『チベットツアーを申し込んで、成都を毛主席像まで歩き、川沿いの公園で楽しむ中国人民を見て、早くベッドに入る』@成都/四川省

【SPICEGIRL CLUB@CHENGDU】
成都に今朝午前8時に着いて、タクシーで交通飯店へ、ホテルの旅行会社で、翌朝出発のラサツアーに申し込んだ。
まだ午前中なので、これから成都観光をすれば、無駄のない、充実した一日になる。
僕は、成都についてほとんど知らない。
パンダがいるらしいが、僕は動物にはほとんど興味がない。
こういう時は、世界中どこでも、町を歩いてみるのがいい。
ホテルの部屋にあった「成都新図」を見ると、成都の中心に広場があって、毛沢東の像がある。
どうやらそこが町の中心らしいので、ちょっと歩いてみましょう。
海外個人旅行の大原則は、「新しい町へ来たら、とにかく歩き回る」ってことだからね。

1人勢いよくホテルを飛び出して、早足でぐるぐるんと、すたすたすたっと、ずんずんずんっと、成都の町を歩いて回った。
いろんなものをみたよ。
まず、普通の歩道で、麻雀をしているお姉さんたちを見た。
思わず写真を撮った。

【麻雀をするお姉さんたち@成都】
さらに進むと、町の中心ぽくなって、大きな歩道橋を渡った。
歩道橋の上には、身体障害者の物乞いの人がいて、ちょっと悲しくなった。
そのまま町の中心部へまで歩いて行くと、広場に出て、毛主席像をみつける。
ところが、毛主席像の写真を撮り忘れたようだ。
来たときとは別の道を通って、交通飯店へと戻る。
途中で「スパイスガールクラブ」の看板を見たので、写真を撮りました(ページトップの写真です)。
交通飯店の向こう岸の川端の公園では、いろんなゲームをしている人を発見。
なにをやっているのか興味を持って、見て回った。
中国象棋をしているテーブルが多かったが、始めてみるカードゲームもあった。
女性だけが集まって、細長い短冊のようなものを使ったカードゲームとかね。
中国では、公園でいろんな活動をしているのがいいね。
日本では、早朝に集まって体操をする人たちはいるが、公園にテーブルと椅子を出して、ゲームをやる人はいないだろう。
日本では公園でゲームをしたりするのは、禁止されているのかもしれない。
そうでなくても、一緒にゲームをするような人間関係が存在しないのだろう。

中国の人は、集まって何かをするのが特徴だ。
今回の旅では、北京の天壇公園で、音楽に合わせて踊っている人たちがいた。
2006年に桂林へ行ったときは、川沿いの公園で、社交ダンスの練習している人たちがいたよ。
中国の人たちが公園で集まって、太極拳をしているのにまざって、毎日太極拳をして過ごしたという日本人旅行者も知っている。
ちょっと中国語ができたら、ゲームに混ぜてもらうのもいいかもしれないね。
と考えながら、交通飯店の通りに戻ってきた。
交通飯店の近くにはバスターミナルがあって、商店がいろいろ入っていた。
バスターミナルの中の売店で、長城ワイン(40元)を購入してホテルへ戻る。
レストランで一人夕食を取る。
スープヌードル、カレー味牛肉、白飯、チンタオビールで、20元。
歩き回って、お腹がすいていたせいか、とてもおいしかった。
正直、レストランがおいしいというだけで、ラサへの切符が取れなくても、交通飯店にいてもいいと思った。

【長城ワイン@交通飯店412号室】
外見さんと一緒に午後7時に旅行代理店へ行ったら、僕の予想通り、明日ラサへ飛べることになっていた。
しかし、明朝午前5時に、ホテルのロビーへ集合しなければならない。
ちょっと早すぎるので、とっとと部屋に戻って、寝ることにする。
僕の中で、チベットのラサへ行って、ポタラ宮を見ることが、いつのまにか「大目標」になっている。
思った以上に順調に、ここまできている。
明日無事にラサまで飛べれば、そして事故なく着陸すれば、そこは世界中の旅人の憧れ、チベットだよ。
明朝5時にロビー集合ということは、4時には起きたい。
日記もつけなければならないし、1人でワインを飲んで、本でも読んで眠りたい。
明日に備えてゆっくりと寝ることに決める。
その前に、長城ワインを飲んで、目覚まし時計をかける。
念のために、4階の受付嬢に朝4時半にウェークアップコールを頼んだ。
午後9時にベッドに入ったが、本を読んだりして時間を潰し、眠りに着いたのは、午後10時になる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx