『他人の旅行計画を、自分に合わせて決定する』@燕京号(神戸〜天津)


【燕京号はあっさりと神戸港を離れる】

正午になって、出港のセレモニーも、花火の打ち上げも、楽隊の演奏もなく、燕京号はあっけなく岸壁を離れる。
急いで、一番上の甲板に上がって、船がすーっと進んで港を出て行くまで景色を見ていた。

天気もよく、波も静かで、絶好の航海日和だ。

出港を見た後、船内の案内カウンターに行って、天津から北京へのバスについて聞いてみる。
天津の港から北京市内まで直行のバスがあって、料金は日本円で三千円だそうだ。

高速道路を走って、約2時間かかる。
しかし、このバスに乗るためには、通信の関係で、神戸を出港したその日のうちに予約しなければならないとか。

気になるバスの到着時刻は、北京の国際飯店というところに午後6時くらい。
国際飯店というのは、名前から言っても、まともなホテルらしいし、値段も高そうだ。

実は、北京の宿泊場所については、全く決めていない。
「世界旅行者協会」の長老K夫妻が、むかし泊まったホテルを勧めてくれたのだが、そのホテルを調べたら、一泊六千円もする。

以前はもっと安かったらしいのだが、中国の物価が上昇し、しかも通貨「元」が切り下げをしないので、いやに高くなってしまったんだね。
全体的に、「地球の歩き方・中国」で紹介してあるホテルはバックパッカー向きではない。

中国を個人で旅行するときの問題点は、ホテルの値段が高いということなんだよ。
一泊六千円もかけていては、長期個人旅行はできない。 

僕が旅行するときは、原則として、一人で一部屋を取ることにしている。
相部屋やドミトリーをできるだけ避ける。

旅先で、いろいろ考えたり、本を読んだりする「一人きりの夜」というのが、とても大切だと思っているからだ。
もちろん、セキュリティの問題もあるが。

ただし、オーストラリアやニュージーランドになると、バックパッカーズというドミ専用の宿やユースホステルを除くと、ホテル代が馬鹿に高い。
それでこの2カ国は、バックパッカーズやユースで、ドミに泊まりながら旅をしたが、そのせいか、あんまりいい印象がない。

それ以外の国では、ほとんど一人で泊まっている。
だから、僕にとって、中国旅行が気持ちいいかどうかは、ホテルにどのくらいの値段で泊まれるのかということに尽きるんだよね。

さらに、中国のホテルには、一般的には、シングルルームというものがなくて、ダブルルーム(二人部屋、いわゆるツインルームのこと)が普通。
一人で宿泊しても二人でも、料金は変わらない。

だからといって、誰かを見つけて、二人で泊まろうとも、思わない。
知らない人と二人で部屋にいるくらいなら、ドミのほうがずっと気楽なんだから。 

さて、中国旅行の最初の問題点だった、天津から北京へのバスは確認した。
次は、北京の宿をどこにするか、国際飯店からその宿までどうやって行くかということだね。

うーん。
日暮れに北京に到着するということは、あらかじめホテルを決めておく必要がある。

これが、ヨーロッパなんかなら、駅前などに安宿街というのがあるもの。
ホテル案内所や案内板がきっちりしているので、ちょっと遅く着いても、問題なくホテルが見つかる。

東南アジアだと、バンコクのカオサン通り、ホーチミンシティのファングーラオ通り、シェムリアップの6号線安宿街がある。
北京にはそういう安宿街というものが存在しないのだ。

ところで、他の旅行者の皆さんは、どんなホテルに泊まるんだろう?
バックパッカーの泊まるホテルというのは、各都市に数個、だいたい決まっているものなんだが。 

燕京号の案内所前のホールは吹き抜けになっている。
その一階、二階には、テーブルが置いてあり、休息したり、本を読んだりできるスペースがある。

そこらへんで、誰かつかまえて、聞いてみようーっと。
階段を上って見まわすと、乗船前に僕と写真を取りあった日本女性が、一人で座って本を読んでいるのを見つけた。

話しかけて、今入手したばかりの、天津から北京へのバスの情報を伝える。
旅先では情報をもらうためには、まず情報を出さなければならない。

そして、「北京のホテルは高いみたいですねー。北京はどこに泊まるんですか?」と聞く。
彼女は京華飯店というところに泊まるのだが、ここはバックパッカー用のドミトリーなんだとか。

ドミトリーでは僕の希望には合わないが、でも、最初の一泊だけならば、それでもいいだろう。
嫌なら、翌朝に、適当なホテルを見つけて、移動してしまえばいいだけだからね。

即座に、自分も京華飯店に泊まることに決める。
そして「僕も京華飯店に泊まりますから、僕と一緒に行けばいいよ」と、勝手に結論を下す。

「天津から北京へは他の交通手段もあるだろうけれど、旅行の基本は、まず最初の一日を無事に過ごすということなんだから、少々高くても、この北京への直行バスがいいです。それから、京華飯店へは、タクシーに乗るのが安全です。あとで一緒に、バスの予約をしましょう!」と決定してしまった。

さらに、男の学生を一人見つけた。
彼にも、一緒にバスの予約をして、一緒にタクシーで京華飯店へ行くことを押し付ける。

さっきの女の子のところへ戻ると、別の女の子と一緒に話をしている。
その女の子もどこに泊まるか決めてないらしいので、「それじゃあ、みんなで京華飯店に行こうよ!」と、決定してあげる。

これで、女の子2人、男子学生一人、それと僕の4人を揃えた。
いっしょにまとまって、案内カウンターで、北京へのバスを申し込む。

僕は、船が港を離れるか離れないかという短い時間に、天津から北京に直行バスで行き、タクシーに乗ってホテルへ着き、北京のホテルに一泊するまでの計画を立ててしまったんだね。
そればかりか、他の旅行者の旅行計画も決めてあげた。

僕が他人の旅行計画を決めてあげたのは、もちろん、親切なんかじゃない。
もちろん、僕自身が最初の一日を無事に過ごすためだよ。

僕はもともと、少々金がかかっても、直行バスとタクシーに乗って行こうと思っていた。
他の3人を集めたのは、自分の安全のためと、タクシーに4人で乗って、タクシー代を割り勘にして、安くしようという考えだったんだね。 

でも、逆に考えてみると、単に、安易に、他人の旅行計画にくっついてしまっただけ、とも言えるかもしれない。
第一、聞いたこともないホテルに泊まると、そんなに簡単に決めていいのだろうか?

決めていい。

実は、世界旅行者である僕の旅行は、常に神に見守られている。
旅先で、あるホテルの名前が出てきたら、そこに泊まれと神が僕に示している。

でも、他人の旅行計画をまるで自分のものであるかのように、取り込んで、自分のものにしてしまう。
変わった旅行だ。

いいかげんな旅行だ…。
しかし、これこそが、知る人ぞ知る、旅行情報なしに流れるままに旅をする、高度なテクニック「コバンザメ式旅行法」なのだ。

読者は、僕の旅行がほとんどすべて、このコバンザメで成立していることを知って、驚愕することになるだろう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx