ベイルート(レバノン)からダマスカス(シリア)への国境越え
「間違いだらけの海外個人旅行」
1999年9月8日午前7時、レバノンの首都ベイルートの、「Hotel Moonlight」32号室で目を覚ます。
今日は、レバノンからシリアへ移動する。
僕の「アジア横断旅行」は、神戸で燕京号に乗って瀬戸内海を見て始まり、レバノンで地中海を見て、一応終了した。
しかし、長い旅の終わりに、どこからどうやって日本へ戻ったか、という話を知りたい人がいるかもしれない。
僕ほど、海外の現地で、その場で航空券を買って、日本へ戻ってきた経験がある人間もいないからね。
日本人旅行者の中には、予約することばかり考えて、「予約することが旅行だと勘違いしている人たち」も多い。
言っておくが、予約することは、本物の「海外個人旅行」とは、全く関係ない。
予約しまくった旅行などは、自由度がなくなるのだから、旅ではないんだよね。
そういう常識も持たない人たちが多い。
日本人は農耕民族だから、本質的に変化を嫌うわけで、もともと「個人旅行」には向かないんだ。
旅先の情報は、旅先で調べればいいだけ。
だから、僕は9月8日の朝、ホテルをチェックアウトするときになって、ホテルの受付で、ダマスカスへの行き方を聞いた。
もちろん、サービスタクシー(乗り合いタクシー)が走っているのはわかっている。
ただ、乗る場所がわからないからね。
バールベックからベイルートに着いたときは、COLAバスターミナルへ着いた。
ただそこからタクシーに乗ったので、もっと近いタクシー乗り場があるのではと考えたんだ。
フロントのおじさんに聞いて、近くの「DAABOUL」というタクシー会社へ歩く。
最初は、僕の他に客が1人の合計2人だったので、1人20ドルという話だった。
しかし出発直前に、女性2人が現れて、合計4人になる。
すると少し値引きをして、一人当たり15ドルになった。
車はビュイックの大型車で、ゆったりと座れる。
午前8時37分に、ベイルート市街地のタクシー会社を出発する。
一時間ほど走って、道端の食堂で停車。
ここで、30分ほどミールストップ。
僕はコーヒー1杯だけ注文したが、一緒の女性がパンをくれた。
もちろん、念のために、トイレに行く(旅行法則「トイレがあれば、行きたくなくても行っておく」)。
食堂を午前10時に出て、30分でレバノンの出国ポストへ。
ここには全く英語表示がないが、タクシーの運転手が並ぶ場所を教えてくれる。
右から2番目の窓口で、レバノンの出国手続きを終える。
またタクシーに乗り、少し走って、シリアの入国審査がある。
黄色の入国カードを2枚記入し、2枚を提出すると、1枚を戻してくれた。
1999年のアジア横断旅行に出る前に、僕は日本で、シリアのマルチエントリービザと、レバノンのマルチエントリービザを取得済みだ。
その理由は、レバノンの状況がわからなかったから。
レバノンが面白くなければ、シリアへ戻ろうと、最初から考えていたからなのね。
乗客を乗せたサービスタクシーは、そのまま走って、午前11時半、ダマスカス大学教育学部を過ぎたところで停車。
ベイルートのタクシー会社からダマスカスまで、(ミールストップ、国境越えの手続きを含んで)3時間かかったわけだ。
ところで、ダマスカスらしいが、自分がどこにいるのか、位置がはっきりしない。
アレッポからダマスカスに来たときは、郊外のバスターミナルに着いて、タクシーで「スルタンホテル」へ移動した。
そこで今回も、タクシーと交渉して(言い値の5ドルを3ドルに下げて)タクシーに乗る。
すると、ちょっと行ったら(角を曲がったら)、そこはベイルート行きのタクシー乗り場だった(汗)。
つまり、歩いていけば問題なかったんだね。
土地勘がないというのは、無駄な交通費を使うものね。
これは、あっさりと自分の弱さ、負けを認めた。
タクシーでスルタンホテルへ行く。
スルタンホテルの受付と僕は、最初から気が合わないのがわかっていた。
僕を見て「部屋がない!」と言ったが、僕は多分嫌われたせいだと思う。
しかし、スルタンホテルは、泊まらなくても利用価値がある。
ダマスカスの情報を持っているし、日本語の本がたくさんおいてある。
宿泊場所として、「BARADA HOTEL」と「AL HAMRA HOTEL」を紹介してもらう。
歩いていって、「BARADA HOTEL」の327号室(5階の角部屋)に決める(18ドル)。
エスカレーターのない5階の部屋というのが、難点といえば難点。
だが、部屋からの見晴らしがよくて、静かで、落ち着くところだった。
スルタンホテルへ戻り、愛想よく、ホテルを紹介してもらったお礼を言う。
なぜ、お礼を言いに戻ってきたかというと、日本語の本を借り出すため。
文庫本を4冊借り出す。
酒屋でビールを買って、チキンとハンバーガーを買って、部屋で食事にする。
静かな部屋で、本を読みながら、ビールを飲んで食事を取る。
ベッドに横になって、とめどないことをぼんやりと考える。
これから旅する先がある。
これって、最高の幸せではないでしょうか。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD