『成都からラサへの移動の詳細。中国語を話す日本女性美女軍団。空港からラサの町へ入って、ポタラ宮を望む』@ラサ/チベット

【ポタラ宮の遠望@】
1999年7月25日。
燕京号で神戸を出たのが7月16日だから、まだ10日もたっていない。
憧れのラサへ飛ぶというので、前日午後10時ごろに寝たのに、午前0時過ぎ、午前3時に目が覚めた。
午前3時45分に起き出して、トイレに行って、荷物をまとめ始める。
自分の目覚まし時計が4時に鳴り、ウエークアップコールがちゃんと4時半にかかってくるのを確認した。
午前5時に交通飯店の一階に降りると、人がロビーからあふれるほどに立っている。
これが全部、ラサ行きのツアー参加者だ。
外見嬢が見当たらないので、彼女の部屋へ行って声をかけて、起こしてあげる。
彼女はまだ寝ていたようだったが、支度は済ませていたみたいで、すぐに降りてきた。
昨日「明日飛ぶのは無理」とアドバイスをくれた白人男性に声をかける。
「ホラ、僕はキミと一緒に飛ぶことになったよ(笑)」と挨拶する。
まだ真っ暗な中を、中型バスに乗り込む。
空港へ行くバスには、イヤに若い女の子が多くて、中国語で話をしている。
僕は純子さんに「今は中国人学生も夏休みだから、ラサへ行く人が多いんだねー。日本人は少ないね」と大きな日本語で話しかける。
日本人がいないと思ったので、「中国人の女の子も、最近はかわいくなったね。日本人みたいだ」と、話をする。
「日本人は少ないんだねー」と大声で話をしていると、「私は日本人ですよ」と返事をしてくれた女性がいた。
実は、日本語で話をしていたのは、誰か日本人を捜すためでもあったわけだ。
彼女は日本の美術の先生で、同じツアーでも、成都からラサへの往復とも飛行機を使うことになっていた。
その帰りの切符、ラサから成都への航空券をガイドから取り上げる手伝いをしてあげた。
自分のバスの切符(ラサからゴルムド)をもらおうとしたら、それはラサで渡す、と断られる。
知らない町へ移動するときは、とにかく、いろいろ情報を交換したり、助け合うためも、何か交渉するためにも、たくさんの人と知り合っていた方がいい。
仲間を作って、一緒に行動した方が安全なんだよ。
これは、海外個人旅行の大原則なので、メモっておいてね。
日本で人と知り合っても、ほとんどは何の役にも立たないばかりか、ただ面倒なことが多い。
海外個人旅行をしているときに人と知り合う場合は、その人間関係は必ず役に立つ。
海外個人旅行者は、とにかく愛想がいいのが特徴だ。
この同じバスに乗って中国語で話をしていた女の子たちは、実は、ほとんどが日本人だった(驚)。
日本人だが中国への留学生なので、中国語でしゃべってたみたいだ。
バスは高速道路をひた走り、空港へ着いて、ツアー料金に追加して、さらに空港税50元をぼったくられる。
中国西南航空のラサへの航空機はエアバスA340−300という機体で、新しくていい感じだ。
航空券の券面をチェックすると、成都からラサへの片道航空券の値段は1200元となっている。
片道しか飛行機を使わないツアーが3000元というのは、これはメチャぼったくってるよね。
でもまあ、中国って、ホント、ぼったくるところだから…。
実際このツアーは、ラサからゴルムドへのバス料金220元が含まれていたのだが、僕がどんなに言っても、バスの切符を渡してくれず、誤魔化されてしまった(涙)。
機内ではちゃんと洋風の軽い朝食も出てくるが、それに加えて饅頭と鳥の唐揚げ2個があるのが中国風だね♪
僕は昨夜の飲み残しの長城ワインをペットボトルに詰めてきたので、唐揚げをつまみにして機内で飲み干してしまう。
6時40分に出発して、午前9時にはラサの空港へ到着。
空港から中型のバスに乗る。
最初は、バスの屋根に荷物を置くタイプのオンボロバスだったが、別の少しまともなバスに変更になった。
バスを乗り換えたりして、結構バタバタして、それでも午前9時半には、空港を出る。
もちろんこのバスの料金はツアーに含まれている。
標高が高いせいか、土がむき出しの山が見える。
変化のない風景を見ながら、空港からラサの町まで、2時間かかった。
町に入っても、普通の中国風の町並みで、チベットに来たという感じはしない。
これは中国人地区らしくて、それを過ぎると、チベット人地区に入る。
チベット風建築が並んでいて、チベットへ来たという感じがする。
バスの窓から、ポタラ宮が見えるしね。
このバスが「TASHT TARGAY HOTEL」に着いて、そのロビーで各人の部屋割りが発表される。
一応ツアーというタテマエなので、ラサの宿と観光はセットになっているわけだ。
ただ、宿がどんなところか考えてない。
ラサの宿は自分で探して泊まるつもりで、ツアーのホテルがどういうところか、全く気にしてなかった。
ツアーのホテルがまともならば、そこに泊まって全く問題がないわけだが。
ツアーにはもちろんこのホテルの宿泊代3日分も含まれている。
名前を呼ばれて、部屋の番号が告げられる。
僕は310号室。
フロントで聞くと、310号室は僕だけで、相部屋ではないらしい。
一緒に旅している美人女子大生の外見純子さんとは別の部屋だ。
中国では結婚していない男女が同室に泊まることはないらしい(?)からだろうか。
割り当てられた僕の部屋の窓からは、見事にポタラ宮も見えて、なかなかいい感じ。
部屋はまあまあだが、トイレとシャワーは共同だ。
だが、共同トイレが中国式で、つまりウンコをするのが見えてしまう…。
これでは落ち着いてトイレができない。
最初の予定通り、外へホテルを捜しに出る。
バックパックを背負って、フロントに部屋の鍵を戻し、泊まらないことを告げる。
ロビーに出ると、さっき知り合った美術教師の女性とばったり会った。
バックパッカーが泊まるホテルはいくつか定番があるので、声をかけて、一緒にホテル探しに出かけました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx