僕が鳴沙山(Mingshashan)に登った理由@敦煌/甘粛省/中国

【鳴沙山にて】
入場料を払って、鳴沙山に入れば、そこは砂の山だ。
歩きにくいが、みんなが行く方向に歩いていく。

特にツアーの仲間と一緒と意識したわけではないが、右前方に見える建物へ向かって歩くと、自然と同じコースになる。
左手の砂の山には、登っている人たちがいる。

僕1人ならばもちろん、「砂の山に登ったところで何があるわけでもない。疲れるだけ」と、下から見上げただけで、オワリにするだろう。
ところが、敦煌ツアーのマイクロバスで一緒に来た人たちが登りだす。

一人で下にいても、何かさびしい。
一緒に行きたくなる。

このとき、欧米人の若者のように、元気のいい人間ばかりだったら僕はとてもとてもかなわないので、一緒に行くことは諦めただろう。
ところが、普通の日本人というのは、まず体力がない(涙)。

一緒のツアーグループのエリートサラリーマンの1人は、見るからにメタボ傾向だ。
とにかくちょっと登ったら休みを繰り返している。

また、日本人のピチピチヤングギャルは、ショートパンツとティーシャツ姿。
お尻を突き出して、あえぎあえぎ登っている。

自慢ではないが、僕は、歳は取っている。
が、歳の割には、なぜか体力があるんだ。
というのは、僕は国立競技場のトレーニングセンターで、長年トレーニングに通ってたからね。
学生時代は重量挙げをしていたし。

「いまからなら、先に上っていった連中に追いつけるなー!」と考える。
そこで、とにかく追いかけて砂山を登った。

サラリーマンの1人は、これは軽く追い抜いた。
しかし、急に体力がなくなったのを感じる。

夕方ビールを飲んでいたのがこたえたよ。
最初は調子がよかったが、すぐに足が上がらなくなった。

普通ならば、ここで「やーめた!」と諦める。
だって、僕はなんでも諦めるのだけは上手なんだ。

ところが、目の前に、若い女の子のお尻があった。
普通、日本国内で女の子のお尻をじーっと眺めていたら、変態として通報/逮捕されるだろう。

しかしここは、鳴沙山に登る途中の坂だ。
だれだって、あえぎながら登っていたら、誰がお尻を見ているかなんて、考える余裕はない。

【鳴沙山の上から月牙泉を見る】
つまり僕は、女の子のお尻を、じっくり見ても、誰からも非難されない、一生に一度あるかないかの有利な立場を手に入れた。
だから、僕はお尻を追いかけ続けた。

前には若い女の子のお尻が動いている。
下には、サラリーマンがあえぎながら上ってくる。

僕は僕の下を登ってくる男性よりは、まだ体力があると簡単にわかった。
ゆっくりと登っても誰にも迷惑がかからない。

僕は鳴沙山に登るのを途中でやめる理由がなくなってしまったわけだ。
旅行の神が「世界旅行者よ。鳴沙山に登れ!」と、女の子のお尻を目の前において、僕を導いてくれたってことだよね。

さらにおまけとして、僕よりも明らかに体力のない男性が、僕の後ろにいる。
エリートサラリーマンは、体力の限界に挑戦して、僕のあとから諦めずに登ってくる。

さすが日本のエリートサラリーマンだよ。
こつこつと努力する習慣が、その身体に染み込んでいる。

僕が人生で失敗をした理由は、いろいろある。
が、いま思い返すと、自分から努力をしようと思わなかったんだよ。

僕は、「努力をしなければならないような人間は二流だ」と考えてたんだから(涙)。
もちろん僕も、この鳴沙山のように、「目の前には若い女の子のお尻がある」という状況が整えば、努力をしてもいいんだけどね。

まあ、人生は、そんな風にうまくは出来ていない。
それがやっと最近になって、わかってきた。

僕の旅行記を読んでいる、若い人に言っておきたい。
「とにかく努力を怠らないこと」これが大事だよ。

【鳴沙山と月牙泉をあとにして】
努力を積み重ねるキモチがあれば、女の子のお尻がなくても、いつか鳴沙山には登れるのだから。
そして、鳴沙山の上に達した。
鳴沙山の上から、下を見ると、月牙泉と楼閣が見える。
僕は、ここへ導いた神に、祈りをささげた。
【旅行哲学】人生で一番大切なのは、絶えず努力をすることだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx