ベイルート(レバノン)で日本帰国の航空券を捜して回る。@コーニッシュ(Corniche)/ベイルート/レバノン

【ベイルートの海岸沿いの道(Corniche)】
1999年9月6日、僕はレバノンの首都ベイルートに入り、地中海を見た。
もちろん僕は、ヨーロッパからアフリカへ、ジブラルタル海峡をフェリーで越えたことがある。
それ以前にも、バルセロナでスペイン語学校に通っていて、地中海に面したバルセロナ港へは、よく歩いたものだ。
チュニジアのジェルバ島では、リゾートホテルに泊まって、ビーチで泳いでたしね。
だから地中海自体はお馴染みなのだが、僕の1999年の旅の副題が「瀬戸内海から地中海へ」というものだった。
もちろんアジア横断でもよかったのだが、僕は日本人だらけのイスタンブールへ戻りたくなかったんだ。
でも一応建前でもテーマを作ると、それに縛られてしまう。
だから、僕のアジア横断旅行は、燕京号で神戸から天津へ行く時に、瀬戸内海を見たのがスタート。
そして、レバノンのベイルートで、海岸通り(コーニッシュ/CORNICHE)を歩いたことで、旅の終わりとなる。
ところが、旅は、「無事に帰国するまでが旅だ」という考え方もある。
また、読者にとっても、本格的な長期旅行で、旅先からどうやって帰国するのか、切符はどうやって捜したらいいのか、具体的に知りたいこともあるだろう。
僕にとっては、旅行自慢になるわけなので、そこを書いておきます。
もちろん料金や航空会社のルートは、1999年のことですから、あくまでも参考にしてください。
シリアのダマスカスで、軽く旅行代理店を当たって、料金を調べた
その料金は次のとおり。
ダマスカスからパリ(片道) 475ドル。
ダマスカスから東京(片道) 750ドル。
往復で1200ドル。
ダマスカスから北京経由で東京まで(片道)、710ドル。
アテネまで行くと(片道)、270ドル。
ダマスカスでは、あくまでも参考のために聞いて回っただけなので、空席があるかどうかは考えてない。
ベイルートでは、日本へ飛ぶつもりなので、本気で調べてみた。
航空会社、旅行代理店が集まっている「GEFINOR CENTER」で、代理店めぐりをしてみる。
あるエージェントでは、「ベイルートから東京までの片道は、885ドルでマレーシア航空かKLMがあるが、すべて満席」という話。
パリやアテネへ行って、そこで日本帰国の切符を買おうと考えて聞く。
すると、「パリ、キプロス、アテネは、9月半ばまで満席」という。
僕は、いままで世界中で、その場で航空券を買ってきたが、満席で乗れなかったということはない。
これは、ベイルートというどん詰まりの場所だから。
つまり、レバノンは陸路ではシリアへとしか行けない。
だから、一般的には、航空便を使うしか脱出方法はないわけだ。
しかも今日は、9月6日。
夏休みが終わった人たちが一斉に移動しているのだろう。
別のエージェントに当たると、タイ航空で東京までの片道、765ドルがある。
ドバイで乗継があり、ドバイでのホテルも付いているとのこと。
しかし明日9月7日のフライトは満席で、9月8日なら明朝8時半に、席があるかどうかわかる。
この日はここまで調べて、止めにした。
考えることがいろいろとある。
まず、僕の旅行予定だが、もちろん期限はない。
アジア横断を高速でやってしまったので、時間的にも金銭的にも余裕がある。
問題は、ちょっと疲れたってことね。
精神的にも、肉体的にも疲れた。
でもせっかくベイルートまで来ているのだから、日本に帰る途中で、未知の国にストップオーバーするのはいい考えだ。
僕はすでに、長期の世界一周を2回もしているので、たいていの所へは旅している。
旅先から帰国するときは、帰国の飛行ルートを選んで、自分が旅してない国へ立ち寄ることが出来る。
いま候補に上がっているのが、キプロスとドバイだね。
ただ、ドバイは、航空路のハブになっている。
現在では、ドバイ経由でヨーロッパとか、南アメリカとかのルートもたくさんある。
せっかくドバイに行くなら、豪華なトランジットホテルに泊まって、砂漠ツアーに参加するだろう。
でも僕は、今までの旅で、砂漠は飽き飽きするほど見ている。
すると、キプロスへ寄るのがいいんだろうが。
というのは、1996年にヘルシンキから東欧縦断をして、アテネに行った。
アテネからキプロスへ飛ぼうかと考えたのだが、そのときの航空券が、思いがけなく高かったんだよ(7万円程度!)。
もちろん航空券の値段は、時期によって、航空会社によって、大きく違う。
でも、キプロスなんて、日本人がわざわざ行くようなところではない。
アジア横断をして、さらにトッピングとして、キプロスをさりげなく足したら、これは世界旅行者らしいね。
できたら、レバノンから船でキプロスへ行けたら、話のネタになるのだが。
そこで、ベイルートの観光案内所へ行っくと、「キプロスへの船はない!」と冷たく告げられる。
しかし、本当は存在したんだけどね(笑)。
今日はこれで十分。
酒屋へ行って、ベッカー高原ワインを一本(7500ポンド/600円)、と缶ビール(750ポンド/60円)を4個買った。
チキンの丸焼きを売っている店を見つけて、ハーフチキンを購入(4000ポンド/350円)。
これは、チキンもよくふとってたし、ライスも付いて大満足。

【これはダカールのアリババレストランのチキン】
僕は世界中でチキンの丸焼きを食べてきたが、ベイルートのチキンが一番おいしかったです。
ベイルートは特に見るものもないので、明日中に航空券を買うことに決心する。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD