなかったが、ただのビジネスマンにしては、筋肉モリモリだったので、僕は本物のスパイだったと思っている。
10時24分、乗客がタクシーに再度乗り込んで、ベイルートへ出発。
この日は、交通渋滞が目についた。
11時35分に、ベイルート市内で交通渋滞に巻き込まれた。
このあと、街中で乗客を次々と降ろして、「CHARLES HELOU」のバスターミナルへ到着したのは、僕一人だった。
バスターミナルから1人でタクシーに乗って、15000レバノンポンド(10ドル)で、空港へ。
空港がどこにあるのか調べてなかったので、これはボッタクラレていると思う。
空港に着いたのが、まだ正午をちょっとすぎたくらい。
しかし、「世界旅行主義」として、「空港へ行くのは早ければ早いほどいい」というものがあるからね。
シリアのダマスカスも、レバノンのベイルートも、時間をつぶすところがないし、景色がいいところもない。
空港で本でも読んでいた方が安全確実だよ。
というわけで、「Newsweek」(5000レバノンポンド/400円程度)。
手持ちのレバノンポンドが多かったのか、時間潰しに、絵葉書を買ったりした。
チェックインカウンターは、「MEA(Middle East Airlines)ならどこでもいい」という話で、とっととチェックインする。
免税店を冷やかして歩くと、ジョニ赤があったので、うっかり購入してしまう(6ドル)。
僕が乗るのはME261便。
僕のノートにわざわざ、「ME261 / SEAT 22K / GATE 09 / BOADING 16H55 / DEPART 17H30 / NO SMOKING」と書いてある。
飛行機を待ちくたびれて、あんまり意味のないことをしていたわけだ(笑)。
MEAの航空券の注意書きに、リコンファームの注意があったので、それを書き写した。
「KINDLY RECONFIRM YOUR RESERVATION BETWEEN 10 AND 3 DAYS BEFORE DATE OF DEPARTURE TO GURANTEE YOUR SEAT」
「リコンファームは、出発の10日から3日前にお願いします」という記載をわざわざメモした。
これは、海外個人旅行者の定番質問のに、「リコンファーム(予約の再確認)は、3日前までにするということですが、一ヶ月前じゃダメですか」というものがある。
予約の再確認とは、確実に乗るという意思表示だから、1か月も前に再確認しても意味がない。
航空券にはっきり書いてあったのを見つけたのは、これが最初だったので、わざわざ書き写したわけだ。
でも、このすべては、暇つぶしのため(笑)だったけどね。
夕方に新しい町へ着くのは、出来るだけ避けた方がいい。
でも、飛行機の時間がそうなっているなら仕方がない。
少しでも早く空港から町へ出ようと、バックパックを預けずに、手荷物で機内に持ち込んだ、
しかし、飛行機の出発が30分遅れる(涙)。
ベイルートからキプロスのラルナカへの飛行時間は、たったの27分。
到着は、18時48分。
乗客が一斉に入国審査の列に並ぶ。
入国審査では、EUの入国カウンターが多くて、EU以外のカウンターはものすごい混雑だ。
キプロスは、2004年にEUに加盟したが、それ以前の1999年は、EU加盟に一生懸命努力していたんだろうね。
EU加盟国の入国審査が終わって、他のカウンターを一般客に開放する。
明るいうちにラルナカへ行くのは無理だと諦めて、観察する。
ここは、怪しい人たちが多いね。
英語のしゃべれない中国人が10人ほど並んでいる。
服装から見ても、お金はなさそうだし、もちろんリゾート客ではない。
キプロスに来る理由はなんだろう。
多分、ヨーロッパ諸国への移動のワンステップなんだろうね。
やっと僕の番が来た。
日本人だし、観光客なので、カンタンに入国できると思った。
しかし、僕は泊まるホテルが決まってない。
入国審査で、ホテルを決めろといわれる。
確かに、知らない場所に来て、暗くなるのにホテルも決まってないのは、問題だ。
「あそこで決めろ」と指示された先には、ホテル案内所がありました(笑)。
さて、ホテルは見つかるのか?
見つかるに決まってるわけだが。
今日は書き疲れたので、この辺で終わり。
次は、ラルナカの宿を決めて、ホテルにチェックインして、イラクから来た謎の日本人との遭遇を語ります。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD