『北京西駅で切符が買えず、チェコ美人とも会えず、渋滞に巻き込まれ、北京の人の多さにウンザリする』

【天安門広場は中国人観光客で一杯(1999)】
北京西駅は大きかったが、外国人切符売り場は、簡単に見つかった。
しかもそれほど客はいない。

窓口にも列がない。
窓口にいるのは、この朝は、ほとんどは日本人だった。

僕と同じ燕京号でやってきて日本人も見かけた。
切符の申し込みは、申込書に書くだけ。

どの列車に乗るかについては、壁に列車番号と目的地、出発時刻の表が貼ってある。
特に切符を買うのに難しいことはないようだ。

「チームみどくつ」と、その目的地を説明しよう。
拉薩行造くんは、西安からゴルムドへ行ってラサへ入る予定。

有名大学の美人女子大生「外見純子」嬢と僕は、チベットへ行くことだけは決めている。
チベットへ行くには、成都から飛べるようだ。

だから、とにかく成都へ行く。
その途中で、西安によってもいい。

この程度のゆるい計画だ。
外見さんは旅慣れてないので、僕の言うとおりに旅行するだろう。

僕の1999年の旅行は、とにかく「アジア横断旅行」なんだ。
この時は、金も暇もたっぷりあったので、何も心配は要らない。
ビザも全部日本で取ってきたので、旅の途中で、ビザを取るために時間がかかることもない。
体力もあり、精神的な若さもあり、旅行経験も豊富(すでに世界一周を2回やっていた)で、頭の回転も速い、この時代最高の旅行者だった。

前夜に京華飯店の旅行社で、手数料50元で切符が取れると聞いている。
それが本当かどうかわからないが、僕としては、ウソでもちっともかまわない。

切符を取るために北京に長期滞在をしたとしても、それはそれで成立する。
京華飯店は、ツインの部屋が2千円で、レストランも安くておいしい。

チンタオビールも大瓶一本がたったの5元(70円)で、財布に響かない。
早い話、いま切符が取れないなら取れないで、ちっともかまわない。

北京は中華帝国の首都だったわけだから、見ようと思えば見るところはたくさんあるだろう。
それを理由にして、京華飯店に長期滞在してても、それはそれでいい。

そのうちいつかは切符は取れるだろう。
こういうオキラクな悟りに達していたわけだ。

別に切符を買わないと大変だという気持ちが全くない。
他の人が切符をゲットできないとしても、ちっとも気にならない(笑)。

このとき(1999年)の北京西駅は、完全な官僚主義だった。
外国人用切符売り場の窓口では、相談することが出来ない。

いちいち申し込み用紙に記入して、それを窓口に提出するわけだ。
ただ、次から次へと「メイヨー(没有)」!」と言われるのは困ったね(^ω^;)(;^ω^)。

断られ続けると、僕はもう「それならば、金を払って京華飯店で頼みましょう」という気持ちになる。
それを外見純子さんにも告げる。

ただ、ウザッタイのが、お情けで「チームみどくつ」に入れてあげた拉薩行造くんだよ。
彼が僕らの足を引っ張った。

切符がないといわれているのに、何度も何度も申込書に記入して、窓口へ向かう。
彼は、西安行きの硬臥を捜していたが、1週間先まで満員。

結局、みつかった切符は、7月21日の洛陽行きだった。
僕としては、別に洛陽に行く気持ちはない。

そこで、世界旅行者は拉薩君を、心から切り捨てた。
前にも述べたように、拉薩君と一緒に西安へ行くかもしれなかった。

でも、彼が洛陽へ行くとなれば、無理に一緒に行動する意味がない。
しかも彼は、僕のお情けで、僕と同じ部屋に泊まっているのだから(涙)。

僕も窓口で成都行きの列車を調べたが、21日、22日と硬臥は見つからなかった。
結局、旅行会社に相談して、切符を取るしかないだろうね。

そうこうしているうちに、昨日のチェコ美人との約束の時間が迫っていた。
僕は時間を意識していた。

だが、拉薩君が切符を取るために窓口を行ったり来たりしているのを放っておくわけにも行かないし。
拉薩君が洛陽行きの切符を取って、僕たちが北京西駅の正面に出たのが午前9時45分。

約束の時間が午前10時だから、もうすでに危ない。
ただ僕は、旅のことも人生のことも、恋愛のことも、すべてを達観してる。

昨夜は出会ったばかりで、互いに盛り上がったが、翌日になれば心も冷えているだろう。
恋愛というものは、ある一瞬に燃え上がるものだよ。

でも一応、約束した場所には行かなければならない。
それは、世界旅行者としての矜持だ。

タクシー乗り場へ行くと、すごい列がある。
そこで、蛇腹式のバス48番に乗った。

これが5角(7円)。
地図で見ると、それほどの時間がかかるとは思えなかった。

渋滞がなかったらね(笑)。
ものすごい渋滞に巻き込まれて、バスは全く動かない。

僕はバスの中で、チェコ美人と再会するのを諦めたよ。
結局、前門に着いたのが午前11時。

前門前のKFC横のマクドナルドへ言ったが、チェコ美人はもちろん見つからなかった(涙)。
普通の人間でも30分ならば待つだろうが、1時間は待たない。

だって、観光するところはたくさんあるのだからね。
でも一応、やることはやったということでいいのでは?

僕は一緒にいる拉薩君も外見嬢も、ちょっとイヤになった。
イヤになったといっても、ただちょっと一人になりたかったってこと。

朝からずーっと付き合うのに、疲れちゃった。
僕が本物の旅行者ならば、ここでスパッと二人とも切ってしまったと思うよ。

切符は北京西駅で買えなかった。
これは、おそらくは、京華飯店の旅行社に頼めば何とかしてくれるだろう。

また僕としては、別に北京にしばらく滞在しても、それはそれでいい。
だから、全く問題はないんだ。

チェコ美人と再会できなかった。
それはそれでいいんだ。

でもね、僕はひとりでいられるのに、だらだらと他の日本人旅行者がくっついてくる。
またバスが渋滞で全く動かないなんて、北京は人が多すぎるよ。

それにイライラしてしまった。
だいたい僕が会社を辞めた理由の一つは、満員電車に乗るのがイヤだったからなんだから。

結局この日の朝の段階では、北京西駅で切符も買えず、チェコ美人とも会えなかった。
バスに乗って動いて、人ごみに疲れ果てた。

全く時間を無駄にしたわけなんだよ(涙)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx