ベイルート(レバノン)で日本帰国の航空券を捜し回って、とにかくキプロスへ飛ぶことにする。@ベイルート/レバノン

【世界旅行者の「大人の海外個人旅行」】
1999年9月7日、今日中に日本帰国の予定を立て、航空券も入手したい。
というのが、ベイルート自体には何も見るものはないとわかってしまったから。
とっとと、別の国へ移動したいものだ。
アジア横断を思った以上にてきぱきと済ませてしまったので、時間もあり、まだお金もある。
ベイルートから飛べさえすれば、どこでもいいといえばいい。
パリに行けば、僕はパリは歩き尽くしているし、土地勘もあるので、いくらでも滞在できる。
ロンドンも長かったが、パリの方が、僕の感覚に合う。
ただ僕は2回の世界一周旅行で、ヨーロッパの主要都市は、ほとんど全部旅している。
いまさらパリに行ったところで、別に新しい経験が出来るわけでもない。
ただ、この時に、パリへ飛んで、日本人に人気の「モンサンミシェル」を見て置いたらよかったかもしれないが…。
ヨーロッパへ行かないなら、バンコクへ飛んで、東南アジアのビーチでごろごろして、日本へ帰国してもいい。
アジア横断を高速でやり終えたら、ビーチでのんびりしたいもの。
旅にはメリハリがあった方がいい。
昨日調べた、ドバイ経由のタイ航空だと、バンコクにストップオーバーできるかもしれない。
旅行代理店に行くと、ドバイからバンコク、バンコクから日本(タイ航空)は大丈夫だが、ベイルートからドバイ(MIDDLE EAST AIRWAYS)が満席だそうだ。
つまり、飛べない。
しかし、一応、明日のマレーシア航空のウェイティングリストに名前を載せてもらった。
北京でストップオーバーして、東京へ戻るパキスタン航空もあるが、なにしろ僕は、アジア横断旅行で、北京を通り過ぎたばかりだしなー。
この機会に、北京郊外の盧溝橋でも見ていれば、よかったと思うが。
「中国人民抗日戦争記念館」を見るのも、興味深いことだろう。
マレーシア航空は、ベイルートからクアラルンプール経由で日本へ飛んでいる。
ただ、僕はマレーシアには何度も行ったことがあるし、もともとたいして面白いところではない。
マレー半島のビーチもよくないしね。
このフライトは本当は避けたいところだ。
エジプト航空が9日にあるが、これだとカイロでストップオーバーできる。
ただ僕はすでに、ケニアの行き帰りに、エジプトは旅してしまっている。
世界旅行者ともなると、ほとんどの国に旅をしているので、新しい国を見つけるのに困るんだよなー。
シンガポール航空もあったが、シンガポールも一度行けば十分なところ。
きれいで近代的な都市国家だから、会社員の若いカップルで行くにはいいだろうが、中年のおじさん1人で行くところではない。
物価も高い(特にビールが高いのが問題だ)。
旅行代理店を調べながら、あちこち歩いていると、モスクワ経由のアエロフロートのオフィスが見つかった。
これも満席なのだが、個人的に切符を安くして、席を空けて乗せてやる、という怪しげな話が出てきた。
下手な話に乗ってトラブルが起きたら面倒なので、これは断る。
ある旅行代理店で、相談したら、キプロスのラルナカへのフライトが、9月10日にある。
今日が9月7日だから、8日、9日と時間を潰して、10日にキプロスへ飛べばいい。
キプロスからは、多分ヨーロッパ経由で、日本へ戻る切符が見つかるだろう。
この機会でもなければ、キプロスへ行くチャンスはないだろうからね。
この切符を購入する。
中東航空で、ベイルートからラルナカの片道切符が141ドルだ(往復210ドル)。
昔アテネから飛ぼうとしたときと比べてぐっと安い(1996年のアテネからのフライトは、往復7万円もした)。
ついでに、この時期、日本人旅行者に変に人気だったイエメンへ飛ぶことも調べてみた。
ベイルートからイエメンの首都サナアまでの往復が562ドル。
僕はもともとイエメンへ行く気はないので、これはただの航空券情報です。
いまでは(2015/02/22)イエメンは、日本大使館も引き上げて、退避勧告が出ている。
僕は昔から、イエメンは危険だと言い続けてきた。
日本人旅行者は、ちょっと旅しただけで、「どこどこの国の人たちはとても親切でした、世界中変わらない人の優しさに感動です」と言う(涙)。
日本人は、日本の低レベルな旅行ジャーナリズムに毒されているので、言うことは決まっている。
知的レベルの低い日本人旅行者の、馬鹿旅行記を読んでいると、なにもわからないよ(笑)。
とにかく、ベイルートからキプロスのラルナカへ、1999年9月10日に飛ぶことが決まった。
しかし、ベイルートは、何も見るものがない。
だったら、シリアのダマスカスへ戻りましょうかね。
ダマスカスの方が、まだ見るものもあるし。
それに僕は、シリアのマルチエントリービザを東京で取ってきている。
もう一度シリアへ入らないと、ビザ料金を損するからね。
世界旅行者としては、シリアへ入るのに、ヨルダンから、トルコから、そしてレバノンからの陸路国境を越えて入国するというのは、大切だ。
だって、そんなことをした日本人旅行者は、ま、僕くらいのものだからね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD