ベゼクリク千仏洞(Bezeklik Thousand Buddha Caves)では、日本語ぺらぺらの有名なウィグル人と会いました。@ベゼクリク千仏洞/トルファン/中国

【ベゼクリク千仏洞(Bezeklik Thousand Buddha Caves)】
蘇公塔を出た我らCITSトルファン1日ツアーの一行が次に向かうのが、「ベゼクリク千仏洞」だ。
これはかなり期待するよね。

というのは、たいていの人はトルファンにくる前に敦煌へ行ってるものだし。
敦煌へ行けば、莫高窟は見ている。

莫高窟を見ていれば、ベゼクリク千仏洞とはどういうものか見て、比較したいと考えるだろう。
しかし、あわててはいけない。

ツアーバスはその前に、わけのわからない変なテーマパークみたいなものの前に停まった。
これはどうやら、観光客向けに無理矢理に作ったもののようだ。

しかしCITSのツアーバスはここによるのが規則になっているらしい。
多分、この変なものを作ったところから、CITSのエライさんへ裏金が渡っているのだろう。

中国という国は、昔からそういうところなんだよ。
地方の知事などは、もともと国からの俸給というものがなかった。

勝手に税金を取り立てて、中央政府に送る。
その税金の一部(または大部分)を自分の収入にするのが、中国の昔からのシステムなんだ。

ある程度の権力を持った人は、個人で許認可やなんかを勝手にやって自分の収入を増やすのが常識。
昔からの中国の常識だから、トルファンのCITSのエライさんは、不正だともなんとも思っていないはずだ。

ちなみにこのわけのわからない遊園地みたいな場所は入場料がなんと15元もしました。
ただ、興味深くないわけではない(どんなものか見てみたい気もしないことはない)。

中産階級が生まれて旅行がブームになっている中国では、結構訪れる人もいるかもしれないよ。
日本で言えば、全国各地にある「秘宝館」みたいな怪しげなものかな(笑)。

ひょっとしたら、ドラエモンのニセモノがあったかもしれないし。
時間さえあれば、暇つぶしに寄るのも楽しいことでしょう。

旅では「こんなひどいものを見た」というのも、いい話のネタになります。
いま中国へ行く人のほとんどは、ニセモノのテーマパークへ行きたいと思ってるでしょ(笑)。

さて、バックパッカー主体の僕らのツアーは、テーマパークもどきの中には入らない。
でもバスから降ろされるので、風景を眺めたりして、背伸びをしたりして、バスの出発を待つ。
トルファン周辺は、砂漠地帯なので、バスの外に出て、ゆっくりとするだけでも、珍しい経験だ。
入り口付近からの景色は悪くなかった。

次に行くのが「ベゼクリク千仏洞(Bezeklik Thousand Buddha Caves)」だ。
ここはさすが観光地らしく、駐車場が広くて車もたくさん停まっていた。

入場料は20元。
川沿いの谷間に石窟が並んでいる。

残念ながら、ほとんどは石窟の内部が破壊されていた。
特にめぼしい仏像もなく、壁画もほとんど見えない。

イスラムがこの地域に入ったあとで、石窟の仏像仏画を破壊したようだ。
仏像の顔を削ったり、壁画を剥がしたりしたとか。

ということは、アフガニスタンのバーミヤン大仏をタリバンが破壊したのは、少しも不思議ではない。
いくら「イスラムは平和な宗教だ」と弁明しても、イスラム教にはそういう性質があるんでしょう。

石窟自体はつまらなかったが、しかし石窟が並ぶ谷間はとても雄大だった。
天気もよかったし、ここらをのんびり、ぶらぶら歩くとキモチがいい。
もっとよかったのは、莫高窟みたいに特別窟を作って、ボッタクったりしてないところかな。
もちろん、莫高窟の場合は、きれいな壁画があるから特別料金を取るんでしょうが。

時間を見計らって、駐車場のマイクロバスに戻る。
すると、日本語ぺらぺらのウィグル人が話しかけてきた。

彼は自分で勝手に日本語の名前をつけていた。
そして「○○くんと呼んでください」と言っていた。

いまちょっと記録を調べたが、その名前をメモってなかったよ(涙)。
あとで聞いたら、彼はここら辺ではかなりの有名人だということ。

「日本女性を食い物にしている」という評判だ。
このあと、カシュガルへ行ったら、そこで出会った日本女性が、このウィグル人からしつこく迫られたと言ってたよ。
「部屋に押し入られそうになった」と噂していたくらいだからね(涙)。
日本女性は、はっきりとノーが言えないので、世界各地に日本女性専門の現地男性がいるんだ。

とにかく、海外で日本語ぺらぺらの人間から話しかけられたら、付き合わないほうがいいよ。
僕は世界中でこの手の人間には出会ってきているからね。

ツアー仲間が集まるのにちょっと時間がかかった。
次は、玄奘も滞在したという高昌国のあと「高昌故城」へ行きます。

【写真】ベゼクリク千仏洞の前にて(これは歩いている人に声をかけて写真を取ってもらった)
【旅行哲学】トルファンでも日本女性を食い物にする日本語使いを発見した

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD