バスターミナルへ行って、ゴルムド行きのバスを確認し、郵便局で、絵はがきを19枚書いて出す。@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

【これは、ポタラ宮】
1999年7月28日、成都からの飛行機でラサへ来て4日目。
昨日で、3日間の名目だけのツアーに含まれていた観光地めぐりは終了した。
1日目が、ただ空港からホテルへの移動(このホテルの部屋は3日分あったが、僕は移動して、個人で宿を取った)。
2日目は、午前中にポタラ宮を見ただけ。
3日目は、午前中にデプン寺を見て(行く予定だったセラ寺は中止)、午後はノルブリンカを見て、土産物屋に寄って、ツアーは終わり。
4日目のこれからは、自由行動だ(最初からラサ市内ツアーに参加しなくて一向に構わないが…)。
とにかく、もう一度バスターミナルへ行ってみることにした。
ラサからゴルムドへバスで抜けるのは、話としては魅力的だからね。
地図を見ると、ゴルムドへ出さえすれば、敦煌へのルートがありそうだし。
敦煌へ出れば、あとはトルファン、ウルムチ、カシュガル(そしてクンジュラブ峠を越えて、フンザへ)と、アジア横断の王道コースをたどれる。
ただ、ラサからゴルムドへのバスが心配なんだよなー。
いまさらこの歳になって、旅行初心者の若者、大学生諸君と、体力で張り合っても無意味だ。
僕の主義は、「とにかく楽に旅をしたい」ってことなんだから。
そういう立場だと、ラサからゴルムドの5000メートルを超える高原を、オンボロバスで突っ走る、そしてバスがいつ壊れるかもわからない、というのはやりたくない。
しかしこの高原をゴルムドまで行くなら、オンボロバスで行かないと、世界旅行者としての話のネタにならない。
いままで散々考えたはずだが、まだ迷っている。

【ポタラ宮】
西安に飛ぶという考え方もあるんだよなー。
西安とは昔の長安のことだから、ここを起点としてシルクロードをたどるのは、筋が通っている。
旅とは人生だとよく言われ、人生は旅に例えられる。
ものごとは、別の見方をすると、すっきりわかりやすくなったりする。
旅のことを人生に置き換えて考えると、理解しやすくなるかもしれない。
最近の読者は知らないと思うが、僕は「世界旅行主義の三位一体理論」を提唱している。
旅行と人生と、もう一つが、一体であるという理論だ。
この理論は、ネットで発表したらバッシングを受けたので、最近はわざわざ書くことはない。
旅は人生だというのは、手垢の付いた、よくある話なので、バッシングを受けることはないだろう。
ここでは誰でも納得するように、旅と人生を考えてみたい。
僕がチベットに来ず、北京から西安へ向かって、そこからシルクロードを旅していったとしたら、それが普通だろうね。
人生に例えれば、高校、大学と順調に卒業して、企業に勤めて、真面目に仕事をして結婚をして、子供を作って、子供を育てるという、真っ当な生き方だ。
しかし僕はチベットに来てしまった。
これは、北京から西安、敦煌という普通の旅行ルートではない。
大学では全く勉強せずに、ユースホステルで国内旅行ばかりをして、留年した。
卒業して企業に勤めても、途中で辞めてしまい、結婚しても離婚して、海外旅行を繰り返していた、誰かの人生にぴったりなんだね。
こういう風に、旅を人生に例えると、わかりやすいでしょ。
一度まともな人生を外れてしまったら、まともな人生をやり直すことは出来ない。
北京から成都、チベットのラサという、横道に逸れてしまったら、いまさら西安へ戻ってやり直そうと考えてはダメだ。
西安へ戻らず、このままチベット高原をオンボロバスで走って、ゴルムドへ行こう。
だってそれが、僕の選んだ道なのだから。
神が僕に与えた、人生なのだから…。
こういうふうに、人生と旅をまとめて一気に考えて、ラサからゴルムドへ行く決心はついた。
ただ、僕は慎重なので、ゴルムドへのバスが出発する時間に、バスターミナルへ行ってみた。
まず、午前7時に宿を出て、タクシーを拾って、バスターミナルへ。
タクシー料金が10元で、7時20分到着。
ちょっと賢そうな中国人女性を選んで、英語で声をかける。
世界中どこでも、教育のある人は英語を話せるので、詳しく説明してもらった。
ゴルムド行きのバスは、午前8時集合、8時半出発。
ゴルムドへは24時間かかる(というのが、タテマエ)。
自分で実際にゴルムド行きのバスをチェックした。
寝台バスで、斜めになった座席が、上下2段になって、左右に2つずつ、4列ある。
バスの出発を見ていると、午前8時31分にちょっと動いて、止まった。
どうやら員数外のコネの乗客を乗せているようだ。
バスのチェックを終えて考えるのは、何とか行けそうだということ。
いろいろ悪い噂を聞いているので、バスが壊れたりすれば、もちろん、もっと時間はかかるだろうが…。
バスターミナルからは、ラサ川(キチュ川)沿いを歩いて、市街へ戻った。
チベットの人たちが、東から西へとぞろぞろ歩きながら、手に持った袋から、草を出しては積み上げていた。
中央郵便局へ歩き、先日宛名だけ書いておいた絵はがきに19枚に、本文を書いて、投函する。
はがきを友達にまとめて出すときの注意がある。
海外から日本へ送る絵はがきに書く本文は、どれも大して違ってはいない。
しかし、同じような内容を書いていくうちに、だんだん面白くなる。
だから、一番親しい友人に出す絵はがきは、最後に書くこと。
最初の文章は、面白くないものだが、十数枚も同じようなことを書いているうちに調子が出てきて、面白くなってくるからね。
ついでに書いておくと、絵はがきには、切手を貼ったあとで、宛名を書いた方がいい。
というのは、切手の大きさというのは様々で、観光客にはきれいで大きな切手をくれたりする。
すると、宛名を書いた後に切手を貼ると、住所の上にかぶさってしまうことがある。
だから、最初に切手を貼って、住所や名前は、あとに書いた方がいいってことね。
バスターミナルでバスを確認して、絵はがきを19枚書いて送った。
次は、ジョカン寺(大昭寺)見物に行きます。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx