『北京から成都まで、2泊3日(33時間)のT7次列車の、美人女子大生さんとの2人旅が始まる(ドキドキ)』

【T7次列車が成都駅に着いて、プラットホームで、写真を撮ってもらった】
この話は、1999年夏の北京西駅から成都駅への2泊3日(33時間)の硬臥(hard sleeper)に乗ったときの体験談です。
いまは、中国でも高速鉄道がでたり、旅行者も気軽に飛行機に乗るようになってきたので、旅の様子は、すっかり変わりました。
中国旅行では(ヨーロッパ旅行でも、インド旅行でもそうだが)、長距離寝台列車に乗ってないと、話にならない。
移動手段として、飛行機、鉄道、バス、があるならば、迷わず鉄道にするのが、旅行者というものです。
いまの旅行者は、とにかく時間がないので、鉄道移動はだんだん少なくなっている。
苦しくて、面倒なことが多いのが、長距離鉄道旅行だ。
飛行機がカンタンに使えるなら、飛行機に乗ってしまう。
哀しいけれど、それが人間だよ。
僕だって、1999年には、躊躇なく、少しも迷うことなく、北京から成都へ2泊3日の列車に乗った。
2001年、上海から昆明への2泊3日の列車に乗るときは、もともと飛行機で行くつもりだった。
ところが、旅行の神様が、僕のために特別に切符を取ってくれたので、列車で行かなければならない状況に追い込まれてしまったんだ。
2006年に、広州から桂林へ行ったときは、(夜行バスに乗るつもりだったが)飛行機を使うような神の定めになってた。
北京から成都への列車に乗ったことは、今となったら、なかなか体験できることではない。
僕も、今、わざわざ中国の長距離列車に乗ろうなんて、思わない。
ただ、僕のファンの美女が「お金は全部出しますから、一緒に旅に出て欲しい」と言うなら、条件によって考えないこともないです。
是非、お問い合わせください
1999年7月22日、僕は、ちょっとしたトラブルを切り抜けて、京華飯店をチェックアウトした。
時間的余裕もあったので、ホテル前のタクシーには乗らず(遠回りするという話だったので)、少し歩いた通りでタクシーを捕まえる。
北京西駅まで、地図で確認しながら行く(タクシーの運転手に、僕が地図をチェックしているところを見せ付ける)。
少し遠回りしそうになったが、文句を言ったせいか、タクシー料金は19元で済んだ。
こんなときは、20元払って、お釣りはもらわないのが、外国人旅行者としてのルール。
外国人旅行者というものは、チップを払うことが期待されているから、僕はチップを払うことに躊躇しない。
チップを払うことは、自分が偉くなったみたいで、とてもキモチイイんだね。
チップを払うときに、「チップをむしりとられた(涙)」と思うようならば、払わない方がいい。
K7次列車の出発は、午後11時半(23時30分)だが、北京西駅に着いたのは、午後9時だった。
中国の長距離列車に乗るのが初めてだったので、まず駅を歩き回って、その構造を理解する。
プラットフォームの上に、高架の通路があって、その通路から列車の待合室に入る。
高架の通路には、いろんな店が並んだ商店街になっていて、列車に必要なものはすべて手に入る。
旅の準備をしてなくても、早めに駅に行けば大丈夫なので、余裕を持っていくことをオススメします。
列車ごとに待合室が別れていて、そこには椅子がずらりと並んでいる。
時間になると、列車ごとの待合室から、改札を通り、切符のチェックを受ける。
そのまま、プラットホームに降りると、目的の列車が待っているというわけだ。
これは、北京西駅の1999年の構造。
だが、2002年に上海から昆明への列車に乗ったときも、上海駅の構造は一緒だったよ。
北京西駅では、中国の長距離列車に乗るのは初めてなので、心配なのが食事のことだった。
列車に熱いお湯があることは聞いていたので、念のために大きなカップ麺を一個買った。
2泊3日とはいっても、出発は午後11時半、7月22日はただ寝るだけ。
最後の日7月24日の到着は、午前7時ごろなので、食事をする必要はない。
結局問題なのは、明日7月23日だけだ。
本格的な長期旅行をしていれば、一日まるまる食事ができない、くらいのことは、よくある話。
1日や2日食事をしなくても、飢え死にすることはない。
とにかく熱いお湯は出るらしいから、生命の危険はない。
京華飯店近くの、小さな超市(スーパーマーケット)で、水やパン、チョコレートも買ってきた。
列車に食堂車があるのかどうか、車内販売はどうなのか、知識がなかったための用意だ。
この時の北京西駅には、エアコンがなかった。
待合室というか、待合室の入り口付近に、冷たい風が流れているところがある。
僕は、そのひんやりした風の流れるところに、バックパックを置いて、その上に座り込む。
寝台車はもちろん指定席なので、改札が始まったって、特に急ぐこともない。
一緒に行く予定の外見純子嬢とは、駅の待合室で会う約束。
彼女も僕も指定券を持っているので、待合室で会えなくても、列車で会えるでしょう。
無理に一緒に行動する必要もないからね。
美人女子大生と一緒に旅をするというのに、いやに冷たいと思うかもしれない。
僕は出来るだけ他人に干渉しない、人の自由に任せる方針だ。
頼りない女の子で、世話をしてあげないと心配だと思えば、僕は世話をした。
しかし一人で中国の長期旅行に出るような、ある程度知的レベルも高い女の子ならば、一人の方が楽しいだろうと思った。
一人旅はいい思い出になるから、邪魔したくなかった。

僕は、一緒にチベットのラサまで行くという約束をしただけ。
ラサから、僕がどこへ行くか、それはいつもの通り決めてない。

おそらく女子大生さんとは、ラサで別れることになるだろう。
アジアを陸路で横断する計画があるから、シルクロードへ向かうつもりだが、特に細かい計画は立ててない。
女子大生さんと2人で旅をするというと、読者の皆さんは、正直、「エッチはあるのだろうか?」と考えるかもしれない。
「女の子が希望するならば、エッチをしてあげてもいい」というのが、僕の素直なキモチ。
僕は、京華飯店の部屋を取っていて、「僕の部屋が使えるから、シャワーを浴びに来てもいいよ」と言ってた。
彼女がシャワーを浴びに僕の部屋へくれば、暗黙の合意ができているという意味。
知的レベルの高い彼女なら、そこは理解しているはず。
僕からそれ以上言うことではない。
天津から北京までのバスで一緒だったチェコ美人から一緒に泊まろうと誘われたときに、僕は旅を選んでしまった
あのときは、「エッチするのはかまわないが、そのあと一人になれないのが、辛いなー」って感じだった。
それに、1999年のこの時は、まだまだ旅に向かう意欲があって、アジア横断旅行は僕にとって最優先課題だった。
世界一周を2回もしたし、このアジア横断旅行をすれば、ちょっと上から目線の大胆な本を書く資格も出来る。
と考えていると、外見純子嬢が僕を見つけて、声をかけてきた。
涼しい通路で2人座り込んで、今朝別れてからの出来事などを、話をした(昼には偶然、紫禁城で出会ってた)。
人が動き出す。
待合室からプラットホームに向かう人の流れに乗って、列車に入る。
T7次列車14号車、007番が僕のベッド。
3段ベッドの中段だ。
外見純子さんも同じ中段のベッドだったが、僕と向かい合わせではなくて、別の並びだった。
中国の長距離列車は、インドと違って(インドの鉄道では満席になってても、必ず席はある)、満席はほんとに満席だ。
外見さんのバックパックを網棚に上げたりするのを手伝った。
大きい荷物を持った人もいるので、置き場所を探すざわめきがおさまるまで、しばらく時間がかかる。
23時30分、T7次列車は、静かに動き出した。
2泊3日の僕の最初の中国長距離列車旅が、こうして始まったのだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx