『成都駅から交通飯店へタクシーで移動し、すぐにラサツアーの申し込みをする。神の導きを信じることが旅人の定めだ』

【僕たちが泊まった、有名なバックパッカー宿・交通飯店@成都】
1999年7月24日(土曜日)朝8時、T7次列車は、小雨にけむる成都駅に到着する。
北京西駅から一緒に2泊3日の鉄道旅行をしてきた、美人有名女子大生「外見純子」嬢と、駅の外に出て、交通飯店へのバスを捜す。
「成都へ行けば交通飯店」が、このころの海外個人旅行の定番だったんだよ。
交通飯店に行けば、そこにはラサへのツアーを手配してくれる旅行代理店があるので、バックパッカーが集まっている。
(いまは変わってますが)北京ならば京華飯店、上海ならば浦江飯店、成都ならば交通飯店、昆明ならば昆湖飯店みたいなものかな。
結局、海外個人旅行なんて、移動と宿のポイントさえつかめば単純明快、とっても簡単なことなんだよ(笑)。
アーミージャケットのポケットから「Lonely Planet」をサッと取り出して、成都の項目をぺラッと開いて、チラリと読んで、スカッと理解する。
「交通飯店へは16番のバスに乗れ」と、英語で書いてある。
駅前のマイクロバスの中から、16番を見つけて、とっとと乗り込む。
ただ、運転手と言葉が通じず、料金も確認できず、わけがわからない。
これを書いていて気が付いたんだけれど、僕が持っているガイドブックは、「Lonely Planet China」。
英語のガイドブックなので、目的地の「交通飯店」は、ただ英語直訳の「TRAFFIC HOTEL」とあるだけ。
中国の発音らしいものが書いてあれば、理解してくれたんだと思うけどね。
それとも、僕が成都の町の構造を理解していれば、問題なかった(成都の町の構造は、単純明快なんだ)。
なんとなく他のバスに乗れと言われている気がする。
雨も降ってるし、ここでは海外個人旅行者の王道から外れるが、タクシーを捕まえる。
タクシーの運ちゃんは、外国人旅行者を扱いなれているようで、「TRAFFIC HOTEL」を理解する。
運転手の隣の席に僕が座る(これは、変なことをしたら、ただじゃすまないというサイン)。
と、ドライバーは、なぜか僕にタバコをくれる。
これは日本でも、昔は、知らない人同士が仲良くなるための、定番の儀式だった。
タバコを吸わない僕も、人間関係をよくするために、タバコを受け取る(僕はもともとタバコが吸えない)。
すると運転手さんが、タバコに火をつけてくれる。
礼儀として、格好だけタバコをふかす。
外見嬢は後ろの席へ。
運転手さんの片言の日本語と手振りで、会話らしきものをしている。
互いに緊張していたのかな、変に饒舌なドライバーだった。
僕が日本から来たと言う。
すると、「ジャパニーズ、バカヤロー!」と叫んだ。
悪意があるようには見えなかったので、多分、「日本人はバカヤローと言う」と、思い込んでたんだろうね。
僕も、北京の京華飯店のチェックアウトのとき、「バカヤロー」と叫んだばかりだし(笑)
適当な話をしながら、誤魔化されないようにルートを地図でチェックしている。
すると(と言っても成都駅から交通飯店へは一直線なので間違うことはない)、交通飯店へ無事到着。
交通飯店にチェックインする前に、すぐにラサへのツアーの事を調べる。
交通飯店の正面入り口を入ったところの両側と、突き当たった奥に旅行代理店があった。
気の弱そうな白人男性がロビーに突っ立っていたので、「ラサへのツアーは、どこで申し込んだらいいの?」と聞く。
「どこでも値段は一緒だけれど、今日来たのなら、明日飛ぶのは無理だよ。僕は明日行くけどね」との答えが返る。
ふーん、今日来て明日飛ぶのは、無理ってわけね…、確かに普通ならそうかもしれないよね。
しかし、「普通では無理でも、この世界旅行者先生様ならば、絶対に明日飛べるはずだ」と、僕は考えるわけなんだ。
だって、僕がアジア横断旅行に出たのも、ラサへ行こうとしているのも、僕の意思ではない。
僕は、いろんなところで神のお告げを聞き、その通りに動いているだけなのだから。
このホテルでラサツアーの手配ができることを確認して(交通飯店でラサツアーの手配ができないなら、ここに泊まる意味がない)、ホテルにチェックインする。
僕は412号室のツイン(200元/3千円)に独りで入り、外見さんは319号のドミ(相部屋/40元)に入る(プラス、キーデポジットが10元)。
荷物を部屋において、また2人で旅行代理店へ行って、ラサツアーの詳しい話を聞く。
旅行代理店で聞くと、ツアーにはいろんなコースがある。
多いのが、成都からラサへの往復切符を使うツアー。
でも僕は、ラサへ行ったら、成都へは戻らず、多分、ゴルムドから敦煌へ向かうと思う。
一番安いのが、このコースらしい。
「成都からラサへの片道航空運賃、ラサからゴルムドまでのバス料金、ラサの三泊のホテル代、3日間のラサ観光(もちろんチベットへ入る許可証を含んで)で3000元」
一元がこの時期14円として、4万2千円!。
高いね…(涙)。
金持ちの友人が以前、個人でチベット旅行の手配をして軽く百万円かかったという話を、東京で聞いたばかり。
それに比べれば、ラサへ4万円ちょっとで飛べて観光できるなら、メチャ高くはないと思うのだが…。
チベットでは時々チベット独立運動、中国の弾圧に反対する暴動やデモが起こる。
中国政府は、何か騒動がおきると、突然チベットへの外国人旅行者の立ち入りを禁止したりする。
これからもチベット独立運動がなくなることはない。
おそらくは、中国の各地域の独立運動は、さらに激しくなることだろう。
世の中は、いつ、どんなに、どう転ぶかわからないものだ。
人間の寿命もわからない(いつ死んでしまうか、誰にもわからない)。
ということは、行けるときに行っておかないと、一生ポタラ宮を実際に自分の目で見れないままになるかもしれないね。
今、目の前に神が示してくださったこのチャンスは逃してはいけない。
そんな失礼なことをしたら、神罰が下ることだろう。
神の導きを信じることが、旅人の定めだ。
もともと、チベットへ行く気持ちなどほとんどなくてこの旅に出たのに、途中でいろいろな情報が入って、案外簡単に行けるのだと気がついた。
こういう時は、海外旅行の神様が世界旅行者を導いているのだから、今は迷いを捨てて、ただその流れに乗ればいい。
ラサツアーに申し込むにはパスポートのコピーが必要。
旅行会社に、コピー機のある場所の地図を書いてもらって、外見嬢と成都の町へ歩く。
この時代の中国では、コピー屋さんが商売になっていたようだ。
コピー屋さんで、パスポートのコピーをとると、1枚が5角(7円)だった。
急いで戻って、ラサツアーの申込書を提出する。
明日出発できるかどうかは、今日の午後7時ごろにわかるそうだ。
大丈夫、神に愛されている世界旅行者は、必ず、明日飛ぶことになる。
明日出発するならば、成都へいられるのは今日一日だけ。
僕は、2泊3日の夜行寝台列車に揺られて成都へついたばかり。
明日くらいゆっくりと休んで、成都見物でもして、ラサへ行くのは明後日にしたいんだけどね。
でも、目の前にチャンスが現れるということは、それを逃してはいけない。
成都で2泊して身体を休めるよりも、「予約なしに成都へ着いて、すぐに申し込んで、翌日ラサへ入った」という方が、旅行の話としては、絶対に面白い。
世界旅行者としては、予約無しに成都へ来て翌朝飛ぶことが、他の旅行者諸君と明確に差別化できるチャンスなんだ。
とにかく、北京から2泊3日の寝台車で成都に着き、タクシーで交通飯店に乗り付け、明日のラサツアーの申し込みをした。
次にすることは…っと、とにかく成都を歩かなければね。
でもその前に、することがある。
ビールでも飲みましょうかねっ(笑)!
旅先で、朝から飲むビールほどおいしいものはない。
交通飯店のレストランで出すビールは、BLUE SWORD BEER。
620MLの瓶ビールで、アルコールは3.4パーセント、レストランでの値段は4元でした。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx