『北京から成都まで、2泊3日(33時間)のT7次列車の、美人女子大生さんとの2人旅での出来事』

【T7次列車が成都駅に着いて、プラットホームで、写真を撮ってもらった】
1999年7月22日23時30分、T7次列車は、北京西駅をゆっくりと、静かに、重々しく出発した。
僕の席(ベッド)は、14号車007号、3段ベッドの中段だ。
切符は、北京西駅の窓口へ自分で買いに行ったが取れず、京華飯店の旅行代理店で、切符を手配した。
料金は455元で手数料が50元、1元が15円と考えると7575円になる。
2泊3日、車中で過ごすわけだが、出発が今日深夜の11時半、到着予定が翌々日の早朝午前7時10分。
2泊はするが、実質的には、7月23日をまる1日車中で過ごせばいいだけだ。
列車に乗り込んだときにわかったことだが、「硬臥(hard sleeper)」というのは、寝台が作り付けになっていて、動かない。
よくあるように、昼間はシートになっていて、夜になるとベッドに変わる、のではない。
だから、下段と中段の間隔が、かなり広く取ってある。
中段と上段のベッドのスペースが狭く、上段のベッドと天井のスペースになると、本当にわずかしかない。
料金も、下段が一番高くなっている。
昔、鉄道で中国旅行をするのが当然だった時代には、旅行者の間で、どの段に寝るのがいいかという、論争があったものだ。
下段は広くて使いやすいが、荷物が取られないか心配になる。
また、他の人が勝手に座るので、寝たいときに寝られないという問題があった。
普通の日本人バックパッカーは、主に、中段か上段に寝たものだ。
安全性でいえば上段がいいが、ベッドと通路を行き来するのに、はしごを上り下りするのは大変だ。
日本の寝台車にあるようなカーテンもなく、読書灯もない。
寝具は揃っていて、枕、シーツ、毛布、タオルがある。
ヨーロッパの簡易寝台(クシェット/couchette)だと、寝具はないから、中国の硬臥(hard sleeper)の方がいいです。
7月22日は、列車に乗り込んで、荷物を整理して、寝るだけだった。
翌23日、僕は午前6時ごろに目が覚めて、まずトイレへ行った。
僕が入ったトイレでは水が流れなかった。
洗面台も、水が流れたり流れなかったりいろいろだったが、ガラガラだったので、一安心。
中国では、とにかく人が多いので、トイレに長い列ができるのではないかという不安があったが、それは大丈夫なようだ。
心配していた食事は、車内販売が回ってくるので、全く問題なかった。
朝食は5元(つけもの、饅頭2個、卵焼き、おかゆ)なので、十分満足だ。
朝食、昼食、夕食の他にも、車内販売がやってくる。
僕のノートには、「串に刺した肉1元」とメモしてあるので、そういう車内販売もあったのでしょう。
記憶では、昼食も、夕食も、弁当を売りにきて、20元だったと思うが、正確ではないかもしれません。
この話は1999年のことなので、あくまでも参考として考えてください。
ただ、中国人は常に食べている人たち。
車内の湯沸器からは熱湯が出るので、大きなカップ麺にお湯を入れて、食事をする人も多い。
駅に止まると、駅弁なんかも売りに来る。
プラットホームに降りて、食事を買って、車内に持ち込む人もたくさんいた。
あと気がついたのが、ケータイ電話を使っている中国人が多いこと。
あちこちからケータイの着信音と、大声で話す中国人の声がする。
車内で、トイレに行って、顔を洗い歯を磨き、三度の食事をして、そのほかになにをしたか考えている。
もちろん、一つとなりには美人女子大生の外見純子さんがいるので、通路側にある小さなテーブルと椅子に座って、話をしたりする。
2人でいると便利なのは、荷物を見張ってくれるように頼んだり出来ること。
あとは、どうでもいい話をして、時間潰しができることかな。
中国人は僕たちをじろじろ見たりするが、なにしろ言葉が互いにわからないので、話ができない。
そうそう、下段のベッドをどっしり占拠して、難しそうな雑誌を読んでいた恰幅のいい女性が、簡単な英語で話しかけてきた。
軽く返事をしたりしていると、話がなかなか終わらないので、純子さんを呼んで、相手をしてもらうことにした。
「She is learning Chinese language」と紹介したら、中国女性は、純子さんに中国語を教え始めた。
純子さんも、真面目な性格なので、断ることができない。
おばさんに言われるまま、ノートにたくさん漢字を書いていた。
結局、7月23日の午後は、純子さんにとっては、忘れられない悪夢の時間となったのではないかな(笑)。
僕はおしゃべりな中国人のおばさんを、純子さんに任せて、ベッドに入って本を読んでいた。
ノートには「レッドオクトーバーを追え(上)を終わって、(下)へ」と書いてある。
上下巻に分かれているという意味は、これは日本語の文庫本でしょう。
多分、燕京号の図書室から持ってきたものだと思う。
僕も燕京号の中で読んでいた文庫本を寄付してきた。
海外個人旅行では、読み終わった本を置いて、新しい本と交換するのがルール。
それは、「本は旅をする」で書いたので、読んでください。
海外旅行を楽しむコツは、待ち時間の時間潰しが上手なこと。
例えば僕は、燕京号の中でも、北京西駅の待合室でも、T7次列車の中でも、本を読んでいた。
海外旅行では、とにかく、待つ時間が多い。
それを楽しめないと、イライラして、精神的に悪い。
23日は、とにかく早く寝ました。
夜が明けて、7月24日になれば、もう成都へ着く日だ。
朝6時にトイレに行ったら、昨日とは違って、長い列があった。
聞くと、朝7時10分に、成都へ到着予定なのだとか。
湯沸器も使えないし、朝食販売もない。
アナウンスがあって「7時50分成都到着」とのこと。
実際は、8時過ぎになりました。
成都駅のプラットホームに降りたところを、外見嬢に写真を撮ってもらった(トップの写真)。
最後に、列車旅の感想が、旅行ノートに書いてあったので、メモっておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
列車は、お湯は出るし、車内販売も多く(ビールも冷えてないが、缶ビールが4元)。
しょっちゅう掃除をする。
カーテンがなく、ベッドライトもない。
中段、上段は、ベッドから落ちないように、低い手すりがある。
乗車したら、車掌が切符を預かり、代わりに小さな券をくれた。
降車前にそれを、切符と交換。
ペンをおまけにくれたが、キャップをはずすと、キャップがペンのお尻に入らず、欠陥品。
欠陥品を処分するために、鉄道に押し付けたのだろうと、想像する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてこれから、交通飯店へ行って、ラサへのツアーの申し込みをしなければ…。
無事に事故も事件もなく、北京から成都への2泊3日の列車旅を終えられたことを、神に感謝。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx