『T7次列車に乗る用意をして、京華飯店の不当な要求を撃退し、日本人の強さを示す』

【京華飯店403号室】
成都へ行く「T7次列車」は、北京西駅を午後11時30分に出発する。
慎重な世界旅行者は、午後9時には京華飯店を出ようと考えている。

燕京号が天津に着いて、そこからマイクロバスで国際飯店へ移動し、タクシーで京華飯店にやってきた7月18日から、僕は403号室に泊まっている。
この部屋の料金はツインの部屋で140元(2千円ちょっと)だ。

毎朝、部屋代を払っていた。
7月18日19日は、燕京号で一緒だった拉薩君と一緒。

7月20日に拉薩君がドミに移動して、その日から出発の日の22日まで、僕1人だ。
2人で泊まっていたのに途中で1人になったせいか、部屋の備品が1人分に減った。

つまり、タオルのセットが2組あったのに、1組になった。
気になることが、一つあった。

この部屋にはガラス製のコップが置いてあったが、1人になった最初の夜に、僕が一つを落として割ってしまった。
コップの破片は、部屋のゴミ箱に入れた。

さて、このコップ代の件が、ちょっと気になる。
壊れたコップ代は、まともなホテルならばもちろん請求しない。

だって、備品のコップを持っていったのではなくて、僕が割ってしまったんだから。
また、その破片はゴミ箱に入れたのだから。

ただ、本当の安宿だと、コップを割ったらその料金は払うものだ。
僕は、1985年にインドはアグラの安宿で、ガラスのコップを割って、自分から申し出て、マネージャーにコップ代を払ったことがある。

安宿だと、コップを割ってしまったら、自然と「悪いことしたなー」と思って、弁償したい気持ちになるものだよ。
ところが、京華飯店はそこの判断がつかなかった。

大きいホテルだが、決して一流ではない。
この時代でも、北京の普通のホテルはツィン1泊6千円以上はしていた。

だから、ツィン1泊2千円ちょっとの京華飯店は微妙な感じなんだよ。
でも、それはチェックアウトの時に必要ならば請求されるだろうと考える。

別に割れたコップを隠しているわけではないんだから。
バックパックに入れるものと、デイパックに入れるものを分ける。

まず中国の列車に乗るときにゼッタイに必要なものは、熱いお湯を入れるコップだ。
中国の列車には大きな湯沸かし器がある。

それを飲むコップがないので、乗客が自分で用意しておかなければならない。
陶器だと割れてしまうので、ホーロー製のコップがいい。

あと、列車内ではサンダルが役に立つ。
僕はT7次列車の中段に寝ることになる。

列車内で動く時はサンダルが便利なので、サンダル履きで生活するつもりだ。
サンダルを日本のスーパーマーケットでもらってきた大きなビニール袋に入れる。

サンダルを廊下に置いておいてもいいが、なくなっても困るからね。
列車内生活に必要なものを、ディパックに入れる。

バックパックは列車に乗ったらすぐに網棚に置いて、ほとんど手を付けないようにするからね。
あと洗面用具(歯磨きセット、タオル、髭剃りなど)もまとめる。

もちろん、列車内で読むための本も用意する。
でも夜行寝台列車で始発駅から終着駅まで行くのだから、目覚し時計は必要ない。

などといろいろ考えるが、どうせ北京西駅の待合室で、もう一度整理するだろう。
いろいろやろうとするが、どう考えても時間の潰しようがない。

予定の9時よりも早く、午後8時過ぎにはホテルをチェックアウトすることにした。

【京華飯店】
バックパックを背負って、ロビーへ行って、チェックアウトを告げる。
中国のホテルの特徴は、客がチェックアウトする時に、部屋を調べて、持ち去られたものないかを調べるところ。

急いでチェックアウトすることがないように、時間に余裕を持っておいた方がいいよ。
フロントから、各階にいるスタッフに電話をして、そのスタッフが部屋をチェックする。
その結果、「コップとバスタオルがないので、払ってください」と宣告される。
もちろんコップについては、僕が割っているから、支払うのは問題ない。
ただ、バスタオルはもともと2枚あったが、それを1枚にしたのはホテルスタッフだよ。
「コップの代金は払うが、タオルのことは知らないので払えない」と宣言する。
これはもちろん英語だ。
すると、「4階のスタッフと話をしてくれ」と言われる。
僕はわざわざ、また4階まで上がって、4階のスタッフに会いに行った。
「タオルの1枚は君たちが持っていったんだろう」と言う。

が、4階の女の子たちは、英語がわからないので、理解できない。
コップの代金は5元だというので、これはあっさりと払う。

でも、バスタオルの料金は、これは僕とは無関係なのだから、払えない。
中国語で相談して、英語で「タオル、ユーペイ」などと繰り返す。

イライラして、僕は「バカヤロー!」と日本語で叫んだ。
あとで聞いた話だと、中国のテレビドラマなどには、悪い日本人がよく出てくる。
そして、日本人は「バカヤロー!」というに決まっているらしい。
中国人は誰でも「バカヤロー!」という日本語はわかる。

僕が若い中国人の女の子たちに「バカヤロー!」と大声で叫ぶと、ハレホレヒレと怖がった。
そこで、コップの代金だけを支払って、またフロントへ降りる。

そして、「コップの料金は払ったが、バスタオルについては知らないから払わない」と言う。
とっとと立ち去ろうとしたら、見覚えのある中国男が「タオルの金を払え」と言う。

見ると、ホテルの中に入っている旅行社の男だ。
僕も顔だけは知っている。

僕はそこで切れた。
実は、案外冷静だったので、切れた演技をしたのかもしれないが、昔のことなので、はっきりしません。
「僕がどこにバスタオルを持っているというんだ」
「日本人を馬鹿にするんじゃない」

こういうことを言ったのは、正直、京華飯店のスタッフは、日本人を馬鹿にしていると感じていたからだ。
例えば、両替の列が進んでいくと、ちょうど日本人の前で、ミエミエに休息に入ったりした。

僕はそれを、見ていたんだよ。
日本人は大人しくて、金払いがいいから、付け込まれているな…。

こいつらは、日本人を舐めてるな…!
と、世界旅行者の頭に血が上った。

いままでも不当な要求に、泣く泣く従った日本人旅行者がたくさんいたことだろう。
その人たちのためにも、同胞として、戦わなければならない。

それに、他の人たちと一緒だったが、夕方にビールを10本飲んでいたことを覚えておいて欲しい。

僕は、「日本大使館を呼べ!」と大声で叫んだ。
さらには、「警察を呼べ!」と続けた。

「これは日本人に対しての人種差別だ。中国人は人種差別主義者(racist)だ!」
「日本人から金を盗ろうとするこのホテルは、泥棒だ!」

「バスタオルを僕が持っているというのならば、ここで裸になってやる!」と、叫んだ。
「もし、僕の荷物と身体からバスタオルが出てこなかったら、1万元払えよ!」という。

続けて「この貧乏中国人、1万元払えないだろう」と付け加えたよ。
まあなぜ「1万元」という数字が出たかというとだね。

百元では安すぎる、千元だと現実的過ぎる。
かといって、百万元だと、小学生のケンカみたいな額だ。

そこで1万元(15万円)という数字が出たわけだが、このとき「何元と言おうか」と迷ったことを記憶している。
案外と冷静だったのかもしれないね。

でも、「ロビーでストリップしてやる、お前は、男の裸を見たいんだな」
とか言ったような、ぼんやりした記憶がある。

何しろ僕の声は大きいので、ホテルのロビー中に響いた。
ちょっと知っている日本人旅行者の1人が、「どうしました」と聞いてきた。

結局、ホテル側も、それ以上文句をつけなかった。
僕はすたすたとホテルを出て、通りでタクシーを拾って、北京西駅へ行きました。

これ以降、不当な要求には断固戦う日本人もいるとわかって、扱いがよくなっただろう(多分)。
それとも、さらに日本人がいじめられたかもしれません(ひょっとして)。

でも、僕は京華飯店に2度と行く気がないので、どうでもいいです。
派手な騒ぎを起こしたわけだが、いくら僕でも日本国内ではこんなことはしない。

だって、あとあと僕の評判に傷がつくからね。
旅先では、どんな自分らしくないことでも可能だ。
あとで聞いたら、「中国のケンカは、表の通りへ出て、相手の悪口を言い合う」らしい。
ということは、僕は北京の京華飯店で、中国風のケンカをしたということでしょうか。
過ぎ去ったことはもういい。
いま考えることは、無事に成都行きの列車に乗ること。
それから、北京西駅で、美人女子大生の外見純子さんと、会うこと。
いやはや、美人女子大生と旅立つのに、いやに冷たいと思った人もいるだろう。
実は、立派な理由があった。
それについては、「海外旅行恋愛論」として、語ることがあるかもしれません。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx