『そもそもなぜ僕はアジア横断旅行に出たのか』

まず、「アジア横断旅行」を書きはじめる前に、この「アジア横断旅行」に出ることになった、顛末を書いておこう。
僕はこの旅行に出る前に、すでに長期海外旅行者として、名が知られていた。

一番大きいのは、「本物の世界一周旅行」をしたということ。
これはなんと、1987年9月から「1990年5月までの、2年8か月の本格的な旅だった。

大学を休学して1年程度の海外旅行ならば、珍しいにしても、それほどのことではない。
2年8か月の無帰国、連続の個人旅行は、普通の日本人の出来ることではない。

しかも、僕は、最初から計画したのではなくて、ずるずると流れで、やっちゃったんだよね(笑)。
神の導きがなければ、到底不可能なことだ。

世界中をきっちりと旅をして、ある特別な理由で、1990年の5月に日本へ戻った。
これで、世界5大陸を回る、本格的な世界一周旅行が完成した。

帰国して、半年ほど、銀座のクラブのママのところに居候していた。
しかし、どうもバブルの時期の日本に馴染めずに、ロサンゼルスに戻る。

ロサンゼルスの「ホテル加宝」に半年ほど滞在して(これが一番面白い、「ホテル加宝物語・第三部」になる)帰国。
これから10年以上、「ホテル加宝」が消滅するまで、毎年一か月ほど、ロサンゼルスに滞在していた。

この間には、「朝日ジャーナルでのエスカレーター事件」があったりした。
週刊文春が僕の記事を4ページに渡って、写真つきで報道した。

そうするうちに、自然と僕の名前が知られていって、『スーパーニューズマガジン』の「GON!」に、旅行エッセイを書くことになった。
1996年に2回目の世界一周旅行に出たのは、本を出す前に、「本当に百カ国旅行」しておきたかったからだ。

それまでに、「日本の旅行者業界はウソだらけ」というのが、わかっていたからね。
僕が本を出すなら、日本で最初の、「本当の海外旅行本」を書くつもりだったから。

旅先では、「自称百か国旅行者」は、ウジャウジャいる(笑)。
でも僕は、それがウソだと、知っているだけに、どうしても、「本当に百か国」旅をしていたかったわけだ。

世界中ほとんどの地域を旅しつくした僕にとって、残る目的地は、「西アフリカ」だけ、だった。
でもなかなか決心がつかず、切符を予約しても、行かないという状況だった。

そして、1999年が来る。
この年は、ノストラダムスが予言していた、世界が終わる年だ。

その時に、日本のガイドブックで、「イランのビザは個人では取れない」という、素人が書いた馬鹿馬鹿しい記事を見る。
イラン大使館は、僕の住んでいるところから、歩いてすぐなので、暇つぶしに行ったら、取れてしまった。

流れのままに、パキスタン、中国、シリア、レバノン、のビザを、自分で行って、大使館で取る。
こうなれば、アジア横断旅行に出ないわけには行かない。

しかし、長い旅に出るのは、大変だ。
だらだらしていたら、家の近所で、騒音を出す工事が始まった。

その工事は、1999年の夏一杯かかるという。
つまり、夏は、東京にいられない。

僕はその工事会社に、交渉をして、慰謝料(迷惑料)を取った。
つまり、夏の時期に東京にいられず、どこかへいく費用まで得たわけだ。

これは、神の啓示としか思えない。
このように、僕の海外旅行というのは、すべて神に導かれている。

でも確かに、「アジア横断旅行」自体は、たいしたものではない。
ただ、世界旅行者としては、「アジア横断旅行」程度は、押さえておかなければならなかったんだね。

このあと、2001年に「西アフリカ旅行」をして、世界旅行が終わったわけだ。
まあ、そのあと、「旧満州国」とか、「トリニダードトバゴ」にもいったけどね。

ということで、一応、最初から最後まで、通しの旅行記が完成したので、お楽しみください。
本にする場合には、もっとディープなエピソードを入れますから、お問い合わせください。